商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

タ4  キャメル 洋まる平皿

型番:a1029/0119/0000

販売価格 2,000円(税込2,200円)
購入数
カートに入れただけでは商品は確保されません。
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
※周囲の小物は含まれません。

サイズ
外径…22.5センチ
内径…17センチ
高さ…2.5センチ
個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





*2023年1月から、価格を変更しました。

*2023年1月から、作り方をリニューアルしました。これまでに製作していたものとサイズはほぼ同じですが、色合いや質感が異なりますので、ご注意ください。

キャメル 洋まる平皿

西洋のアンティーク皿をモチーフにしたお皿です。
色は「キャメル」。ツヤがあり、キャラメル色のような…マスタード色のような…透明感のある落ち着いた雰囲気の色合いです。釉薬と素地の間にできたヒビ模様の「貫入」が見られるものもあります。
リムの立ち上がり角度が絶妙で、食材がリムにはみ出しても気にせずお使いいただける感じです。1人分のおかずのやワンプレートごはんのお皿として、食パン皿としてもお使いいただけると思います。




焼き色は一客一客で異なります。釉薬のムラや溜まりが感じられ、ツヤの出方にも個体差が見られます。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。




〈磁器土について〉
よしざわ窯では通常、製作する器の形状、釉薬の発色や風合い等を考慮して、6種類以上の土を使い分けています。益子並土、白土、赤土、黒土、半磁器土、耐熱土などです。
この器には、「磁器土」を使用しました。きれいな色合いというだけでなく、「圧力鋳込み」という製法との相性がとても良く、ゆがみやヒビ割れなどといった不具合が少ないので、私たちがデザインした形に近い仕上がりになってくれるからです。

圧力鋳込みで製作している素地作りの工程は、多治見の窯元さんにお願いすることになりました。プロの職人さん方のお力をお借りすることで、よりきれいな器が安定して製作できるようになりそうです。

〈圧力鋳込み製法について〉
専用の石こう型に、機械を使って強い圧力をかけた泥しょう(液体状の粘土)を流し込んで成形する製法で、たたら作りや通常の鋳込み製法では作ることが難しい形状の器も作ることができます。
ひとつの器を作るために、対になった2つの石こう型を使います。ちょうどよく乾燥させた石こう型を積み上げ、小さな穴から、強い圧力をかけた泥しょうを流し込んでいきます。1時間ほどで泥しょうが固まるので、型を開けると器の形が出来上がっています。
泥しょうの状態の細やかな管理から製作の手作業ひとつひとつが、繊細でかつ無駄がない。長年の経験や知識によって支えられた職人的な技術・製法です。


*上の写真は、多治見の窯元の作業風景です。


*上の写真は、当窯で「四つ葉のランチプレート」を作っているところです。





メインディッシュに



ある日は朝の食パン皿に。またとある日は、夕飯のキーマカレーに。「キャメル 洋まる平皿」は、我が家で一二を争うほどによく使う器です。「器がおいしそうな色をしているので、何でもおいしそうに見える」そうで、家族からの評判も上々です♪
この日は、益子町の人気店でテイクアウトしたとんかつを銘々に。この器には、ちょっとレトロな喫茶店や洋食屋さんにありそうなメニューが似合うかなと思って合わせたのですが、あれ、とんかつは和食?洋食…?
調べてみると「西洋のカツレットが由来でポークカツレツ、だから洋食」とか、「お箸で食べる洋風の和食」等々。何にしても、おいしいものを生み出し広めてくれて、日常的に食べられるようにしてくれた方々に感謝したいなと思いました。
一緒に写っている器は「こぐまカタクチ(廃盤)」、「鉄彩 小どんぶり(廃盤)」、「ホワイト アンブレラボウル」です。

2020年5月 カワハラ


パンケーキが似合う!



「キャメル 洋まる平皿」にパンケーキをのせたら、ちょっとシックな雰囲気になってすごく良い感じでした♪
パン皿としても良いな…と思います。多少の汁気なら大丈夫なので、サラダ皿としてもOKです♪



ちょび髭鉢との組み合わせでお顔を作って遊んでみました。
ちょっと大き目のお皿にのせるだけでお顔に見えちゃう♪という素敵なアイテムの「ちょび髭鉢(廃盤)」。
こちらは『立派な白髭を蓄えた西洋のおじさん』をイメージしました。
髪をフレンチトースト・メガネをクッキー(市販のもの)・立派な白髭は生クリームで。





細かい部分もご確認ください

器には、細かい鉄点や凹凸、小穴が見られます。釉薬の流れや溜まり、ムラが感じられ、釉薬と素地の間にできたヒビ模様の「貫入」が見られるものもあります。釉薬が溜まっている部分にピンホール(針で刺したような小さな穴)が見られるものもあります。底面には、作業跡の凹凸や渦状に波打った線が見られるものもあります。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。



重ねた時と、文庫本とのサイズ比較写真です。





当よしざわ窯の器は、キレイに揃ったものをお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作していても、大きさ、形、色はすべて異なります。

買い足しをされる場合、お手元のものと新しくお買い求めになるものとは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

よしざわ窯のカテゴリ

用途や形から探す

こちらのカテゴリーからは、まだ一部の商品しか見られません。

組み合わせたらもっと楽しい!365コーデ