365コーデ<夏は夜セット>

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
365コーデ<夏は夜セット>

販売価格 8,600円(税込9,288円)
型番 s026/0708
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT

お知らせ

入荷日について


※陶器以外の小物はセットに含まれません。

*このセットは客数が多い為、ラッピングはお受けできません*

サイズ
・チャコール お菓子型の器 花菱
縦×横…8.5×12.5センチ
高さ…1センチ

・白い西洋正方鉢 小
外(縦×横)…12×12センチ
内(縦×横)…9×9センチ
高さ…4センチ

・青いエトワール 大
外(縦×横)…19×21センチ(最長部)
内(縦×横)…13.5×15センチ(最長部)
高さ…2センチ

・チャコール 木瓜鉢
外(縦×横)…18×26センチ(最長部)
内(縦×横)…14×22センチ(最長部)
高さ…4センチ

・ホワイト ラウンド洋皿 ドット
外径…24センチ
内径…18.5センチ
高さ…2.5センチ

手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがございます。





365コーデ<夏は夜セット>

この器は、お一人様(一軒のお届け先につき)2セットまでの購入とさせていただきます。

※「チャコール お菓子型の器 花菱」・「白い西洋正方鉢 小」・「青いエトワール 大」はそれぞれ各2客、その他は各1客 計8客で1セット+おまけ付きのセットです。

器を組み合わせて使う楽しさを体験してもらいたいな…と思い、テーマをつけた器のコーディネートをご紹介している「365コーデ」
今回ご紹介するのは「夏は夜セット」です。
「枕草子」の中の「夏は夜、月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる また、ただ一つ二つなどほのかにうち光りて行くもをかし、雨など降るもをかし」と夏の情景を詠んだ一節からイメージしたセットです。
夏は月夜が美しくて、蛍も飛んだり、それから雨が降るのもいい。と、夏は夜がとくに素晴らしい、夏の夜を楽しんで…と、清少納言は私たちに教えてくれています。
現代の私たち、簡単には蛍とは出会えなくとも、部屋を暗くしてキャンドルの明かりだけで語らいを楽しんだり、お酒を片手に夜空の星を眺めたり…夜風が心地よい夏の夜を満喫する時間を持てたら素敵ですよね。
そこで、夏の夜をゆっくりと心地よく過ごしたくなるような「青・白・黒」の3色で落ち着いた雰囲気のコーディネートを作ってみました。

丸みのある大皿は穏やかな食卓づくりの軸になってくれますし、白や黒の小ぶりな器はどんな器とも相性がいいので気を負わず使えます。青い星の器はキャンドルを灯しながらお願い事をしたいときにぴったりかもしれません。
夏の夜をゆっくりと心地よく過ごせそうなアイテムのセットができました。

どの器も焼き色は一客一客で異なり、細かい鉄点や青い点、凹凸、小穴が見られるものや、釉薬の流れ・溜まりが感じられるものがあります。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。



*詳細は各商品ページからご確認ください*

「チャコール お菓子型の器 花菱」
「白い西洋正方鉢 小」
「青いエトワール 大」
「チャコール 木瓜鉢」
「ホワイト ラウンド洋皿 ドット」

今回は、おまけとして1セットにつき1客、キャンドルをモチーフにした豆皿をおつけします♪



色は黒土にホワイトをかけ、炎の部分は化粧をした「ツートンホワイト」で仕上げました。焼き色や模様の出方は一客一客で異なります。こちらもお任せ発送となりますので、予めご了承ください。
豆皿は食卓で使うだけではなく、明日つけて出かけたいイヤリングやピアスを入れておいたりするのに使っても良いかもしれません♪上の写真では、ラベンダーやシナモンなど香り置きとして使ってみました。

当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこの器たちも、やっぱりちょっといびつ。多少、がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は、「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁は釉薬が薄く、素地の色が感じられる部分や、凹凸がありざらざらとした手触りのものもあります。





キャンドルを灯してヒュッゲな夜を…



世界一幸せな国として知られるデンマーク。いつか行ってみたいと夢見る場所のひとつです。
最近、日本でも注目されているデンマーク語の「ヒュッゲ(Hygge)」。“居心地の良さで幸せを感じること”を表していて、デンマーク人の生活の中で大切な言葉なんだとか。昼間の時間が短く、夕暮れが早いデンマークでの心地よい暮らしに欠かせないアイテムのひとつである「キャンドル」。日常的にキャンドルを灯して、本を読んだり、家族でゆっくり談笑しながらご飯をして夜を過ごすそうで羨ましい暮らし方です。
そんなキャンドルのあるヒュッゲな夕食をイメージして「夏の夜セット」を楽しんでみました。
彼らがキャンドルナイトを楽しむ時の料理の基本は「手を掛けないこと」。火を使わなくて良いものや、時間を掛けずに調理して、その分を心地よい時間に回すのだそう♪
それなら…デンマークの家庭料理、「スモーブロー」風に、焼き立てのバケットと好みのチーズや生ハムを大皿に、中くらいのお皿にはサラダをたっぷりと。小鉢には枝豆の冷静スープ。豆皿にはバケットにつけるバターやオリーブオイルを用意して、簡単なデンマーク風の食卓にしてみました。
キャンドルナイトの締めくくりは「青いエトワール 大」にのせたスワンシューのデザートを。白鳥はデンマークの国鳥でもあるので、デザートを頂きながら異国に想いを馳せて…夢見心地に過ごせそうです。(私は、いつか北欧に旅できますようにと星に願いを込めてみました。)
まだ少し明るいうちから簡単な料理と共にキャンドルを灯して、ヒュッゲな時間を過ごすのにぴったりな食卓になりました。デンマーク人のように「さぁ、ヒュッゲしよう!」と呼び声を掛けて、家族や友人と心地よいひとときが過ごせそうです。

心も体もクールダウンできそうな爽やかな色合いの器たちをテーブルに揃えて、まだ明るいうちからキャンドルを灯して、ゆっくりと語らいを楽めたら、最高の夏の夜になること間違いなしです♪
「夏の夜」を過ごす時にはもちろん、「心を休めてホッと一息つきたいな」…と思う日にキャンドルの明かりと共に一年を通して使ってみてください。

2019年7月 ナカハラ






細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、大小の鉄点や小穴、細かい凹凸が見られます。釉薬の濃淡やムラが見られるものや、くっきりとハサミ跡が残っているものもあります。また縁の部分は焦げたように発色していたり、凹凸がありざらざらとした手触りのものもあります。中には青く発色した点が出ているものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。鉄点や小穴は表面同様に見られます。全体的に釉薬の流れや溜まり、ムラが見られるものもあります。中には底面に釉飛びが見られるものもありますので予めご了承ください。



重ねた時と、CDケースとの比較写真です。





当よしざわ窯の器は全て手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちでも、買い足しをされる場合、お手元の器と新しくお買い求めになる器とは、色・形・大きさが異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category