商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
あめ色 クリスマスリース皿

販売価格 2,900円(税込3,190円)
型番 t1318/1125
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT

お知らせ

入荷日について


※周囲の小物は含まれません。

サイズ  
外(縦×横)…23.5×31〜2センチ
内(縦×横)…16×23センチ
高さ…1センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





あめ色 クリスマスリース皿 / クリスマス限定製作

リムの部分に、冬のリースをイメージした立体的な植物模様を入れたオーバルの大皿です。色はツヤのある「あめ色」。益子の伝統来な釉薬を使用しました。益子の飴釉は温かみのあるとても良い色。寒い時期に使っていただく器にはピッタリの色合いだと思います。尚、焼き色は一客一客で異なります(写真下3枚目)。お任せ発送となりますので予めご了承ください。
縁に施したクリスマスを意識したヒイラギや松ぼっくりが素敵です。クリスマス時期にケーキやチキン、オードブル色々な使い方を楽しめそうな感じです。色・形・デザインに存在感があり、豪華なテーブルコーディネートにしてくれそうな気がして気に入っています。クリスマスにこんな器があったらいいな…を叶えてくれる一皿です♪



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。また、多少がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は、「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。また、縁の部分はざらざらとした手触りのものもあります。





ローストビーフにも



冬になると食べたくなるローストビーフ。ローストビーフに合うお皿がなかなかないな…なんて思っていたけど似合う器ができた!と嬉しくなって、早速のせてみました。オーバルの形にはスライスしたローストビーフが並べやすく、「サマ」になる感じがします♪ サラダやケーキなども合いそうで、この時期ならではのお料理を色々楽しめそうです。

2016年11月 ナカハラ


お気に入りメニューでクリスマスの一品を♪



クリスマスには、チキンを並べたり、オードブルを盛り付けたりするのにとてもぴったりな器です。そんな定番料理にはもちろん、みんなで取り分けるサラダや副菜などにもおすすめ。リムが少しだけ立ち上がっているので、汁気のあるものにも使えるところがお気に入りのポイント。大好きなメニューのひとつ、「ミートボールのトマト煮込み」を盛り付けてみたら、普段のメニューもたちまちクリスマス仕様に早変わり♪! 盛り付けるだけで、テーブルに季節感を届けてくれる…そんな頼りになるアイテムでこの時期活躍間違いなしの一皿です。クリスマスまでのカウントダウンに楽しむシュトーレンなどもこの器に合わせたくなる雰囲気ですし、あたたかな料理との相性がいいので、クリスマスだけでなく冬のメニューにもたくさん使えると思います。 まずは冬のお気に入りメニューに使ってみてください。

2019年11月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、表面に細かい鉄点が出ていたり、小穴や細かい凹凸が見られます。表面には結晶のような白いつぶつぶが見られるものもあります。また、縁の部分はざらざらとした手触りの部分もあります。中にはハサミ跡が見られるものや、釉薬の流れやムラが大きく分かるものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。ピンホール(小さな穴)がある部分や、釉薬の流れや溜まりが分かるところもあります。 デザインが複雑な部分はたたき跡のへこみが大きく分かるものもあります。また、中には底面の部分が黒っぽくなっているものもありますので予めご了承ください。



重ねた時とCDケースとの写真です。







クリスマスリース皿ができるまで

ナリヨシさんに「チキンをまるごとのせられそうな大きなオーバルのリース皿」をという内容でお願いをしてラフ案をおこしてもらいました。3枚の素敵なデザイン画ができあがってきて、ラフ画だけでメンバーみんなから感嘆の声。
感動的な美しさで、こんな素敵なデザインが大きいオーバル皿に施されたら…と想像するだけでワクワクが止まりませんでした。



両サイドにリースデザインがあるもの、全面に模様がびっしりあるもの、ツタ模様の上にちょこっとリースデザインがあるもの。
どれも素敵だったので作業場メンバーにもお気に入りの一枚に投票してもらうことにしました。
「投票して!」と言ったところ、「全部いい♪」と3枚全てに票を入れるメンバーもいたり・笑。

なかなか決まらず最終的に、みんなの意見をまとめて「全面的に模様がありつつも、ヒイラギや細かい葉っぱが模様をつなぐ感じであまりゴテゴテとしていないデザイン」ということでナリヨシさんに再度描いてもらいました。



この最終デザイン画を基に器が出来上がりました。
模様にはヒイラギや松ぼっくり、ポインセチアなどが描かれています。じっくり見てみてくださいね♪

2016年11月 ナカハラ



当よしざわ窯の器は全て手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちでも、買い足しをされる場合、お手元の器と新しくお買い求めになる器とは、色・形・大きさが異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category