白釉 レースボウル

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
白釉 レースボウル

販売価格 1,500円(税込1,620円)
型番 t3171/1225
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT

お知らせ

入荷日について


サイズ
径…21センチ
高さ…5センチ



※周囲の小物は含まれません





白釉 レースボウル

アンティークレースをイメージした模様を施した、大きめサイズのボウルです。リムはひらひらのフリルのように、内側にはレース模様をふんだんにデザインしています。パニエでふんわりと広がったドレスのような…とっても清楚で温かみのある雰囲気に仕上がりました。
色は「白釉」。窯の中での変化が大きく、焼き上がって窯から出てきてみないと、どんな焼き上がりになっているのか分からない、表情の豊かな仕上がりになる釉薬です。
深さも広さもあるので、スープパスタやメインのお料理にも、サラダボウルにお使いいただくのも良いと思います。



白釉はどこか渋めで、複雑な表情を楽しんでいただける釉薬です。「きれい」「均一な色合い」がお好みの方には、おすすめできません。そばかすのような細かい鉄点や、小穴が多く見られます。模様の出方も、一客一客で異なります。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこの器も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少、がたつきがあるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁がグレーっぽく発色しているのは、「白釉」の特徴です。釉薬が薄く、素地の色が感じられる部分もあります。





家族で取り分けるラタトゥイユにも



レース特有の繊細な模様と、縁のフリルがとっても乙女な雰囲気の器です。
白釉の色合いで、どこかアンティーク風にも見えて素敵です。テーブルの上で華やかな印象をつくってくれる器だと思います。
この日は、夏野菜のラタトゥイユを盛り付けてみました。夏のテーブルに似合う!そんな気がしました。
みんなで取り分ける煮物やサラダにはもちろん、銘々に用意するパスタや丼物などにも活躍してくれそうな器だと思います。

2018年7月 ナカハラ


女子会の年越しそばに♪



和な丼を合わせたくなる年越しそばですが、「白釉 レースボウル」によそってみたら……なんだかとっても合う……!!
和洋折衷な組み合わせがうまくいったのが嬉しくて、切子硝子に日本酒と、レースのコースターを合わせました。友人たちと共に過ごすカウントダウンの夜、おうち女子会の時に、こんな風に年越しを迎えられたら楽しそうです♪

2018年12月 カワハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、細かいそばかすのような鉄点がやピンホール(小さな穴)、凹凸が見られます。施釉のハサミから垂れた釉薬の跡がポツンと残っているものや、釉薬が結晶化して白い斑点状になって見えるものもあります。模様の出方は一客一客で異なり、縁や模様の一部が焦げたように発色しているものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。細かい鉄点や凹凸、ピンホール(小さな穴)、結晶化の白い斑点は表面同様に見られます。釉薬の流れや溜まりが感じられ、濃いグレーの発色になっている部分もあります。中には、底面中央部に作業跡の凹凸が感じられるものもあります。



重ねた時と、CDケースとの比較写真です。





当よしざわ窯の器は全て手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちでも、買い足しをされる場合、お手元の器と新しくお買い求めになる器とは、色・形・大きさが異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category