商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

レモンのお皿 大

型番:a1004/1223

販売価格 1,300円(税込1,430円)
SOLD OUT
入荷日案内を受け取る
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
※周囲の小物は含まれません

サイズ  
縦×横…17.5×25センチ
高さ…2.5〜3センチ
個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





※この「レモンのお皿 大」は、真っ白な「磁器土」で製作しています。以前ご紹介したものとサイズや色合いが異なりますので、ご注意ください。

レモンのお皿 大

レモンの形をモチーフに作った「レモン皿」です。
「レモン皿」には大・中・小の3つの大きさがありますが、こちらのページでご紹介するのは、大きいサイズ「レモンのお皿 大」です。リムの部分には凹凸のあるデザインを施しています。
レモンのお皿シリーズは今までたたら作りで製作してきましたが、2021年5月から、『圧力鋳込み』という製法で製作しています。
色は酸っぱさが伝わってきそうなレモン色。白い磁器土を使用しているので、たたら作りで製作していたときのものと比べてかなり明るめの発色で、とても爽やかな雰囲気に仕上がりました♪ …が、焼き色は一客一客で異なり、お皿全体に細かな鉄点が多く見られます(写真下3枚目)。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。
縁が少し上がっていますので、ソース程度の汁気のあるものならお使いいただけます。






食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁の部分は釉薬が薄く素地の色が感じられたり、細かな凹凸が見られたりするものもあります。

〈磁器土について〉
よしざわ窯では通常、製作する器の形状、釉薬の発色や風合い等を考慮して、6種類以上の土を使い分けています。益子並土、白土、赤土、黒土、半磁器土、耐熱土などです。そして「レモンのお皿」には、よしざわ窯の器では初めて「磁器土」を使用しました(2021年5月以降)。きれいな色合いというだけでなく、「圧力鋳込み」という製法との相性がとても良いこと。そしてなにより、ゆがみやヒビ割れなどといった不具合が少なく、私たちがデザインした形に近い仕上がりになっています。

〈以前の「レモン皿 大」との比較写真〉




※上写真の左は磁器土で製作したもの(現在)、右は以前に製作していたものです。
磁器土が真っ白なので、以前のものに比べてとても明るく発色しています。

そして、圧力鋳込みで製作している多治見の窯元さんに「粘土素地づくり」の工程をお願いすることになりました。素地づくりのプロの職人さん方のお力をお借りすることで、よりきれいな器が安定して製作できるようになりそうです。

〈圧力鋳込み製法について〉
専用の石こう型に、機械を使って強い圧力をかけた泥しょう(液体状の粘土)を流し込んで成形する製法で、たたら作りや通常の鋳込み製法では作ることが難しい形状の器も作ることができます。
ひとつの器を作るために、対になった2つの石こう型を使います。ちょうどよく乾燥させた石こう型を積み上げ、小さな穴から、強い圧力をかけた泥しょうを流し込んでいきます。1時間ほどで泥しょうが固まるので、型を開けると器の形が出来上がっています。
泥しょうの状態の細やかな管理から製作の手作業ひとつひとつが、繊細でかつ無駄がない。長年の経験や知識によって支えられた職人的な技術・製法です。


*上写真は、多治見の窯元の作業風景です。


*上写真は、当窯で「四つ葉のランチプレート」を作っているところです。





揚げ物のお皿に♪



2022年が始まりました。
私は、SNSでいろいろな方の華やかで豪華な食卓や美しく美味しそうなおせち料理を見て、素敵なお正月気分を満喫させてもらっていましたが、新年を迎えて3日あたりからは「そろそろ普通のごはんが恋しい…」という声を何回か目にしました。揚げ物が食べたい!とか、ラーメンが食べたい!とかって心の叫びもチラホラ。アートのように素敵でかっこいいおせち料理を食べている方たちもそんな風に感じるんだな、とちょっぴと嬉しくなってしまいました。笑

そんな声を参考にして、我が家も昨日の晩ごはんは揚げ物にしました。最近見つけて購入したレモンタルタルソースに合わせて、器は「レモンのお皿 大」に。レモンの香りにくわえてレモンのお皿が視覚的にも爽やかなおかげで、揚げ物の器として使ってもなんだかちょっとだけライトに感じられていいかもしれないなと思いました!(カロリーはそのままですが。)

2022年1月 オオタケ


レモン度満点♪



美味しいという評判を聞いていたレモンバターを購入してみたので、早速おやつのパンケーキにたっぷりと塗ってみました♪レモンといったらやっぱり器は「レモンのお皿 大」。パンケーキを盛り付けても、まだ周りに余白があったので、そこに生クリームとアイスもプラスして♡お味はもちろん文句なしに美味しいし、黄色と白で統一された見た目が優しくかわいい雰囲気で、いい気分になりました♪レモン好きにはたまらないレモンいっぱいのおやつで、おなかも心も満たされた幸せな時間でした♡

2021年8月 オオタケ





細かい部分もご確認ください

器には、大小の鉄点が多く見られ、青い点や赤い点、釉薬が結晶化した白い斑点が見られます。細かい凹凸、小穴も見られます。釉薬の溜まった部分は特に小穴が多く見られるものもあります。焼き色は一客一客異なります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。表面同様に、鉄点が全体に見られます。青い点・赤い点も見られます。釉薬の溜まりが分かる部分に小穴が多く見られるものもあります。中には、底面に波状の作業跡が見られるものもあります。



重ねた時と、文庫本との比較写真です。





メタルマークにご注意ください

*この写真は「レモンのお皿 大」ではありません。

*ホワイトやグレー等の薄い色の器では、金属製のスプーンやフォーク等で強くこすると「メタルマーク」とよばれる跡がついてしまうことがあります。
これは、器よりも金属の方が弱く、摩擦で欠けてしまった金属の細かいかけらが陶器の隙間に入り込んで残ってしまうというものです。
洗っても落ちない傷がついてしまいますので、金属製のカトラリーをご使用の場合はご注意ください。



当よしざわ窯の器は個体差があり、キレイに揃ったものをお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作していても、大きさ、形、色はすべて異なります。

買い足しをされる場合、お手元のものと新しくお買い求めになるものとは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

よしざわ窯のカテゴリ

用途や形から探す

こちらのカテゴリーからは、まだ一部の商品しか見られません。

組み合わせたらもっと楽しい!365コーデ