春のリース皿 湖畔

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
春のリース皿 湖畔

販売価格 1,000円(税込1,080円)
型番 t1154/0205
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT


サイズ  
外径…14センチ
内径…10センチ
高さ…2センチ



※周囲の小物は含まれません。





春のリース皿 湖畔 / 春季限定製作

リースをイメージした、リムの部分に立体的に植物模様を入れた小皿です。色はレイクグリーン。湖の水面のような色合いです。「春の森、植物たちが芽吹いてきた湖畔」…。そんな雰囲気に仕上がったかな…と思います。また焼き色や模様の出方は一客一客で異なります(写真下3枚目)。緑に近いものと、水色に近いものがあります。お任せ発送となりますので、あらかじめご了承ください。




当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。また、多少がたつきが見られるものもあります。予めご了承ください。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

当窯の器は、釉薬をかける時に釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は、「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁の部分は釉薬が薄く素地の色が感じられたり、細かい凹凸が見られ、ざらざらとした手触りのものもあります。





花より団子



春は色々な花が咲いて嬉しくなります。が、やはり「花より団子」。甘いモノの方が優先です。…ということで、甘いモノを食べるためのお花のお皿が欲しいな…。と思い、リースをイメージした小皿を作りました。和菓子にも洋菓子にも似合うと思います♪
もちろん、食事の時間に使っていただいても大丈夫です。少しだけ深さがあるので、ソース程度の汁気なら受け止めてくれます。取皿としてお使いいただいても良いと思います♪

2015年3月 ヨシザワリエ



春爛漫なランチを楽しむ時に♡



まだ外は寒い日が続きますが、冬のはじめに植えた球根の芽が少しずつ出てきていたり、鳥が元気よく空を飛ぶ姿を見ると、春が近づいているのを感じます。
「春のリース皿」は模様と色が異なる「湖畔」と「春霞」の2種類があります。毎年この時期限定で一緒にご紹介しているので、セットで使うのも可愛くておすすめです。
春らしい2色の器たちからインスピレーションを受けて…桜の塩漬けと、枝豆とかつお節を使った2種類の手毬寿司を作って、待ち遠しい春を想いながらランチにしてみました。



枝豆とかつお節の手毬寿司は「湖畔」に、そして桜の手毬寿司は「春霞」に。
どちらも晴れやかな印象を持っているので、ひなまつり、入学、卒業などのハレの日にも1年通してたくさん使いたくなる器です。1種類でもとっても可愛いですが、2種類を一緒に使うとテーブルの上が春爛漫な雰囲気になって素敵です♪
春の訪れを感じながらぜひ使ってみてください♡

2019年2月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、表面に細かい鉄点や凹凸、小穴が見られるものもあります。素地が感じられる部分や、釉薬の流れがや溜まりが見られる部分もあります。釉薬と素地の間にできたヒビ模様の「貫入」が見られるものもあります。予めご了承ください。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。小穴があったり、釉薬のムラや溜まりが分かる部分もあります。 また、素地の色が感じられる部分や「貫入」が見られるものもあります。



重ねた時と、CDとの比較写真です。 リムの部分がデコボコしているので、重なりますがグラグラします。重なるというよりは、のる という感じです。大きさ・形・焼き色は一客一客で異なります。模様の入り方も、一客一客で異なります。





当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

オーダーの前には必ず、「ご注文の前に」のページをご覧ください。







トップへ戻る
pagetop

Category