商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

アッシュホワイト 四角のレース皿

型番:t1497/0301

販売価格 1,600円(税込1,760円)
SOLD OUT
入荷日案内を受け取る
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
※周囲の小物は含まれません

サイズ    
外(縦×横)…18×23センチ
内(縦×横)…10.5×15.5センチ
高さ…2センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





アッシュホワイト 四角のレース皿

アンティークレースをイメージした模様をリム部分に施した四角いお皿です。リム部分のレース模様が、清楚でかわいらしい印象でありつつも、大人っぽいカラーで凛とした雰囲気に仕上がりました。
色は「アッシュホワイト」。全体的に小穴がポツポツと見られたり、グレーっぽく発色しているのは「アッシュホワイト」の特徴です。釉薬の流れやムラがあったり、そばかすのように鉄点が出ていたりします。一客一客で焼き色や模様の出方が異なり、模様がくっきりと出ていないものもあります。また、真横から見ると、わずかに歪みや傾きを感じるものもあります。お任せ発送となりますので予めご了承ください。魚料理や肉料理など大きめの銘々皿としてはもちろん、デザート盛り合わせなどに使ってもステキだと思います。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少がたつきがあるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁の部分は焦げたように発色していたり、素地の色がオレンジ色に見えるものもあります。




レース模様とスイーツは相性抜群です♪



リム部分に繊細なレースの模様が施されたお皿は、おやつをのせるとまるでレースペーパーのようにも見えて、とてもかわいらしく、且つ品よく見える気がしています。この日のおやつは、抹茶のシフォンケーキにあんこやクリーム、いちごをはさんでシフォンサンドに。鮮やかな彩りのおやつとレース模様の組み合わせが爽やかで、なんだか気持ちも明るくなりました!



明るく爽やかな春の雰囲気によく合う器なので、さらにもっと春らしさを楽しみたい!と思い、旬のいちごをふんだんに使って作った「いちごのテリーヌ」のお皿としても使ってみました♪思った通り、レース模様がキラキラ光った宝石のようなテリーヌをさらに上品に飾ってくれて、とっても華やか!ひなまつりやご卒業といったお祝いの席に並べるのにもよさそうです♪(テリーヌは17センチのパウンド型で作ってぴったりでした!)

2022年3月 オオタケ


おもてなし時の盛皿に



日に日に暖かく感じられる日が増えてきて、時にはちょっと汗ばむくらいに気温が上がる日も。
そうなってくると、サラダ的なものやちょっとさっぱりしたメニューが美味しくなってきます。
先日もまさにそんなポカポカ陽気の日があったので、大好きな生春巻きを作りました!具にカラフルな野菜を選ぶと華やかなので、これからの季節のおもてなしメニューとしてもいいですよね♪
お客様をお迎えした時に、「四角のレース皿」はちょっとおめかし感が出るのでよく使うのですが、中でも生春巻きのような色鮮やかなお料理をのせると、いっきにテーブルの主役的存在感が出る気がしています。太巻きのような和食よりのメニューでも意外とよく合うと思います。

私はパクチーが大好物なのでいつもモリモリにするのですが、苦手な人も多いのでそういう時は何種類か中身にバリエーションをつけて作ります。生ハムやクリームチーズを一緒に巻くとソースなしでも食べられて、こどもでも食べやすいようです。生春巻きのソースはスイートチリソースが一般的ですが私はあまり甘さがない方が好みなので、今回グリーンチリソースにライムをしぼってみたら…辛いけれど爽やか!でとっても美味しかったです。辛いものお好きな方にはオススメです☆
*取り皿には、レース仲間の「アッシュホワイト レース模様の小皿」を合わせて使いました♪

2019年3月 オオタケ


レースに包まれて…♪



太めのリムに余すところなくレース模様を施した器ができました。
「アッシュホワイト」の独特な色合いで、どこかアンティーク風にも見えて気に入っています。窯から上がったこの器を見て、洋風なごはんと相性が良さそう♪と、思って、キッシュを焼いた日に使ってみました。この日のキッシュはどこかのカフェで見て、ずっと作ってみたいと思っていた丸型のキッシュ。器の中央に盛り付けただけで、お料理がレースに囲まれて乙女心くすぐる雰囲気に♥優雅な気分でワンプレートごはんを楽しめました。
たまにレースの付いたドレスを着ると気分が上がる!そんな感覚と似ているかも…♪気分を上げたい!そんな日にも使ってもらいたい器です。

丸型キッシュは…
ネットで調べて、6ケ取りのマフィン型で作ってみました。マフィンやカップケーキを焼くときにしか活躍していなかった、マフィン型!今後はキッシュもたくさん作って楽しみたいと思います。
*一緒に使っている小鉢は「ホワイトグレー 葉っぱのついた小さな花カップ」です。

2018年9月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、表面に細かい鉄点がそばかすのように出ていたり、小穴があったり、細かい凹凸が見られます。模様の出方は一客一客で異なります。模様がぼんやりとしているものもあります。全体的に小穴がポツポツと見られたり、グレーっぽく発色しているのは「アッシュホワイト」の特徴です。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。表面同様に鉄点・小穴が見られます。釉薬の溜まりや流れが見られるものもあります。



重ねた時と、文庫本との比較写真です。





メタルマークにご注意ください


*この写真は「アッシュホワイト 四角のレース皿」ではありません。

ホワイトやグレー等の薄い色の器では、金属製のスプーン等で強くこすると「メタルマーク」とよばれる跡がついてしまうことがあります。
これは、陶器よりも金属の方が弱く、摩擦で欠けてしまった金属の細かいかけらが陶器の隙間に入り込んで残ってしまうというものです。
洗っても落ちない傷がついてしまいますので、金属製のカトラリーをご使用の場合はご注意ください。


当よしざわ窯の陶器は手作りのため、キレイに揃ったものをお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作していても、大きさ、形、色はすべて異なります。

買い足しをされる場合、お手元のものと新しくお買い求めになるものとは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

よしざわ窯のカテゴリ

用途や形から探す

こちらのカテゴリーからは、まだ一部の商品しか見られません。

組み合わせたらもっと楽しい!365コーデ