商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

oldwhite いちごのお皿

型番:t1580/0622

販売価格 1,000円(税込1,100円)
SOLD OUT
入荷日案内を受け取る
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
*周囲の小物は含まれません。

サイズ  
縦×横…16×12.5センチ
高さ…2センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





oldwhite いちごのお皿

みんなが大好きないちごをモチーフにした器が出来ました! ドットの凹凸で表現したつぶつぶの種の部分とかわいらしいヘタの部分が特徴的で、まさに「いちご!」な仕上がりによしざわ窯メンバーみんな満足しています♪
愛らしい形と「oldwhite」の組み合わせで、落ち着いたかわいさがちょうどいい感じの「いちごのお皿」。この器の焼き上がりを見たときには、ちょっと大袈裟ですが、新境地にたどり着いた!感がありました。実は、このヘタの部分と実の部分との色分け作業は、難しいかな…、できないかも…と思っていたんです。…でも、つくりメンバーたちの「泥がけ」の技術アップのおかげで実現することができました!アッパレみんな!ありがとう!
デザート皿、副菜皿、取皿として…食卓に登場させれば、ちょっとかわいらしさがプラスされること間違いなしです。お子様用の器として使うのもとってもかわいいですね♡



「oldwhite」シリーズは、どこか古ぼけたような感じのする色合いです。全体的にツヤはなく、クリーム色とこげ茶色・赤茶のツートンになっていて表情豊かです。また、一客一客で焼き色・模様の出方は異なります。茶色がこげ茶色のように発色しているもの、白っぽく焼けているものもあります。中には、お皿の中央が少し膨らんでいるものもあります。お任せ発送となりますので予めご了承ください。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこの器も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少、がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁には細かい凹凸があり、ざらざらとした手触りの部分や、釉薬が縮れて素地が見えている部分が見られるものもあります。





いちごの取皿♪



かわいいいちごのお皿が出来上がったので、彩りもキレイないちごのサラダを作って取皿に使ってみたのですが…「かわいい…♡」と思わず声に出してしまいました…。だって、サラダを取り分ける時の取皿がいちごの形だなんて、乙女心揺さぶられませんか!?声を大にしてこのかわいさを伝えたい!そんな気持ちです。笑 …とは言っても、oldwhiteの落ち着いた色のおかげでほどよく食卓に馴染んでくれるので、かわいすぎることもありません。
形のかわいさだけではなく、しっかりとした立ち上がりがあるのでドレッシングなどの汁気もバッチリ受け止めてくれますし、片手で持つのにちょうどいいサイズも取皿として優秀です。
ぜひ実際に、乙女心揺さぶられてみませんか♡?
*盛皿に使っているお皿は、「白い洋まる平皿」です。

2019年6月 オオタケ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、大・小の鉄点や小穴、細かい凹凸が見られます。釉薬のムラや溜まりが見られる部分や、釉薬が薄く、素地の色が感じられる部分もあります。化粧泥をかけた白い部分には、気泡の跡が丸い小穴になって残っているものがあります。模様の出方や焼き色は一客一客で異なり、中には、一部がほんのりピンク色に発色している「御本」が見られるものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。鉄点や小穴、多少の凹凸が見られます。釉薬の流れやムラも良くわかります。中には、底面に作業跡が黒く残っているものもあります。



重ねた時と、文庫本とのサイズ比較写真です。





当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ずご利用ガイドのページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category