鳥と雲の皿

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
鳥と雲の皿

販売価格 1,100円(税込1,188円)
型番 t1232/0610
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT

お知らせ

入荷日について


※周囲の小物は含まれません

サイズ  
横×縦…14×22センチ
高さ…3センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがございます。






鳥と雲の皿

お父さ〜ん、今日はどこへ行くの〜? 先頭を行くお父さんはどこか目的地があるのでしょうか、それとも、気ままに空のお散歩でしょうか。そんな、青空を飛ぶ鳥の親子をイメージしたお皿です。形はゆるやかな雲。色は、ブルーグレーで仕上げました。ツヤのない、スモーキーな感じの青色です。そばかすのような細かい鉄点が出ていたり、小穴があったりと、その色合いは均一ではありません。深さも少しあるお皿なので、ソース程度の汁気なら受け止めてくれます。食事の時間はもちろん、おやつ皿としても。子ども用の器としてお使いいただいてもカワイイと思います。




模様の出方は一客一客で異なります。鳥の模様がくっきりと出ていないものもあります。お任せ発送となりますので予めご了承ください。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこの器も、やっぱりちょっといびつで、一客一客で大きさ・形が微妙に異なります。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少、がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。また、縁の部分は焦げたように発色しているものもあります。





厚焼き玉子をいただくときに



朝・昼・晩の三食で活躍する卵料理。朝食に食べるなら、雲にのった厚焼き玉子がいい♪ 朝から楽しい気分でご飯を食べて一日を始められそう♪大根おろしに醤油をかけて一緒にさっぱりと頂く厚焼き玉子が定番です。
食べ進めていくと鳥の親子が見えてそれも楽しいところ。子どもたちのお皿としてもかわいいかもしれません。

2017年9月 ナカハラ


子ども用にはランチプレートとしても♪



お子様のランチプレートとして使っても可愛いと思います。
「鳥と雲の皿」と同じ、飛んでいる鳥の模様を入れたシリーズ、「鳥と森のまるざら」を一緒に使って、親子でランチを楽しむというのもおすすめです!サイズ的には「鳥と雲の皿」をお子さん用、「鳥と森のまるざら」をお母さん用で使うとちょうどいいかなと思います。
最近、栗原はるみさんの料理本でコレはいい!と思った…チキンライスと卵を別々に盛り付けて作る『オム&ライス』。 プレーンオムレツとチキンライスが別々に横に並んだ姿が可愛い、さすがな発想!のレシピなんです♡
チキンライスをそれぞれのお皿に合いそうな型で…と、子ども用には「マーガレット小鉢」、大人用には「デリカップ オーバル」で型抜きしてお皿にのせて、隣にオムレツを並べました♪
食べ進めると見えてくる鳥が雲や森の中を飛んでいる模様から、親子で鳥のストーリーの続きのお話を考えながらご飯を楽しめると思います♪ぜひ親子で使ってみてください。

2019年5月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、表面全体に細かい鉄点が見られたり、凹凸や小穴も見られます。色は均一ではなく、釉薬の流れや素地の色が感じられたり、縁の部分は釉薬が薄く素地の色が分かるものもあります。また釉薬と素地の間にできたヒビ模様の「貫入」が見られるものがあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。小穴や凹凸、釉薬の流れやムラが分かる部分もあります。中には、青く発色した点が見られるものもあります。



重ねた時と、CDとの比較写真です。





当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。




トップへ戻る
pagetop

Category