ホワイトちょっと素敵なパウンドケーキ皿

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
ホワイトちょっと素敵なパウンドケーキ皿

販売価格 2,600円(税込2,808円)
型番 t1179/0610/0000
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
購入数
   


※周囲の小物は含まれません

サイズ  
外(縦×横)…22.5×31センチ
内(縦×横)…18.5×27センチ
高さ…1.5〜2センチ    
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがございます。






ホワイト ちょっと素敵なパウンドケーキ皿

平らな大きな楕円のお皿です。大きめのパウンドケーキをまるごと1本のせられる大きさです♪ なので、「ちょっと素敵なパウンドケーキ皿」。表面にはそばかすのような細かい鉄点が出ていたり、小穴が見られたりして、まるでアンティークのような…雰囲気もあります。
パウンドケーキにはもちろん、オードブルの盛り合わせや、ワンプレートにも使えそうです♪



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。多少がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁は釉薬が薄く、素地の色が感じられる部分もあります。





パン皿としても活躍



バケット1本にも使えそうな大きさです。白いお皿には、アンティークのシルバーのバターナイフを合わせるのがお気に入り。器にあわせて、カトラリーを選ぶのも楽しみのひとつです。

2015年8月 ヨシザワリエ

やっぱりパウンドケーキをのせたい!



この器以上にパウンドケーキに似合う器はない!と私は思っています・笑。
手づくりおやつの中でもよく作るのは、バナナパウンドケーキ。この日も「作業場のおやつ」にバナナパウンドケーキを焼いてみました。こんがりとおいしそうな焼き色のケーキに、優しい雰囲気のマットなホワイトカラーがとっても似合うのです。
パウンドケーキを一度この器にのせてみてください。心がちょっとウキっとするはず♪

2018年6月 ナカハラ


お買い得品も立派に!



年に一度、土用の丑の日に購入するうなぎの白焼き。昨年(2018年)は、この年に一度の大切なうなぎの白焼きを「ホワイト ちょっと素敵なパウンドケーキ皿」にのせていただきました。近所のスーパーでお買い得品になっていたものを購入したのですが、このお皿にのせたらとっても立派に見えて、お買い得品になっていたなんて思えない!
この写真をインスタにもアップしたら、「器の力ってすごいですね」とコメントをしてくださった方がいらっしゃって、とても嬉しかったです!(インスタのコメントはどなたにもお返事をしていません。ごめんなさい。でも、ちゃんと読ませていただいています。ありがとうございます!)
もうすぐやってくる土用の丑の日。今年もうなぎの白焼きをお得にゲットして、このお皿で食べようと思います!

2019年6月 ヨシザワリエ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、そばかすのような細かい鉄点や凹凸、小穴、青く発色している点が見られるものがあります。作業跡が見られるものもあり、施釉のハサミから垂れた釉薬の跡が残っているものもあります。中には、釉薬のムラがよく分かるものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。鉄点や小穴、細かい凹凸は表面同様に見られます。釉薬の流れや溜まりが感じられるものもあります。底面にも、うっすらとシマシマの模様が感じられるものもあります。



重ねた時と、CDとの比較写真です。





当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。




トップへ戻る
pagetop

Category