oldwhite ダーラナホースの印花皿

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
oldwhite ダーラナホースの印花皿

販売価格 1,000円(税込1,080円)
型番 t1587/0722
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT

お知らせ

入荷日について


*周囲の小物は含まれません。

サイズ  
縦×横…12.5×17センチ
高さ…1.5センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがございます。





oldwhite ダーラナホースの印花皿

スウェーデン・ダーラナ地方発祥の伝統工芸品の木彫りの馬、ダーラナホース。「幸せを運ぶ縁起物」として昔から愛され、現在では世界中の人たちに親しまれています。そんなダーラナホースと一緒に、スウェーデンの国旗を思わせるクロスや花の模様を判押しで入れた、オーバル皿ができました。
色は「old white」。この「old white」は、白化粧土を使ってクリーム色とこげ茶色のツートンで仕上げる色ですが、今回は、判押しした凹み部分だけに白化粧土を入れて、模様をクリーム色、その周りをこげ茶色で仕上げました。

模様の出方や焼き色には差があります(写真下3枚目)。白っぽく焼けているもの、赤茶色っぽくなっている部分もあります。釉薬の流れやムラがよく分かるものもあります。お任せ発送となりますので予めご了承ください。お菓子皿や、取り皿としてちょうどいい大きさのお皿です。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこの器も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少、がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁には細かい凹凸があり、ざらざらとした手触りのものもあります。





FIKA(フィーカ)のお皿に



スウェーデンにある、「FIKA(フィーカ)」と呼ばれる伝統的な文化は、甘いお菓子をつまみ、大切な誰かとおしゃべりを楽しみながらコーヒーを飲むというお茶の習慣。
焼きあがってきた「oldwhite ダーラナホースの印花皿」を見て、お菓子皿にちょうどいいなと思ったんです。あっ、スウェーデンのおやつといったら…フィーカだ!フィーカのお皿として使ってみよう!と。フィーカの定番お菓子と言えば、やっぱりまずはシナモンロール!早速のせてみると、お皿はシナモンロールをひとつのせるのにちょうどいいサイズで、下から覗いているダーラナホースの模様がとってもかわいく見えました♪さらに、オーツ麦で作られたスウェーデン製のクリスプビスケットを用意して、楽しいフィーカタイムのはじまり♪

北欧はオシャレなばかりではなく、普段の生活の中に、暮らしや時間を大切に楽しむ文化が当たり前のようにあって、本当に憧れます。いつか、本場スウェーデンのフィーカを体験してみたいなぁ…♪
*コーヒーカップに使用したのは、「ホワイト 線刻まるマグ」です。

2019年7月 オオタケ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、細かい鉄点や小穴、凹凸が見られます。釉薬の流れが良く分かる部分、はさみ跡が見られる部分もあります。土に含まれる小石が表出しているところや、小石があったところが小穴になっているものもあります。模様の出方や焼き色は一客一客で異なり、ぼんやりしているものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。大・小の鉄点や、多少の凹凸、小石の表出も見られます。また、釉薬の流れやムラが良くわかります。



重ねた時と、文庫本との比較写真です。





当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category