商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

ホワイト 花菱深皿

型番:t1144/0802

販売価格 1,100円(税込1,210円)
SOLD OUT
入荷日案内を受け取る
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
※周囲の小物は含まれません。

サイズ
縦×横…11.5×16センチ
高さ…3センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。

  



ホワイト 花菱深皿

ひし形の縁を花のように仕上げた、深さのある小皿です。
色は「ホワイト」で仕上げました。細かいそばかすのような鉄点や凹凸が全体にみられます。
深さがあるので、汁気のあるものにも使えます。和食にも洋食にも似合うデザインですし、縦・横・ななめに置いたときそれぞれに印象が異なるので、好きな使い方を試してみてください。



模様の出方や焼き色は一客一客で異なり、ピンクっぽいものや、グレーっぽいものもあります。また、裏側には表の凹凸に沿ったすじが出ているものと、そうでないものがあります。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。多少、がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は、「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁の部分は細かい凹凸がザラっとした手触りを感じさせるものや、釉薬が薄く素地の色が感じられるものがあります。



メロンをつまみながら…



メロンや桃、グレープフルーツ、イチゴ、リンゴ、ブドウなどなど。最近は、ワインを飲みながらフルーツを食べるのが好きです。最初は、チーズを一緒にしたり、生ハムをのせたり、胡椒とオリーブオイルをかけたりと、サラダ風にして食べよう…と思っていたのですが、やっぱり、フルーツはそのまま食べるのが一番美味しい!と思い、最近は、堂々と(?)フルーツをおつまみにワインを飲んでいます。カロリーは気になりますが、果物のみずみずしさがワインに合うような気がしています♪
「ホワイト 花菱深皿」は、和食にも洋風なメニューにも似合う&深さもありどんなメニューも受け止めてくれるので、お気に入りです。一口大にカットしたメロンをのせてワインと一緒にテーブルに用意すると、エレガントな雰囲気になって素敵なんです♪

2021年8月 ヨシザワリエ


ガーリーなテイストにも



「ホワイト 花菱深皿」は、花を菱型にした主張のある形で、食卓のアクセントになる存在感のある器ですが、置き方を横にするか縦にするかでもずいぶん印象が変わりますし、テーブルに敷くクロスを白にすると、柔らかで可憐な雰囲気に変わるんです。スタイリングによって驚くほどいろいろな顔を見せてくれる、いわば「変幻自在なお皿」です。お菓子皿として使う時は、レースを添えて思いっ切りガーリーに♪メレンゲ菓子やカップケーキをのせたくなるかわいさです♡

2020年1月 オオタケ


お菓子皿、銘々皿として



副菜皿として、銘々皿としてはもちろんお菓子にもとても合いました。菱型のお皿にはなんとなく四角いものがぴったりなのかなと思いました。夕飯にはお豆腐を、おやつには羊羹を…なんていうのもいいかもしれません。

2016年8月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、そばかすのような細かい鉄点や凹凸・小穴がみられます。施釉の跡が残っているものや、釉薬が溜まった部分にピンホール(針で刺したような小さな穴)が多くみられるものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。鉄点や凹凸・小穴は表面同様にみられます。釉薬の流れや溜まりが感じられ、釉飛びがわかる部分もあります。



重ねた時と、文庫本とのサイズ比較写真です。





メタルマークにご注意ください


*この写真は「ホワイト 花菱深皿」ではありません。

ホワイトやグレー等の薄い色の器では、金属製のスプーン等で強くこすると「メタルマーク」とよばれる跡がついてしまうことがあります。
これは、陶器よりも金属の方が弱く、摩擦で欠けてしまった金属の細かいかけらが陶器の隙間に入り込んで残ってしまうというものです。
洗っても落ちない傷がついてしまいますので、金属製のスプーン等をご使用の場合はご注意ください。



当よしざわ窯の陶器は手作りのため、キレイに揃ったものをお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作していても、大きさ、形、色はすべて異なります。

買い足しをされる場合、お手元のものと新しくお買い求めになるものとは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

よしざわ窯のカテゴリ

用途や形から探す

こちらのカテゴリーからは、まだ一部の商品しか見られません。

組み合わせたらもっと楽しい!365コーデ