ホワイトグレー 西洋絵皿 大

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
ホワイトグレー 西洋絵皿 大

販売価格 2,900円(税込3,132円)
型番 t1380/0702
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT

お知らせ

入荷日について


※周囲の小物は含まれません。

サイズ 
外径…25.5センチ
内径…18センチ
高さ…2.5センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがございます。





ホワイトグレー 西洋絵皿 大

フランスアンティークの絵皿をモチーフにした、大皿の中にリムから器の内側にかけて3カ所に鳥や植物の絵柄を施したお皿です。色は「ホワイトグレー」。黒土にツヤのある白い釉薬をかけたグレーがかった色です。全体的に釉薬の流れやムラがよく分かるものもあり、焼き色や模様の出方は一客一客で異なります。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。リムが少し上がっているので、多少の汁気なら受け止めてくれます。
大切な人とのおうちごはんの時のメイン皿として、または来客時の盛り付け皿として存在感のある…主役的な器だと思います。お正月、記念日、誕生日、ディナー、ハレの日などにもおすすめの1枚です。



上部2カ所に施したデザイン↓釉薬の流れやムラが大きく見られるものもあります。



下部に施したデザイン↓花と枝葉に囲まれて野鳥が佇んでいます。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。多少がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。また、縁の部分は釉薬が薄く素地の色が感じられるものがあります。





大切な人とのおうちディナー用として



この器だったら…大切な人とのディナー用としてはもちろん、大勢でテーブルを囲んで頂くおかず皿としても活躍してくれそうです。一枚テーブルに置いただけで、おうちがまるでレストランの様に感じたりして♪
この日は記念日に、奮発して少し高めのお肉を買ってきてこの器で銘々に頂きました。お肉にはやっぱり渋めの赤ワインを合わせて。

西洋絵皿にはシンプルなお皿を合わせて、絵皿を引き立てる…というのもいいけど、特別な日のお家ご飯の時には西洋シリーズの器たちと合わせて優雅なテーブルを演出するのも素敵かもしれません♪

2017年9月 ナカハラ


最近はまってしまった桃モッツアレラを



インスタで見た「桃モッツアレラ」。最初は、本当においしいの…、と半信半疑だったのですが、食べてみたらおいしい!&素敵!なので、近頃良く食べています。自分なりの味付けをしてしまっているのですが、桃にはレモン汁をたっぷりかけて、次に手でちぎったモッツアレラチーズをのせて、モッツアレラチーズには塩とはちみつをたらし、最後に全体的にオリーブオイルと胡椒をたっぷりかけていただきます。家族には、「桃は桃だけで食べたい…」って言われるのですが…。ロゼワインをいただく日のスターターとしてピッタリ♪だし、気分が上がります。この西洋絵皿が焼きあがってきたときには、「桃モッツアレラ」をのせたらステキかも…と思い、実践!やっぱり、良く似合いました♪このお皿で、もうすぐ終わってしまう桃の季節を堪能したいと思います。

2017年9月 ヨシザワリエ


お正月のワンプレートおせち皿としても

お正月はおせち作りますか?それとも買いますか?私の実家ではすべて母が昔からどれもこれも手作りで(しかも美味しいので)結婚してからも母のおせち料理を分けてもらったり、食べに行ったり…そんな毎年なんです。
お重を持っていたらおせち作る気になるかしら…と冬になる度考えるけど、自分にはお重の隅まで埋められそうになく(2段目なんて気が遠くなります)、その階段はまだ一歩も踏み出せていません。泣

だけど、来年は結婚して2回目のお正月。母のおせちに頼ってばかりじゃなく、夫にぎゃふん!と言わせるお正月にしたい!と思って、ちょっとブームになっている「ワンプレートで楽しむおせち」にトライ!大皿の中でも 群を抜いて“華”がある西洋絵皿なら、料理が単純でも見栄え良く仕上がるかも♪と思ったんです。



メンバーのヒダさんからもらった柚子をカップにして黒豆を入れて、その周りを囲むように伊達巻き、なます、かまぼこ、海老などを盛り付けていきました。そして、お正月といえば!と、南天の実を添えてみたら、小料理屋を気取りたくなる色合いもプラスされました(黒豆や伊達巻きは、スーパーで購入したものを使ってみました)。



初めてなので自信がなくても、「西洋絵皿」に助けられてとっても絵になるおせちワンプレートが完成♪夫がぎゃふん!と言ってくれそう…楽しみです。
お重がなくても、ワンプレートでこんなに簡単におせちが用意できるとは!発見でした。ぜひお試しください。

テーブルにはワンプレートおせちの他に「葉っぱのついた小さなカップ」で甘酒と、「チャコール マーガレット深皿 17センチ」でお煮しめを用意しました。

2018年12月 ナカハラ


器力を最大に発揮!



