水色 オーバル格子小花プレート

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
水色 オーバル格子小花プレート

販売価格 1,200円(税込1,296円)
型番 t1529/0412/0000
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
購入数
   


※周囲の小物は含まれません。

サイズ  
内 (縦×横)…9.5×14.5センチ
外 (縦×横)…15×20センチ
高さ…1.5センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがございます。





水色 オーバル格子小花プレート

リムの部分に、格子と花のデザインを施したお皿です。色は「水色」。グレーっぽく発色しているものや、青みの強いもの、白っぽく感じられるものと表情豊かで、優しい色合いです。表裏ともに、ピンホール(小さな穴)や大小の鉄点が見られ、釉薬の流れや溜まりが感じられるものもあります。焼き色や模様の出方は一客一客で異なります(写真下3枚目)。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。
少し深さがあるのでソース程度の汁気なら受け止めてくれます。
可愛らしい器に落ち着いた水色を合わせたら、和にも洋にも似合いそうな雰囲気に♪おかずの取り皿、銘々に用意する副菜皿、デザート皿にしてもステキだと思います。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁はグレーっぽく発色しているものもあります。予めご了承ください。




餃子1人前にぴったり♪



リムの小花模様が料理を引き立ててくれるので盛り付けるときや、食べている間も楽しい気分にさせてくれる器だと思います。今回の“餃子会”に合わせて「水色」の釉薬を掛けてみたら、上品さのある雰囲気に。和にも洋にも似合いそうなので使い道が多そうです♪
まずは餃子を。1人前(6ケ)にぴったりサイズなんです。餃子をのせてみたら、なんだか素敵な中華料理屋さんででてきそう…なんて・笑。
ぜひ銘々に餃子を用意する時や、餃子会を楽しむ時に取り皿としても使ってみてください。



先日、東京下町をぶらり散歩してきたときに浅草寺で購入した人形焼きをこの器で。和菓子にもとてもよく似合いました。取り分け皿や副菜皿としてだけでなく、デザートをいただくときにもたくさん使えそう♪次は洋菓子をのせてみようかなと思います。

2018年11月 ナカハラ


おやつの時間にも♪



リムいっぱいに入った格子小花のデザインが可愛い一皿なので、可愛いデザートと合わせるのもおすすめです。
楕円の横に広い形を活かして、真ん中にお菓子をのせるだけでなく、カトラリーを添えたり、クリームやフルーツを添えたりもできるので便利です。この日は旬の苺を使ったマフィンと一緒に苺を2粒並べてみました。フルーツをちょこっとプラスしただけで贅沢なおやつの一皿が出来上がりました♡
模様や形を楽しみながら使ってみてください♪

2019年4月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、表面に細かい鉄点や青く発色した点が出ていたり、小穴や凹凸も見られます。ピンホール(小さな穴)や細かい凹凸、大小の鉄点が見られるものがあります。中には、釉薬の溜まりが感じられるものや、焦げたように発色しているものもあります。焼き色や模様の出方は一客一客で異なり、中には釉薬が濃く模様がはっきりと出ていないものもありますので予めご了承下さい。縁の部分は凹凸があり、ざらざらとした手触りのものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。ピンホール(小さな穴)が見られたり、釉薬の流れや溜まりが分かる部分もあります。



重ねた時とCDとの比較写真。





当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。
のページをご覧ください。




トップへ戻る
pagetop

Category