商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

ストーンホワイト 線刻八角長洋鉢

型番:t3264/0524

販売価格 1,600円(税込1,760円)
SOLD OUT
入荷日案内を受け取る
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
*周囲の小物は含まれません。

サイズ
外(縦×横)…16×26.5センチ
内(縦×横)…12.5×23.5センチ
高さ…4.5〜5センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがございます。





ストーンホワイト 線刻八角長洋鉢

長い八角形の洋風なお皿のリムの部分に線刻模様を入れた、たっぷりとした深さがある大きなお鉢です。
色は新色の「ストーンホワイト」で仕上げました。今までにない「ニュアンスのある白」をつくりたくて、「結晶釉」と呼ばれる釉薬で時間をかけて調合しました。釉薬の表面に、細かい結晶が見られ、部分的にグレーがかっていたり、青みがかっていたり…まるで磨かれた石のような雰囲気の釉薬になったので「ストーンホワイト」と名付けました。この釉薬はとても繊細で、焼成温度によって結晶の出方が変化するので仕上がりの発色は様々です(写真3枚目)。また全体的につるつるとしていて肌触りはよく、そばかすのような鉄点が全体的に見られます。線刻模様の出方も一客一客で異なります。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。
新色の「ストーンホワイト」をかけた「線刻八角長洋鉢」は、釉薬でストーンウェアのようなテイストが加わり、“洋”のイメージがさらに増して、かっこいい一枚になった気がしています。シンプルですが、どこか奥行きのある表情で和洋中どのお料理にも合いそうな気もします。2〜3人で取り分けるおかずやサラダなどをざっくりと盛り付けるのに重宝すると思います。また、普段使いにはもちろん、おもてなしの食卓にも似合いそうです。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお鉢も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少、がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁は細かい凹凸があり、ざらざらとした手触りのものもあります。





家族で取り分ける煮込み料理やサラダにぴったりです♪



新しく生まれた「ストーンホワイト」をかけた「線刻八角長洋鉢」は、ヨーロッパで親しまれている石でできた器、ストーンウェアの様でもあり、落ち着いた雰囲気が素敵です。そんな器のイメージから、洋風のご飯が似合いそう〜と思い、 夏が近づくと食べたくなる野菜いっぱいのラタトゥイユを合わせました。リムの線刻模様がのせたものを引き立ててくれるので、食欲が湧く一品が完成。どこか石のようなキリッとした印象のかっこいい器に、洋食を合わせ、取り皿には「アッシュホワイト シルバーモチーフ 貝がら皿 小」を並べたら、なんだかヨーロッパのレストランでご飯を楽しんでいるかの様な感じに♪ ご飯を食べながら、「ストーンホワイト」の名前から、白い石で作られた可愛らしいお家が並ぶイタリアの町、アルベロベッロが思い浮かび…洋食を食べ、イタリアの町並みを想像し、楽しくそして夢心地な食事になりました。
大きさ的には、 2〜3人で取り分けるおかずやサラダをざっくりと盛り付けるだけで素敵に使えそうな一枚なので重宝しそうです。普段のご飯もこの器に盛り付けると、いつもと違う印象が楽しめそうで今から楽しみです♪

2021年5月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、小穴やそばかすのような鉄点が多く見られます。中には青っぽく発色していたり、気泡がはじけた跡が残っているものもあります。細かい凹凸があり、ざらざらとした手触りのものもあります。また、線刻模様の出方は一客一客で異なり、ぼんやりしているものもありますので予めご了承ください。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。鉄点や小穴が見られたり、釉薬の流れが分かるものもあります。中には青っぽく発色しているものもあります。



重ねた時と、文庫本との比較写真です。




メタルマークにご注意ください


*この写真は「ストーンホワイト 線刻八角長洋鉢」ではありません。

ホワイトやグレー等の薄い色の器では、金属製のスプーン等で強くこすると「メタルマーク」とよばれる跡がついてしまうことがあります。
これは、陶器よりも金属の方が弱く、摩擦で欠けてしまった金属の細かいかけらが陶器の隙間に入り込んで残ってしまうというものです。
洗っても落ちない傷がついてしまいますので、金属製のスプーン等をご使用の場合はご注意ください。



当よしざわ窯の陶器は手作りのため、キレイに揃ったものをお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作していても、大きさ、形、色はすべて異なります。

買い足しをされる場合、お手元のものと新しくお買い求めになるものとは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

よしざわ窯のカテゴリ

用途や形から探す

こちらのカテゴリーからは、まだ一部の商品しか見られません。

組み合わせたらもっと楽しい!365コーデ