商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

アッシュホワイト 八角洋皿 特大

型番:t1444/1206

販売価格 2,300円(税込2,530円)
SOLD OUT
入荷日案内を受け取る
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
※周囲の小物は含まれません。

サイズ   
外径…24センチ
内径…19.5センチ
高さ…3.5〜4センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





アッシュホワイト 八角洋皿 特大

外径は八角形、内径は丸。ヨーロッパの古いピューター皿を模して製作した「八角洋皿」の特大サイズです。
色は「アッシュホワイト」。少しだけ「主張」や「頑固さ」を感じる、個性的な白。小穴や鉄点が全体的に見られ、グレーっぽく発色している部分があるのが「アッシュホワイト」の特徴です。焼き色や縁の仕上がりは一客一客で異なり、釉薬の流れやムラが見られるもの、ツヤが感じられるものもあります(写真下3枚目)。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。
落ち着いた洋な雰囲気で、大人っぽくも渋くもあり、繊細な感じもあり……どんな料理も、ちょっと立派に見せてくれます。大きくて深さもあるので、ロールキャベツやソースたっぷりのオムライスを盛り付けると、お店でいただく料理のような雰囲気に。取り分けていただくサラダも、ステキなメイン料理になってくれると思います。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少、がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁やリムの部分はグレーっぽく発色していたり、焦げたように発色していたりと、「アッシュホワイト」の特徴が見られます。釉薬が薄く、素地の色が感じられるものもあります。





頼りになる子です!



今年のクリスマスは夫と予定が合わなさそうなので、しっかりご飯はできなくともおうちで軽く晩酌くらいはしたいなと思い、盛り付けるだけで簡単にできるリースサラダを作ってみました。生ハムにりんご、チーズ、ベビーリーフ…ひとつひとつは用意するだけだけど、ぐるりと並べるとぶきっちょな私でもそれっぽくはなったかな・・・?
それもこれも「アッシュホワイト 八角洋皿 特大」のおかげ。大きくて深さがあるので、器の形に沿って材料を並べるだけでまあるくリースの形になるんです。さらに、真っ白とはまた違う落ち着いた色味がカラフルな食材たちを包み込んで、全体をまとめてくれました。取り分けメニューに、ワンプレートごはんに。幅広く活躍できる、頼りになる子だと思います!取り皿は「チャコール 洋まる小皿」、ブルーベリージャムを使ったドレッシングは「こぐまカタクチ」に入れてみました。

2021年12月 オオニシ


取り分けるサラダに



鶏もも肉の皮目をパリッと焼いて、きゅうり、トマトと一緒にいただく温サラダ。フレンチドレッシングに粒マスタードを溶かして、玉ねぎのみじん切りを加えるというレシピのドレッシングを初めて作ったら、すっきりおいしくいただけました♪マスタードとかからし系の調味料はなぜかちょっとニガテ意識があって買わないし、家にあっても全然食べないのですが……ひとつ下の写真をご覧ください。2月にもわたし、マスタードを使った料理をして、同じ器にのせていたのです(すっかり忘れておりました……)。その時もおいしく食べられた気がするので、これを機会に!「粒マスタードはおいしい。」と認識を改めたいなと思います。
「八角洋皿 特大」は深さがしっかりあるので、ドレッシングが多めでも安心。コロコロ転がるミニトマトでも、高さのある壁がサポートしてくれるので、スプーンでもすくうことができます。たっぷりのサラダを取り分けていただく時に、ぜひ使ってみてください♪
取り皿に使用した器は「白いマーガレット皿 中」です。

2019年9月 カワハラ


ひとさらごはんに



お腹がつかれているときに良いかも、と思ったデンマークのひとさらごはん。ゆでたたら(Kogt torsk)に、粒マスタードとホワイトソースを混ぜて和え、サラダ、ゆでたまご、じゃがいもを添えています。味付けをしたのは鱈だけですが、みんな十分おいしくいただけました。素材の味を味わうというのは、体にやさしい気がします。あれこれ味付けをがんばらず、ゆでただけ、洗ってのせただけでもいいんだよと、改めて教えてもらった気がしました。

2019年2月 カワハラ


16センチケーキ型で作るパンプキンプリンがちょうどいい♪



手づくりプリンを作る時。
優しい口当たりが感じられるように“濾す”時間に神経を注ぐ…そうすると、上手なプリンができるような気がするんです。
春は「ほうじ茶プリン」を、秋は「かぼちゃプリン」をよく作ります。
この日は、蒸したかぼちゃをプリン生地と一緒にミキサーで混ぜて…。
秋の雰囲気を感じるかぼちゃプリンはシンプルな器にのせたい。模様のない白い器や、グリーンの器、それからチャコールに合わせるとよく似合うと思います。
人が集まる時は食卓にホールのまま、大皿で出せば立派な見た目。
16センチのケーキ型で作ったプリンには「白釉 八角洋皿 特大」がちょどよいサイズでした♪
おもてなしの定番デザートとしても我が家ではよく登場するおやつのひとつ「プリン」。ホールで作った時には、ぜひ切らずにそのままテーブルへ*

2018年8月 ナカハラ


お家でピクニック♪



ちょっとあたたかくなってきたのでおうちでピクニック風ランチ♡
桜の塩漬け、生ハム、クリームチーズを挟んだバケットと、グリーンサラダの組み合わせ。そして白ワイン♩
「チャコール カゴバコ 大」にサラダを合わせると春らしくてお気に入り。
外ピクニックもいいけれど、おうちピクニックも手軽でとっても楽しい♡
しかもこの2つの器を使ったら、ちょっとオシャレセレブな気分にもなれました♪

2018年3月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、鉄点や凹凸、釉薬の流れや溜まりが見られます。気泡が見られるものもあります。小穴がポツポツと見られ、グレーっぽく発色しているのは「アッシュホワイト」の特徴です。また、模様の出方は一客一客で異なります。縁は釉薬が薄く、素地の色が感じられるものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。そばかすの様な鉄点やピンホール(針で刺したような小さな穴)が多く見られます。気泡が見られるものもあります。釉薬の流れや溜まり、ムラが分かる部分もあります。底面に作業跡が感じられるものもあります。



重ねた時と、文庫本とのサイズ比較写真です。





メタルマークにご注意ください


*この写真は「アッシュホワイト 八角洋皿 特大」ではありません。

ホワイトやグレー等の薄い色の器では、金属製のスプーン等で強くこすると「メタルマーク」とよばれる跡がついてしまうことがあります。
これは、陶器よりも金属の方が弱く、摩擦で欠けてしまった金属の細かいかけらが陶器の隙間に入り込んで残ってしまうというものです。
洗っても落ちない傷がついてしまいますので、金属製のスプーン等をご使用の場合はご注意ください。



当よしざわ窯の器は全て手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちでも、買い足しをされる場合、お手元の器と新しくお買い求めになる器とは、色・形・大きさが異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

よしざわ窯のカテゴリ

用途や形から探す

こちらのカテゴリーからは、まだ一部の商品しか見られません。

組み合わせたらもっと楽しい!365コーデ