商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

白いダブルリム八角長洋皿

型番:t1694/0222

販売価格 1,500円(税込1,650円)
SOLD OUT
入荷日案内を受け取る
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
※周囲の小物は含まれません。

サイズ  
外(縦×横)…18×27.5〜28センチ
内(縦×横)…12.5〜13×22.5 センチ
高さ…2.5〜3センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがございます。





白いダブルリム八角長洋皿

ヨーロッパの蚤の市で売っているようなアンティークの器をモデルに作った八角形の洋皿です。外側はカクカク、内側は楕円になっているおしゃれさん♪リムの部分がダブルになっているところがポイントです。
全体的にツヤツヤ、つるつるとした質感の白。焼き色やリムのラインの出方は一客一客で異なります(写真下3枚目)。比較的均一な感じですが、細かいそばかすのような鉄点も見られます。お任せ発送となりますので、予めご了承下さい。
一人前のおかず皿としてはもちろん、デザートやおやつの盛皿としても使いやすい器です。ワンプレート皿として使うのも素敵だと思います。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁の部分は細かな凹凸があり、ザラっとした手触りが感じられるものもあります。





お菓子皿としても素敵です



大好きなカフェ、SHOZO COFFEEさんで色々なお菓子が詰めあわされた”はしっこお菓子”というものを見つけて買ってきました。2種類のスコーンとクッキーが入っていたので、器に並べて…それから、バターをひとかけ添えてお菓子プレートのできあがり♡一緒に買ってきたカフェインレス珈琲をドリップして「ホワイト ボタニカルカップ」で久しぶりのブラック珈琲も味わいました。
自分だけの、自分のための、贅沢な一皿にニンマリしながら至福のおやつ♡ 「白いダブルリム 八角長洋皿」は、シンプルな器ですがダブルのリムがとっても豪華な雰囲気を演出してくれる一枚。普段使いにはもちろん、贅沢を楽しみたい時にぴったりな器なので、自分だけの時間に、そして記念日やハレの日の食卓などにもおすすめです。

2021年2月 ナカハラ


並べて盛り付けるお皿に◎



さつまいもがおいしい季節がやってきたので、道の駅でシルキースイートを購入し、その日のおやつはハッセルバックスイートポテトを作りました。本来、ハッセルバックポテトは深く切込みを入れて切り離さないものなのですが、おいもをじっくり焼いていたらしっかり柔らかくなって、見事に1枚ずつ離れてしまいました…。
それによってハッセルバック『風』となってしまったわけなのですが、「白いダブルリム八角長洋皿」にそのまま並べるように盛り付けてみたら、ちょっと上品なおやつに昇格したような…そんな感じがして嬉しくなりました。「白いダブルリム八角長洋皿」は、ごくシンプルな見た目のおやつ(お料理)を、少し洗練されたものに見せてくれる、器力があるお皿なんだなと実感。いろいろなシーンで頼りになりそうです。
「ホワイトグレー 西洋花楕円小鉢」を取り鉢にし、バニラアイスを添えて美味しくいただきました♪



おやつにシンプルなおからドーナツをいただいた日にも並べてみましたが、白い八角とノーマルなドーナツの、シンプル×シンプルな組み合わせが最高にかわいくて、キュンとしました。主張しすぎない素朴なかわいらしさという感じでしょうか♡

2020年10月 オオタケ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、細かい鉄点や凹凸、小穴が見られます。中央部分に多少膨らみが感じられたり、縞模様がみっれるもの、裏側の印の凹凸が見られるものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。表面同様に鉄点や小穴、細かい凹凸が見られます。釉薬の流れやムラ、溜まりが見られるものもあります。



重ねた時と、文庫本との比較写真です。




メタルマークにご注意ください


*この写真は「白いダブルリム八角長洋皿」ではありません。

ホワイトやグレー等の薄い色の器では、金属製のスプーン等で強くこすると「メタルマーク」とよばれる跡がついてしまうことがあります。
これは、陶器よりも金属の方が弱く、摩擦で欠けてしまった金属の細かいかけらが陶器の隙間に入り込んで残ってしまうというものです。
洗っても落ちない傷がついてしまいますので、金属製のカトラリーをご使用の場合はご注意ください。



当よしざわ窯の陶器は手作りのため、キレイに揃ったものをお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作していても、大きさ、形、色はすべて異なります。

買い足しをされる場合、お手元のものと新しくお買い求めになるものとは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

よしざわ窯のカテゴリ

用途や形から探す

こちらのカテゴリーからは、まだ一部の商品しか見られません。

組み合わせたらもっと楽しい!365コーデ