商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
くもかたくち

販売価格 1,000円(税込1,100円)
型番 t3233/0323
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT

お知らせ

入荷日について


※周囲の小物は含まれません。

サイズ    
径…11.5〜12.5センチ
(*口を含めた長さ…14センチ)
高さ…4.5センチ
*8分目まで約100ml入ります
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがございます。





くもかたくち

もくもくとした雲の形に、片側に注ぎ口がついた「片口(かたくち)」をつくりました。“吹き出し”の形にも見えるので、テーブルの上で他の器と組み合わせて、遊びながら使ってみたり…と、楽しい器です。
内側だけ水色の内化粧をして仕上げているので、盛り付ける部分は優しいブルーカラーになっています。全体的にそばかすのような鉄点が多く出ていたり、釉薬のムラや溜まりがよく分かるものがあります。
また、真上から見ると形がいびつなものもあります。内側や縁の焼き色も、明るい発色のものと落ち着いた発色のものがあります(写真下3枚目)。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。
片口は一見、ユニークな形で何を盛り付けたらいいだろう?と思うのですが、その使い方は幅広く、口を活かしてドレッシングやソースを注いだりするアイテムとして、そして普通のお鉢と同じように副菜や箸休めを盛り付けたりするのにも◎。また、ふわっとした雲の形が愛らしい見た目なので、ヨーグルトカップやサラダボウルとして朝食に並べたり、子どもたちの器としても可愛いと思います。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこの器も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁の部分は細かい凹凸が見られ、ざらざらとした手触りのものもあります。





動物の器と組み合わせて♪



もくもくとした雲の形に、口をつけたので、“吹き出し”の形にも似ている器です。”動物シリーズ”と一緒に使うと、たちまちテーブルの上に小さなお話の場面ができます♪ 「ホワイトグレー シロクマ皿」「ホワイトグレー 子グマ皿のセット」を一緒に並べて、朝食を楽しみました。グラノーラとヨーグルトを盛り付けて、クマの隣に置いたら、まるで親グマが子グマに何か話しかけているかの様で可愛いワンシーンになりました。子どもたちと相談しながら、好きな“動物シリーズ”と組み合わせてセットを作っても楽しいと思います。
その他にも、副菜やサラダを盛り付けて毎日の食卓に並べたり、ドレッシングやソース入れとして…など幅広く使える器です。

2020年3月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、細かい鉄点や小穴、凹凸が見られます。釉薬の流れやムラが分かるところや、釉薬が薄く感じられる部分もあります。縁の部分は焦げたように発色しているものや、土に含まれる成分が表出しているものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。小穴や鉄点が多く見られたり、全体的に釉薬の流れや溜まりがよく分かるものもあります。また、底面には道具跡が残っているものもありますので予めご了承ください。



重ねた時と、文庫本との比較写真です。





メタルマークにご注意ください

*この写真は「くもかたくち」ではありません。
ホワイトやグレー等の薄い色の器では、金属製のスプーン等で強くこすると「メタルマーク」とよばれる跡がついてしまうことがあります。
これは、陶器よりも金属の方が弱く、摩擦で欠けてしまった金属の細かいかけらが陶器の隙間に入り込んで残ってしまうというものです。
洗っても落ちない傷がついてしまいますので、金属製のスプーン等をご使用の場合はご注意ください。



当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category