ホワイト ラウンド洋皿 ドット

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
ホワイト ラウンド洋皿 ドット

販売価格 1,700円(税込1,870円)
型番 t1268/0708
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT

お知らせ

入荷日について


※周囲の小物は含まれません。

サイズ   
外径…24センチ
内径…18.5センチ
高さ…2.5センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがございます。





ホワイト ラウンド洋皿 ドット

縁にドットのラインを施した、洋風な丸皿です。落ち着いた雰囲気があって、素敵な食卓を演出してくれる一枚です♪色はツヤのない「ホワイト」をかけています。模様の出方や焼き色は一客一客で異なり、ピンクがかっているもの、グレーっぽいものがあります。また、全体的にそばかすのような鉄点や小穴が全体的に見られます(写真下3枚目)。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。
縁が上がっていて少しだけ深さがあるので、多少の汁気なら受け止めてくれます。前菜やパンを並べたり、大勢で取り分ける主菜を盛り付けたりと使い方が色々楽しめる器です。銘々のワンプレート皿としても素敵だと思います。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少、がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は、「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁は、焦げたように発色しているものもあります。





パンを盛り合わせるだけでも



カンパーニュなど、スライスしたハード系のパンとおいしいバターを盛り合わせるだけでもサマになります。この日は黒磯駅前にある「KANEL BREAD」さんのパンをいただきました。もちもちで、香ばしくてとてもおいしいんです。しかも、お店にはおいしいワインも置いてある♪お気に入りのパン屋さんです。

ヨシザワリエ


器の余白を楽しみながら



丸くてシンプルな白い器は一枚持っておくと色々な料理に使えてとても便利です。この「ラウンド洋皿 ドット」は、直径が約24センチある“大皿”サイズ。お一人用なら、何種類か盛り付けて楽しむ様なワンプレート皿として。そして、何名かで取り分けるような副菜やおつまみ皿としてもおすすめです。
チーズや生ハムなどをのせて、自由にバケットにのせて楽しむメニューの時にも使ってみました。大皿にはたっぷりと盛り付けるのも好きですが、余白を生かして、数種類を間隔をあけて盛り付けるとそれだけでおしゃれな雰囲気を楽しめると思います♪

これからの夏の時期には冷えたビールやワインを用意して、この器で優雅に何種類かのおつまみを楽しむというのもいいかな〜と思います。盛り付けを楽しみながら使ってみてください。

2019年7月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、そばかすのような細かい鉄点や凹凸、小穴が見られます。また、釉薬の流れやムラが感じられるものもあり、釉薬の溜まっている部分ではピンホール(小さな穴)が多く見られるものがあります。縁の模様の出方は一客一客で異なり、焦げたように発色している部分も見られます。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。表面同様に細かい鉄点や凹凸、小穴が見られます。釉薬の流れや溜まりが見られるものや、釉薬が薄く、素地の色が感じられるものもあります。中には、底面に作業跡が残っているものもあります。



重ねた時と、CDケースとの比較写真です。





当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ずご利用ガイドのページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category