商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

イ32  ホワイト マーガレット正方 深小皿

型番:a1011/0112/0000

販売価格 900円(税込990円)
購入数
カートに入れただけでは商品は確保されません。
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

※周囲の小物は含まれません。

サイズ  
縦×横…8.5〜9×8.5〜9センチ
高さ…2センチ
個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





ホワイト マーガレット正方 深小皿

マーガレットの花をイメージした、深さのある正方形の小皿です。器の形としては、派手さのないオーソドックスなものだと思うのですが、とても美しくバランスの整った印象で素敵です。
色は、ツヤのない「ホワイト」で仕上げました。角の仕上がりに個体差が見られ、四方が広がっているものや、垂れているようなものもあります(写真下2枚目)。予めご了承ください。
深さがあるので、醤油などのたれ皿としてはもちろん、薬味や箸休めの漬物を盛り付けても丁度良い大きさだと思います。凛とした雰囲気もあるので、ハレの日やおもてなしの席にも活躍してくれそうです。



模様の出方や焼き色は一客一客で異なり、グレーっぽいものや、鉄点が多くみられるものもあります。また、傾きが感じられるものもあります。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。



「マーガレット正方 深小皿」は、『ピスタチオ』『青錆釉』でも製作しています(写真下)。ご家族で色違いを使っても楽しいと思います♪



〈磁器土について〉
よしざわ窯では通常、製作する器の形状、釉薬の発色や風合い等を考慮して、6種類以上の土を使い分けています。益子並土、白土、赤土、黒土、半磁器土、耐熱土などです。
この器には、「磁器土」を使用しました。きれいな色合いというだけでなく、「圧力鋳込み」という製法との相性がとても良く、ゆがみやヒビ割れなどといった不具合が少ないので、私たちがデザインした形に近い仕上がりになってくれるからです。

圧力鋳込みで製作している素地作りの工程は、多治見の窯元さんにお願いすることになりました。プロの職人さん方のお力をお借りすることで、よりきれいな器が安定して製作できるようになりそうです。

〈圧力鋳込み製法について〉
専用の石こう型に、機械を使って強い圧力をかけた泥しょう(液体状の粘土)を流し込んで成形する製法で、たたら作りや通常の鋳込み製法では作ることが難しい形状の器も作ることができます。
ひとつの器を作るために、対になった2つの石こう型を使います。ちょうどよく乾燥させた石こう型を積み上げ、小さな穴から、強い圧力をかけた泥しょうを流し込んでいきます。1時間ほどで泥しょうが固まるので、型を開けると器の形が出来上がっています。
泥しょうの状態の細やかな管理から製作の手作業ひとつひとつが、繊細でかつ無駄がない。長年の経験や知識によって支えられた職人的な技術・製法です。


*上の写真は、多治見の窯元の作業風景です。


*上の写真は、当窯で「四つ葉のランチプレート」を作っているところです。





残り物も素敵に見せる立役者!



お弁当を作った後に残ったおかずたちをひとつのお皿に盛り合わせると、残りものとは言え、意外と立派なワンプレートごはんが出来るんですよね。
そのプレートに「ホワイト マーガレット正方 深小皿」を加えると、さらに素敵さアップ!まさか残り物とは思えない完成度の高いワンプレートごはんになるので、オススメです!




プレートの上でパラパラ散ってしまいやすいものや汁気のあるもの、まわりと味をわけたいものなどを「ホワイト マーガレット正方 深小皿」に。「白いラウンドリムプレート8寸」「チャコール ラウンドリムプレート8寸」のようなシンプルなプレートに重ねるとアクセントにもなりますし、全体的に上品な印象にまとまってとても素敵です。お店にきたような気分でおうちランチが楽しめますので、ぜひぜひお試しください♪
*写真で使用しているスープカップは「oldwhite ろくろマグ」です。

2024年1月 オオタケ


醤油皿・副菜皿・薬味皿として



栃木は餃子消費量全国でナンバーワンになるくらい、家でも外でも餃子をよく食べる文化がある気がします。我が家もそうで、家族全員餃子好きで、月に一度は必ず餃子の日があるくらいです。我が家の餃子はニラなしが定番で、基本はキャベツたっぷりで作るのですが、たまに紫蘇を入れたり、大根とお肉だけで作ることもあります。この日は定番のキャベツたっぷり餃子。餃子の日はご飯とお味噌汁と副菜だけで、餃子をがっつり食べるのが好きで、かなりシンプルな献立です。そんな時に活躍するのが、華やかな小さな器。「ホワイト マーガレット正方 深小皿」は、素朴な食卓になりがちな餃子の日にも、醤油、箸休めの漬物、薬味などを入れたりするだけで、賑やかな雰囲気を作ってくれるので頼りになる相棒になっています。漬物は、とある餃子店の真似をして、キャベツ・人参・キュウリを塩と和風だしで揉んだものを。これだけで餃子15個ぐらいペロッといっちゃうのです。「ホワイト マーガレット正方 深小皿」に合わせて、その他も白系の器でまとめるのも爽やかでおすすめです。餃子を並べているのは、「アッシュホワイト シルバーモチーフ 長八角トレイ皿」、漬物を入れているのは「白い西洋スープ鉢」です。

2022年8月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

器には、大・小の鉄点や青い点、小穴が見られます。細かい凹凸が見られ、ざらざらとした手触りのものもあります。角の仕上がりには個体差が見られ、四方が広がっているものや、垂れているようなものもあります。底面には作業跡が残っているものや、渦巻き状の線が見られるものもあります。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。



重ねた時と、文庫本との比較写真です。




メタルマークにご注意ください


*この写真は「ホワイト マーガレット正方 深小皿」ではありません。

ホワイトやグレー等の薄い色の器では、金属製のスプーン等で強くこすると「メタルマーク」とよばれる跡がついてしまうことがあります。
これは、器よりも金属の方が弱く、摩擦で欠けてしまった金属の細かいかけらが器の隙間に入り込んで残ってしまうというものです。
洗っても落ちない傷がついてしまいますので、金属製のスプーン等をご使用の場合はご注意ください。



当よしざわ窯の器は個体差があり、キレイに揃ったものをお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作していても、大きさ、形、色はすべて異なります。

買い足しをされる場合、お手元のものと新しくお買い求めになるものとは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

よしざわ窯のカテゴリ

用途や形から探す

こちらのカテゴリーからは、まだ一部の商品しか見られません。

組み合わせたらもっと楽しい!365コーデ