商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

セ11  ホワイト クリスマスリース皿

型番:t1582/0621/0000

販売価格 2,900円(税込3,190円)
購入数
カートに入れただけでは商品は確保されません。
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

※周囲の小物は含まれません。

サイズ  
外(縦×横)…23×31.5センチ
内(縦×横)…15.5×24センチ
高さ…3.5センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





ホワイト クリスマスリース皿 / 夏季限定製作

リムの部分に、リースをイメージした模様を入れたオーバルの大皿です。常緑樹や松ぼっくりを立体的にデザインしました。
色は、「ホワイト」。爽やかな雰囲気で夏の食卓にとっても似合うので、夏季限定で製作しています。
このお皿は、いつも“クリスマスの時期限定”で「あめ色」や「ベルベットグリーン」の釉薬をかけて製作しているのですが、試しに「ホワイト」を掛けてみたところ、舞踏会でお姫様がドレスチェンジをしたかのような…パッと印象が変わって、また違った一面を見せてくれてとっても素敵だったんです。気取らない華やかさと、落ち着いた雰囲気で料理を飾ってくれる大皿に仕上がりました。

リムに施した植物模様を楽しみながら、ワンプレート料理、オードブル、ワインのお供…など、想像力を掻き立ててくれる器だと思います。形・デザインに存在感があり、ちょっと豪華なテーブルコーディネートにもぴったりです。夏の暑い日にワインを用意して…という時にも、とっても素敵そう♪



焼き色や模様の出方は一客一客で異なり、ピンクがかったものや、くすんだような色合いのものもあります。中には、模様がぼんやりとしているものもあります。お任せ発送となりますので、予めご了承下さい。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。多少がたつきが感じられるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。





豪華な見た目のワンプレートが楽しめる一枚です



雑誌で見た「ソラマメ」を使ったパスタが美味しそうで真似したいな〜と思っていたところ、母からタイミングよくソラマメをたくさんもらったので早速作ってみました。ニンニクを効かせた大人味のソラマメのパスタには、パルミジャーノレッジャーノをたっぷりかけてみました♪焼いたバケットをお供にして、上にはベーコンと大好物のカチョカバロをのせてチーズづくしのワンプレートを作ってワインを飲むための一皿を準備。「ホワイト クリスマスリース皿」は、何を乗せても素敵に見せてくれるアイテムですが、シンプルな食材こそ何倍増しにもよく見せてくれる、そんな気がしています♡ この日の飾り気のないお料理もとても豪華に見えて驚きました。華やかな器が食卓に並ぶと、ワインもさらに美味しく感じて、いい午後を過ごせました♪ ヒイラギや松ぼっくり、ポインセチアなどのリースの絵柄も愛でながら、夏を楽しむアイテムとして活躍させてみてください。普段使いにはもちろん、来客の時にもおすすめの一枚です。

2021年7月 ナカハラ


贅沢な一皿に♡



「ホワイト」を掛けて、クリスマスリース皿の違った一面が出て、とっても素敵に仕上がったこの器。
ワインのお供もいいし、ワンプレートもいいし、夏野菜の盛り合わせもいいし、あぁ、どんなものにも似合いそう…と、何を盛り付けるかとっても迷って、「私の夏と言えば!」のものにしました。私の夏と言えば…大好物の「桃」。桃のサンドイッチを作って並べてみたら、惚れ惚れする華やかな一皿に♡ 夏の大好物をまずはこの器で豪華に味わう…そんな風に使うのも楽しいと思います。
最近はパンブームに火がついて、パンやサンドをおつまみに、お酒を飲む=「パン飲み」が注目されているとか♪ わたしも贅沢に白ワインを用意して、桃サンドをいただこうと思います。
「ホワイト クリスマスリース皿」と共に夏の楽しみがひとつ増えますように♪

2019年7月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、細かい鉄点や青い点、小穴、凹凸があります。釉薬の流れやムラが感じられ、施釉のハサミの跡が残っているものもあります。また、模様の出方には個体差が見られます。



裏側の様子もご確認ください。鉄点や小穴があります。釉薬の流れや溜まり・ムラが見られ、釉飛びが分かる部分もあります。作業跡が残っているものもあります。



重ねた時と文庫本との比較写真です。




メタルマークにご注意ください


*この写真は「ホワイト クリスマスリース皿」ではありません。

ホワイトやグレー等の薄い色の器では、金属製のスプーン等で強くこすると「メタルマーク」とよばれる跡がついてしまうことがあります。
これは、陶器よりも金属の方が弱く、摩擦で欠けてしまった金属の細かいかけらが陶器の隙間に入り込んで残ってしまうというものです。
洗っても落ちない傷がついてしまいますので、金属製のスプーン等をご使用の場合はご注意ください。



製作秘話〜クリスマスリース皿ができるまで〜

ナリヨシさんに「チキンをまるごとのせられそうな大きなオーバルのリース皿」をという内容でお願いをしてラフ案をおこしてもらいました。3枚の素敵なデザイン画ができあがってきて、ラフ画だけでメンバーみんなから感嘆の声。感動的な美しさで、こんな素敵なデザインが大きいオーバル皿に施されたら…と想像するだけでワクワクが止まりませんでした。



両サイドにリースデザインがあるもの、全面に模様がびっしりあるもの、ツタ模様の上にちょこっとリースデザインがあるもの。
どれも素敵だったので作業場メンバーにもお気に入りの一枚に投票してもらうことにしました。
「投票して!」と言ったところ、「全部いい♪」と3枚全てに票を入れるメンバーもいたり笑。

なかなか決まらず最終的に、みんなの意見をまとめて「全面的に模様がありつつも、ヒイラギや細かい葉っぱが模様をつなぐ感じであまりゴテゴテとしていないデザイン」ということで、ナリヨシさんに再度描いてもらいました。



この最終デザイン画を基に器が出来上がりました。
模様にはヒイラギや松ぼっくり、ポインセチアなどが描かれています。じっくり見てみてくださいね♪

2016年11月 ナカハラ



当よしざわ窯の器は、キレイに揃ったものをお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作していても、大きさ、形、色はすべて異なります。

買い足しをされる場合、お手元のものと新しくお買い求めになるものとは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

よしざわ窯のカテゴリ

用途や形から探す

こちらのカテゴリーからは、まだ一部の商品しか見られません。

組み合わせたらもっと楽しい!365コーデ