面倒くさがりなのにミーハーな私にとって、「簡単な料理を映えるように見せてくれる器」は、生活にかかせないアイテム。器のそういう効果を私は『器力(うつわりょく)』と呼んでいるのですが、よしざわ窯のたくさんある器の中で、「ホワイトグレー 西洋絵皿 大」は最も器力のある存在だと思っています。

そこで今回、この「西洋絵皿 大」とスタッフドバゲットという最強の組み合わせを思いついたんです。スタッフドバゲットというのは、バゲットの中をくりぬいて好きな具を詰めるだけ…なのにカットした時の断面がとてもキレイでテーブル映えするというお料理です。結果は…思った通り!相互効果でますます華やかな雰囲気のテーブルが出来上がりました!詰めるだけ、切るだけ、並べるだけ…と大した手間はかけていないのにと思うと、なんだかとっても得した気分♪
この最強の組み合わせ、パーティーやお祝いの機会があったら使わない手はないな…と思いました。

ちなみに、今回作ったスタッフドバゲットは…たっぷりのドライフルーツとナッツを混ぜたクリームチーズを詰めて、スイーツ的に♪「白い洋まる小皿」に取り分けていただきました!

2019年7月 オオタケ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、表面に細かいそばかすのような鉄点が出ていたり、小穴や凹凸が見られたりします。全体的に釉薬の濃淡があり、模様の出方は様々です。またはさみ跡が見られたり釉薬の流れやムラが大きく感じられたりするものがありますので予めご了承ください。



また、表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。全体的に、釉薬の流れやムラが大きく見られるものがあります。また、小穴(ピンホール)や凹凸も見られます。裏の表面や底部分には、手跡や道具跡が残っているものがあります。予めご了承ください。



重ねた時とCDとの比較写真。






◆「西洋絵皿」ができるまで♪◆

雑誌などで料理家さんたちが使っている、絵柄の入ったヨーロッパのアンティーク皿。数年前から気になっていたんです。よしざわ窯でもこんなお皿が作れないか…と。でも、よしざわ窯では絵付けはやっていないからできないよなぁと思っていました。
でもでも、やっぱり「西洋絵皿」が欲しい!…そうだ!リース皿に使っているようなレリーフの技法を利用すれば出来るかもしれない!と思ったんです。早速、ネットで素敵だな♪と思うアンティーク絵皿を3〜4枚ピックアップ。共通点は、大きな丸皿の中に3カ所、リムから器の内側にかけて鳥と植物が描かれていることでした。
そして、デザイン部キャプテン・ナリヨシさんに「こんなお皿が欲しいの!」と相談。
器の形は、少しだけ縁を揺らして、真ん丸ではなくちょっとだけ花形に。深さも少し欲しいし、大きさも8寸はあった方がいいなと。まずはお皿の形を決めて、いよいよ図柄に。ところが、鳥と植物を描くとなんだか中国風になってしまって…。どうしてアンティークのお皿はヨーロッパ風に見えるのか…。そうか!植物の中にクルンとしたリボンのようなモチーフが描かれていて、これが西洋の雰囲気を出しているんだ!と思い、リボン風のモチーフを加えていき、ようやくよしざわ窯の「西洋絵皿」に辿り着きました。色は迷いなく、「ホワイトグレー」に。今までには製作したことのない雰囲気の器ができあがった!と、メンバーみんな、大満足の仕上がりです!

器が完成するまでの製作の流れをご紹介させてください。↓

フランスアンティークの絵皿をモチーフに、大皿の中にリムから器の内側にかけて3カ所に絵柄が施されている器づくり。アンティークのお皿に描かれているのは植物と鳥という組み合わせが多く、私たちも枝に佇む鳥と植物を描いてみることに。まずは、ナリヨシさんにラフを書いてもらいました。



画だけでもとっても見応えがあって素敵…!これが器の中に彫りのデザインで施されたらさらに素晴らしくなるんだろうなと想像が膨らみます。



その画を方眼用紙に製図し、石膏に施され、さらに彫った部分に粘土を当てて完成度を確かめながら修正…という作業の繰り返し(とても根気がいる作業だなぁと想像しながら…横からナリヨシさんの細かな手作業をのぞかせてもらいました)。



完成した器たちは最終段階の釉掛けと窯焼きへ(写真は釉薬を掛けた後の器です)。
焼き上がりを心待ちにしながら窯へ入っていく姿を見送りました。



追記:
窯から出てきた器を見て、メンバーの皆が“やっぱりナリヨシさんの彫りの技術はすごい!”と感動の声がたくさん上がりました。よしざわ窯メンバーも納得の新しい大皿の完成です。

2017年8月 ナカハラ



当よしざわ窯の器は全て手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちでも、買い足しをされる場合、お手元の器と新しくお買い求めになる器とは、色・形・大きさが異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category