商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

白い八角皿 小

型番:t1191/0406

販売価格 900円(税込990円)
SOLD OUT
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   

お知らせ

入荷日について
※周囲の小物は含まれません。

サイズ
外(縦×横)…16.5×16.5センチ
内(縦×横)…11×11センチ
高さ…1.5センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがございます。





白い八角皿 小

八角形のリムのあるシンプルなお皿です。色はツヤのある白で仕上げました。焼き色は一客一客で異なり、グレーっぽく感じられるものや、釉薬が薄く素地の色が感じられるものがあります(写真下3枚目)。また、表面には細かい鉄点や、釉薬の濃淡が見られます。
縁には少し立ち上がりがあり、テーブルや食器棚から持ち上げる際に持ちやすく、汁気も多少なら受け止めてくれます。リムの部分に食材がはみ出しても気にならないデザインなので、和・洋にはもちろん、中華にも似合います!一見、地味な印象の器ですが、使ってみるとその良さがとても良く分かります。毎日の食卓に並べる取皿として、それからお茶の時間にケーキ皿としてもお使いいだけると思います♪



底面に「たたら作り」の作業跡が感じられ、器の中央平面部がわずかに膨らんでいるものもあります。また、縁の仕上がりも一客一客で異なります。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。



「白い八角皿」は小・中のサイズ違いで製作しています。サイズ違いを親子で使ったり、用途で使い分けても良いかもしれません。→白い八角皿 中



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。多少、がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁は釉薬が薄く、素地の色が感じられるものや、細かい凹凸があり、ザラッとした手触りの感じられるものがあります。





キッシュ皿にも♪



盛り付けるものが丸いときには四角いお皿を、盛りつけるものが四角いときには丸いお皿を使うのが好きなのですが、八角皿は、どんな形のものをのせてもサマになります。この日はキッシュをいただきました(普通のキッシュよりも大きめサイズです)。 和風にも洋風にも、中華風にもなってくれる八角形のお皿は、本当に重宝します♪

ヨシザワリエ


取皿としても



シンプルな形なので取皿・銘々皿としても使っていただけます。年齢・性別を問わず使える形なので、お客様用として多めにそろえておいても良いですね。チャコール お鍋まる鉢 小チャコール お菓子型の器 花菱と一緒に使えば、取皿銘々皿・取鉢銘々鉢・タレ皿醤油皿と、一人前の基本の器のひとつとしてお使いいただけると思います。

2018年10月 ヨシザワリエ


毎朝のパン皿にも



先月、友人がオススメだというお店に連れて行ってくれたんです。約10種類のホットサンドがメインで選べ、副菜やサラダがビュッフェスタイルになっている珍しいカフェでした。久しぶりに食べるホットサンドを味わいながら…小学校の頃、家にあったホットサンドメーカーで具材をいろいろ試しながら作っていた記憶がふわっと思い出されて、とても懐かしくなりました。この日のホットサンドに影響されて…家でもこの味を楽しみたい!と思い、ホットサンドメーカーを購入することに・笑。 さっそく…「小学生の頃にかなりハマってて、ツナマヨとかあんことかで色々作ってたんだよ‼」と、かなり興奮気味に夫に力説しながら作ったのは、王道のハム&チーズ♪チーズがとろりと溶けだして、美味しそうにできあがりました。こげ茶色に香ばしく焼けた見た目がいい!そして、三角形の形も魅力的!…と、さらに興奮しながら「白い八角皿 小」に並べてテーブルへ。コーンスープも「ホワイト たたらマグ 平」に盛り付けて、念願のおうちでホットサンド!を楽しみました。小学生の頃作ったホットサンドレパートリーを思い出しながら、いろいろ作ってみたくてソワソワしている今日この頃です♪
毎朝のパン皿としてちょうどいいサイズなので、ホットサンドの時もこの器が役に立ちそうです。
*マグの下にソーサー代わりに使っている器は「ホワイト 輪花皿 アネモネ」 です。

2020年4月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、そばかすの様な細かい鉄点や凹凸、小穴が見られます。釉薬の流れや施釉の跡が見られるものや、釉薬が薄く、素地の色が感じられるものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。鉄点や凹凸、小穴は表面同様に見られます。釉薬の流れや溜まり、釉ムラが全体的に見られ、底面には作業跡が感じられるものもあります。



重ねた時と、CDケースとの比較写真です。





当窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category