商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
キャメル 落花生の小皿

販売価格 800円(税込880円)
型番 t1545/1017
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT

お知らせ

入荷日について


※周囲の小物は含まれません

サイズ  
外(縦×横)…15.5×7.5センチ
内(縦×横)…14×6.5
高さ…1.5センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





キャメル 落花生の小皿

2018年、秋の陶器市にて、3種類の豆をモチーフにした箸置きを製作しました(陶器市限定製作)。
デザイン部・カネコさんが担当してくれて、細かく相談しながら「ソラマメ・珈琲豆・落花生」が完成。箸置きサイズの商品に釉薬を掛けるのは久しぶりのことで、スタッフも完成した豆たちを見てその可愛さにやられてしまいました。



この中でも、カネコさんが作ってくれた落花生。シルエットと凹凸で表現したテクスチャーがこれぞ!と思える出来栄えだったので、同じ模様で小皿を作ってもらうことに。(2018年12月)

頭のツンとしたところと、表の底全体に入れた凹凸のデザインで落花生の可愛さを表現。さらに、ゆるやかなカーブでくびれをつけて、本物そっくりな「落花生の小皿」になりました。
色は「キャメル」。キャメルのツヤ感がまた美味しそう…。中には鉄点や小穴、凹凸が見られるものがあります。また焼き色や模様の出方は一客一客で異なります(写真下3枚目)。色が薄いものもあります。お任せ発送となりますので予めご了承ください。
大きさ的には、2種類の薬味やご飯のお供を入れてもいいですし、お茶請けなどにもぴったりです。
和の食卓によく似合い、一枚加えるだけで楽しい会話が始まりそうな器です。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。多少がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁は小さな凹凸があり、ざらざらとした手触りのものもあります。





豆まめしく、豆を楽しむ。



食器棚にあるだけ、テーブルに並べるだけでとっても可愛い器です。
でも使うともっと可愛い! 特に、豆つながりの料理を楽しむ時には必ず使いたくなります♪
ご飯のおかずのサツマイモのピーナツ和えをのせて。それから、緑茶の緑ともよく合う小皿なので、お茶請け皿としても…甘納豆をのせてみました。
豆まめしく、忙しなく働き、それから落花生のお皿で豆料理や豆菓子を楽しむ。とういうのもいいかもしれません♪



通年ご紹介している「ピーナッツ豆鉢」や陶器市限定で製作した「落花生の箸置き」などとも一緒に並べたらまたさらに可愛い。ぜひお持ちの方は一緒にテーブルに並べて使ってみてください。盛り付けて食卓に出したら楽しい会話が始まりそう♪♪

2018年12月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、細かい鉄点や凹凸が見られます。色は均一ではなく、釉薬が溜まっている部分や、釉薬と素地の間にできたヒビ模様の「貫入」が見られるものもあります。縁には凹凸のつぶつぶが見られるものもあります。中には赤っぽく焦げたように発色している部分もあります。また焼き色や模様の出方は一客一客で異なりますので予めご了承ください。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。釉薬の溜まりや流れ、釉薬と素地の間にできたヒビ模様の「貫入」が見られるものもあります。中には、凹凸や作業後が残っているものもあります。



重ねた時と、文庫本との比較写真です。





当よしざわ窯の器は全て手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちでも、買い足しをされる場合、お手元の器と新しくお買い求めになる器とは、色・形・大きさが異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category