商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
草花のレリーフ洋皿 パンジー / BOX入り

販売価格 2,000円(税込2,200円)
型番 t1538/1129/0000
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
購入数
   


※周囲の小物は含まれません。

サイズ
外(縦×横)…16.5×24.5センチ
内(縦×横)…10.5×18.5センチ
高さ…2センチ 
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがございます。





草花のレリーフ洋皿 パンジー / RARI YOSHIO×on the table

昨年の冬、陶器市(2017年〜2018年)で会場装飾をしてくださった那須在住のクリエーター・RARI YOSHIOさんとコラボレーションした器が完成し、今年で2回目の製作となりました。
ひらひらとした優美なリムのついたオーバル皿に、RARIさん描き下ろし画の『パンジー』をレリーフで入れたお皿です。レリーフの下には英語で“Pansy”の文字も入っていて素敵です。
可憐で繊細ながらも、どこか力強さも感じるイラストの雰囲気に合った、優美ではあるけれど主張しすぎない、そんなオトナな器に仕上がりました。これからの時季なら、クリスマスのケーキ皿として使えば、ぐっとオトナな雰囲気のシックなクリスマスを演出できそうです♪ 1人分のケーキをのせて、横にパンジーのレリーフが見えるような…というサイズ感で製作しているので、カットケーキをのせる皿としてはもちろん、お食事時の銘々皿としても十分な大きさなので、色々なシーンで活躍すると思います。

こちらのお皿はよしざわ窯オリジナルのBOXにお入れしてお届けいたします(1客ずつ、BOX入りでの販売となります。)大切な人への贈り物に、いつもお世話になっている人へのお礼に、自分へのご褒美に…。とっておきのギフトとして、オススメです。

ちなみに「パンジー」の花言葉は色で違うそうですが、「つつましい幸せ」・「思慮深い」・「温順」・「天真爛漫」といった意味があるそうです。



色は黒土にツヤのある白い釉薬をかけた「ホワイトグレー」。全体的に釉薬の濃淡が見られる部分もあります。また焼き色や模様の出方は一客一客で異なりますので予めご了承ください。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこの器も、やっぱりちょっといびつで、一客一客で大きさ・形が微妙に異なります。手作り感漂うのは、そのためだと思います。また、多少がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁の部分は、小穴が見られたり、釉薬が薄く素地の色が分かるものもあります。





自分へのご褒美時間にも


 
今回RARIさんとのコラボでできた器は、オトナっぽくてちょっとカッコイイ、甘くないけどかわいさもある、言うなれば「オトナかわいい」器。
凛とした雰囲気があり、いつもより少しだけ背伸びして特別な時間を過ごしたい時に使うのにピッタリです。
少し疲れがたまっていると感じる時、よく頑張ったなと思う時、「今日は自分にご褒美をあげたい…」そんな日にはぜひこの器でとっておきのスイーツを。たまには自身をいたわって、ちょっとだけ特別な自分のためのご褒美時間をぜひ♪
*写真ではもう1種類のコラボ商品「草花のレリーフ洋皿 スズラン」と一緒に使っています。

2018年12月 オオタケ


日々の楽しみの一皿として



大好きな本「花と料理」は、365日を一枚の写真と短い文章で一日ずつ綴っているダイアリーみたいな一冊。最後の12月31日の大晦日のページには、「31日は勝手ながら「サンドイッチの日」として毎月サンドイッチを作りました。〜(中略)〜まだほかにも「〇〇の日」は11個も潜んでいます!答えを探しながら、またページをめくってもらえたら嬉しいです」と書かれていて…最後のページにたどり着くまで全然気づかず、予想しないお楽しみが待っていたかのような気分にさせてくれる楽しい巻末だったんです。読み返してみると…確かに語呂合わせで、3の日は「実のなるもの」、29日は「肉」、そして31日は「サンドイッチ」が密かに掲載されていることを発見。その中でも「3」と「1」でサンドイッチの日がとても可愛いなと思い、小さめの食パンに、ブルーベリーとクリームチーズをのせたオープンサンドを作って「草花のレリーフ洋皿 パンジー」のお皿で私も「サンドイッチの日」気分を楽しみました♪
贅沢な雰囲気のこの一皿は、記念日や誕生日などにはもちろん、日々のちょっとしたイベントやいいことがあった日にもおすすめです。自分なりの「〇〇の日」を作って、〇〇の日用の器…という風に決めて、使うのも素敵かなと思いました。日々のちょっと特別な一枚になれますように♪


クリスマスの日にも♡



「1人分のケーキをのせて、横にパンジーのレリーフが見えるように…」というサイズ感で製作したこのお皿には、やっぱりケーキがお似合いです。一年を締めくくるイベント、クリスマスの日にもぜひ活躍させたいお皿です。繊細なリムとリアルなパンジーのイラストが、のせたものを飾ってくれるので、シンプルなケーキも豪華に、そして格段に美味しそうに見えます。ご夫婦やカップルでお揃いで使えば、クリスマスの食卓の最後を締めくくるとっても優雅で、ロマンチックなデザートタイムを過ごせそうです。今年も素敵なクリスマスになりますように*。+

2019年11月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、細かい鉄点や凹凸、小穴が見られるものがあります。お花や文字の出方は1客1客異なり、見えにくいものもあります。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。中には、粘土のうねりが表面に見えているものや施釉のハサミ跡が見られるものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。表面同様に細かい鉄点や凹凸、小穴が見られるものがあります。また、釉薬の飛びや流れ、ムラが見られ、溜まりが感じられる部分もあります。中には、底面部分にへこみが感じられるものもあります。



重ねた時と、CDケースとの比較写真です。





当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず、ご利用ガイドのページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category