商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

イ3  ホワイト 草原の馬の寸胴カップ

型番:gr2012/0606s/0000

販売価格 1,100円(税込1,210円)
購入数
カートに入れただけでは商品は確保されません。
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
※周囲の小物は含まれません。

サイズ 
口径…9.5センチ
高さ…6センチ
※8分目まで約200ml入ります。
個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





ホワイト 草原の馬の寸胴カップ

寸胴型の可愛らしい形のカップの側面に馬のシルエット模様と草のパターン模様を入れ、草原にいる馬を表現しました。馬の模様は走り出すまでの姿をコマ送りにしたような…歩く姿・前足が動き出す所・走り出す姿・力強く駆けていく様子が描かれています。カップをくるくると回すとまるで草原の中で優美な馬が楽しく駆けているかの様で幻想的です♪
色はツヤのない「ホワイト」。ところどころにそばかすのように鉄点や小穴が見られます。中には細かい凹凸があり、ざらざらとした手触りのものもあります。
飲み物を入れるカップとしてはもちろん、スープやデザートを盛りつけたり、小鉢としてお使いいただくのもおすすめです。安定感があるのでお子様の器としても可愛いと思います。スタッキングでき、色々な用途で楽しめるカップなので活躍間違いなしだと思います♪
草原の風景を想像しながら楽しく使ってみてください。また馬好きな方への贈り物としてもおすすめです。



焼き色や模様の出方は一客一客で異なります。中には模様がぼんやりとしているものもあります。お任せ発送となりますので予めご了承ください。



〈磁器土について〉
よしざわ窯では通常、製作する器の形状、釉薬の発色や風合い等を考慮して、6種類以上の土を使い分けています。益子並土、白土、赤土、黒土、半磁器土、耐熱土などです。そしてこの器には、「磁器土」を使用しました。きれいな色合いというだけでなく、ゆがみやヒビ割れなどといった不具合が少なく、私たちがデザインした形に近い仕上がりになっています。

〈機械ロクロ成形について〉
機械ロクロで専用の石膏型を回転させながら成形する製法で、繊細な模様の入ったカップもきれいにそしてゆがみ少なく成形することができます。
石膏型は岐阜県の型屋さんにお願いしていて、私たちではとうてい作ることのできない細かい模様の入ったカップの石膏型も熟練の技術で私たちがデザインそして手づくりした原型そのままに作ってくれます。
そして、機械ロクロで製作している多治見の窯元さんに「粘土素地づくり」の工程をお願いすることになりました。粘土や石膏型の状態の細やかな管理から製作の作業ひとつひとつが、繊細でかつ無駄がない。素地づくりのプロの職人さんたちのお力をお借りすることで、よりきれいな器が安定して製作できるようになりそうです。


*上写真は、多治見の窯元の作業風景です。





絵本の中のワンシーンのようなひとときに♪



「草原の馬の寸胴カップ」を初めて見たとき、大好きなターシャ・テューダーの絵本「すばらしい季節」の挿絵が思い浮かびました。農場に住む一人の女の子の四季を綴った絵本なのですが、中でも、干し草作りをしている人たちと、その草を運ぶ馬たちを眺めているページがとても素敵なのです♡ そんな絵本の中の風景と、器に描かれた馬たちのいる草原の風景を頭の中で重ね合わせながら…カップにシチューを合わせてみました。人参は別で茹で、ローズマリーを使って小さな人参に見立てたものを上にのせてみたら、馬のカップと人参の相性が可愛らしくて、カップにもぴったり♪! まるで絵本の中の農場にいるような気分で朝ごはんが楽しめてわくわくしました。非日常の風景を連想させてくれるこの素敵なカップは、日々に彩りを与えてくれそうです。
カップと一緒に使ったのは「ペールグリーン 八角洋皿 中」ですが、グリーン系の器と合わせると、草原の雰囲気が増しておすすめです。 ぜひお気に入りの器との組み合わせで、ストーリーを広げながら使ってみてください♪

2022年6月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

器には、大・小の鉄点や小穴、青く発色した点が見られます。釉薬の流れや溜まりが感じられたり、細かい凹凸が見られ、ざらざらとした手触りの部分もあります。釉薬が濃い部分は模様がぼんやりとしているものもあります。お任せ発送となりますので予めご了承ください。



重ねた時と文庫本との比較写真。




メタルマークにご注意ください


*この写真は「ホワイト 草原の馬の寸胴カップ」ではありません。

ホワイトやグレー等の薄い色の器では、金属製のスプーン等で強くこすると「メタルマーク」とよばれる跡がついてしまうことがあります。
これは、陶器よりも金属の方が弱く、摩擦で欠けてしまった金属の細かいかけらが陶器の隙間に入り込んで残ってしまうというものです。
洗っても落ちない傷がついてしまいますので、金属製のスプーン等をご使用の場合はご注意ください。



当よしざわ窯の器は個体差があり、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちでも、買い足しをされる場合、お手元の器と新しくお買い求めになる器とは、色・形・大きさが異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

よしざわ窯のカテゴリ

用途や形から探す

こちらのカテゴリーからは、まだ一部の商品しか見られません。

組み合わせたらもっと楽しい!365コーデ