商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
花のブローチ皿

販売価格 900円(税込990円)
型番 t4006/0210
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT

お知らせ

入荷日について


※周囲の小物は含まれません。

サイズ    
径…9センチ
(*持ち手を含めた長さ…13.5センチ)
高さ…3〜3.5センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





花のブローチ皿

ちょっと新しい感じのお花の器ができました。
“一輪の花”をイメージし、丸みのあるお花の形に、さらに葉っぱと茎を付けたデザイン。 葉っぱと茎をバランスよく付けるというところに難航したのですが、「フライパン豆鉢」の形からヒントを得て、ついに完成させることができました。茎と葉っぱの間に空間を付けることで、細い茎に小さな葉っぱがちょこんと付いている感じを表現しました。繊細な“一輪の花”は、どこか「ブローチ」の様♡ シンプルなお洋服に合わせて可愛いブローチを付ける…そんな感覚で、器にもブローチを付けておしゃれするような感じで楽しく使ってもらえたら…と、「お花のブローチ皿」と名付けました。器に重ねるとさらに可愛いく使えると思います。特にシンプルな器との相性が良いので、大きめのシンプルなお皿と合わせてワンプレート料理を用意するのもおすすめです。思い思いのコーディネートを楽しんでみてください。

赤土に白い内化粧をして仕上げているので、内側だけあたたかみのある白い色合いになっています。また、「酸化」という焼成方法で製作した為、化粧をしていない部分はグレーっぽく発色していて、白とグレーのツートンカラーでほっこりとする雰囲気になりました。
表も裏も、釉薬のムラがよく見られるものがあります。また焼き色や模様の出方は一客一客で異なります。表もグレーがかった発色のものもあります(写真下3枚目)。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこの器も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁は焦げたように発色していたり、細かい凹凸がありざらざらとした手触りのものもあります。





ブローチのように器に重ねて…



深さがある器なので、汁気のある副菜を盛り付ける時にも便利です。菜花のお浸しや、赤大根の塩もみをのせてみたら、それだけでとっても可愛い雰囲気です。



さらに可愛いのは、「ブローチ」のように、シンプルな器に重ねて使う方法♡
器がお花のブローチを付けているようでおしゃれな雰囲気が楽しめます。「ホワイト ゆるしかくプレート長方」に重ねて、色々なおかずと共に、最後のデザートにウサギリンゴを用意した時にもとっても素敵なワンプレートランチになりました。副菜だけでなく、フルーツやケーキを少しだけ盛り付けて器に添えてコーディネートする…そんな楽しみが広がりそうです♪

2020年2月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、小穴や凹凸が見られます。全体的にそばかすのような鉄点が多く出ているものもあります。また、全体的に釉薬のムラや流れがよく分かるものもあり、グレーっぽく発色していたり、模様がくっきりと出ていないものもあります。縁の部分には細かい凹凸が見られ、ざらざらとした手触りのものもあります。中には焦げたように発色している部分があるものもありますので予めご了承ください。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。鉄点や小穴が見られるものや、釉薬の流れ・溜まりが分かる部分や、結晶のようになっている部分もあります。また、底面には作業跡が残っているものもあります。



重ねた時と、文庫本との比較写真です。





当よしざわ窯の器は全て手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちでも、買い足しをされる場合、お手元の器と新しくお買い求めになる器とは、色・形・大きさが異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category