商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

ホワイト オーナメント皿

型番:t1321/1202

販売価格 1,500円(税込1,650円)
SOLD OUT
入荷日案内を受け取る
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
※周囲の小物は含まれません。

サイズ
外(縦×横)…17.5×23センチ
内(縦×横)…10.5×15センチ
高さ…3センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





ホワイト オーナメント皿 / クリスマス限定製作

クリスマスに飾るオーナメントをモチーフにした器です。
ちょっと横長の六角形。存在感のあるダブルの縁にはドットを施し、中央に大きな結晶模様を入れました。冬の雰囲気いっぱいで、大人っぽさとかわいらしさのどちらも感じられるお皿になりました。
色はツヤのないホワイト。全体的にそばかすのような鉄点が多く見られ、釉薬の流れやムラもよく分かるところがあります。
ケーキ皿としても、お肉料理やお魚料理などの銘々皿としても使いやすいサイズです。冬の食卓やクリスマスのテーブルをとても素敵に飾ってくれるお皿だと思います。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。多少、がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁の部分は、釉薬が薄くオレンジ色に発色しているものもありますので予めご了承ください。





クリスマスのオードブル皿としても



12月に入り、いよいよクリスマスが近づいてきました!今年のクリスマスディナーには何を用意しようかな?なんて考え始めている人も多いのではないでしょうか。最近本をペラペラめくっていて見つけたメニュー『焼きカマンベールのサラダ』は、表面をカリッと焼いた熱々のチーズの上にのせた、冷たい野菜ソースの色がまるでクリスマスツリーのようで、クリスマスディナーのテーブルに並べるのにピッタリだなぁと思いました。盛り付ける器に「ホワイト オーナメント皿」を使えば、もうクリスマスの雰囲気たっぷり!みんなで囲む賑やかなクリスマスパーティーであればかわいらしく、白ワインに合わせてゆっくり静かに楽しむクリスマスシーンであれば大人っぽく、ガラリと雰囲気を変えて見えるから不思議!

2021年12月 オオタケ


クリスマスのオーナメントを飾り付ける日に。



ツリーを飾る時、オーナメントをどの位置につけようかなと考えるのが楽しい瞬間♪ツリーが完成してこの器でゆっくりお菓子やお食事を楽しみたくなりました。12月に飾りつけが終わったら開けよう!と楽しみに冷蔵庫の奥に隠しておいた「romi-unie」さんのクリスマスフルーツケーキをおやつに。スパイスの香りとほどよい甘さがたまらなくて、「ホワイト パッチワーク花皿 豆」に少しずつ取り分けてゆっくりいただきたいお味でした。クリスマスを迎えるのがいっそう楽しみになりました♪

2016年12月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、そばかすのような鉄点が全体的に出ています。ピンホール(針で刺したような小さな穴)や、凹凸が見られるものもあります。また、釉薬が薄く素地の色が分かる部分はオレンジ色に発色しているものもあり、釉薬の流れやムラが分かるものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。全体的にそばかすのように鉄点が見られ、青点が出ているものもあります。また、ピンホールや釉飛び、釉薬の流れや溜まりが分かる部分もあります。中には、底面に道具跡が見られるものもあります。



重ねた時と、文庫本との比較写真です。





メタルマークにご注意ください


*この写真は「ホワイト オーナメント皿」ではありません。

ホワイトやグレー等の薄い色の器では、金属製のスプーン等で強くこすると「メタルマーク」とよばれる跡がついてしまうことがあります。
これは、陶器よりも金属の方が弱く、摩擦で欠けてしまった金属の細かいかけらが陶器の隙間に入り込んで残ってしまうというものです。
洗っても落ちない傷がついてしまいますので、金属製のカトラリーをご使用の場合はご注意ください。



当よしざわ窯の陶器は手作りのため、キレイに揃ったものをお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作していても、大きさ、形、色はすべて異なります。

買い足しをされる場合、お手元のものと新しくお買い求めになるものとは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

よしざわ窯のカテゴリ

用途や形から探す

こちらのカテゴリーからは、まだ一部の商品しか見られません。

組み合わせたらもっと楽しい!365コーデ