商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

ホワイトグレー 渡り鳥のお皿

型番:t1630/1221

販売価格 1,300円(税込1,430円)
SOLD OUT
入荷日案内を受け取る
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
※周囲の小物は含まれません。

サイズ 
縦×横…15.5×21センチ
高さ…1.5〜2センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





*このお皿は「金彩」を施している為、電子レンジや食洗器にはご使用いただけません。また、金彩は繊細です。摩擦などで取れてしまいますのでご注意ください。

ホワイトグレー 渡り鳥のお皿

「鳥と雲のお皿」から始まった、4羽の鳥の親子の物語。
「森と鳥のまるざら」では森で遊び、「鳥の親子 秘密の花園へ」では、一面のお花に囲まれて♪あちらこちらを楽しく飛んでいく親子鳥のシリーズです。

今回は、たくさんの渡り鳥と共に大空へ。オーバル型のお皿の周りに渡り鳥をたくさん描いて、そのなかで4羽も一緒に羽ばたいています。鳥の親子を凸、渡り鳥を凹で表現しました。
色は、黒土にツヤのある白い釉薬をかけた「ホワイトグレー」。渡り鳥の中の一羽だけに金彩を施しました。白の中で光る金色は、品良くすてきなアクセントになっています♪
少しだけ縁が上がっているので、多少の汁気なら受け止めてくれます。銘々のおかず皿にも、ケーキなどのお菓子皿としても、幅広くお使いいただけると思います。



金彩の入っている鳥は、一客一客で異なります。焼き色や模様の出方にも個体差が見られ、大小の鉄点や小穴が見られるものや、ツヤのあるもの、マットな仕上がりのものと様々です。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。多少がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁は釉薬が薄く、素地の黒土の色が感じられる部分もあります。





風をはこんで



多趣味な父は最近、裏山をきれいに整備しています。「みかんと栗の木を植える。日当たりが良くて北風が入らない場所だから、みかんもいけるはずだ!」と楽しそうです。そういえばお隣の真岡市でもみかん狩りの看板を見たことがあるし、栃木県でも育つのかも。調べてみたら、県内の那須塩原市(益子よりちょっとだけ北東)が、みかんを収穫できる北限のよう。今後の父の頑張りに期待したいと思います!
考えていると食べたくなってくるもので…この日のフレンチトーストには、みかんソースをたっぷりと♪
我が家のみかんが無事に実るよう、器の渡り鳥たちに「冷たい風は北へ連れて行って!」と願いを込めながら、おやつ時間を楽しみました。

2020年12月 カワハラ


2019年秋の陶器市で

2019年 秋の陶器市では、「冬色食器店」という企画でお客様をお迎えした日に、陶器市会場で先行販売をしました♪これから迎える冬の季節にピッタリの器です。




大空をはばたく鳥たちのように



これから本番を迎える、寒い寒い冬の季節。ついつい気持ちが内向きになってしまいがちですよね…。
「元気を出して今日も一日がんばろう!」とポジティブな気持ちになりたい日の朝は、「ホワイトグレー 渡り鳥のお皿」を朝食のプレートにいかがですか?お皿の周りを囲んで堂々とはばたく鳥たちが、きっと気持ちを前向きに導いてくれるはずです!
私はこのお皿を見ていたら、たくさんの鳥たちの中にいる金彩で塗られた一羽が、「仲間たちと仲良く楽しく今日も遠くまで飛んでいきたいなー♪」…と思う気持ちまでイメージが膨らんで、楽しい気分になりました♪
まずは、お皿の上にスープマグと小さめのパンをのせて使ってみようかなと思っています。

2019年12月 オオタケ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、大小の鉄点や青点、小穴、細かい凹凸が見られます。釉薬の流れやムラ、ハサミ跡が見られるものや、金彩が薄くなっているものもあります。模様の出方は一客一客で異なります。中には、中央部分に膨らみが感じられるものあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。 鉄点や小穴は表面同様に見られます。釉薬の流れや溜まり、釉飛びが見られるものもあります。底面の素地には、作業跡が残って白くなっている部分が見られるものもあります。



重ねた時と、文庫本とのサイズ比較写真です。





当よしざわ窯の陶器は手作りのため、キレイに揃ったものをお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作していても、大きさ、形、色はすべて異なります。

買い足しをされる場合、お手元のものと新しくお買い求めになるものとは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

よしざわ窯のカテゴリ

用途や形から探す

こちらのカテゴリーからは、まだ一部の商品しか見られません。