ソーダブルー 輪花皿 アネモネ

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
ソーダブルー 輪花皿 アネモネ

販売価格 800円(税込864円)
型番 t1314/1009
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT


サイズ  
径…13センチ
高さ…1.5センチ



※周囲の小物は含まれません。






ソーダブルー 輪花皿 / 秋冬限定製作

愛らしい「アネモネ」の花をモチーフにした可憐な雰囲気のお皿です♪ 色は爽やかな「ソーダブルー」。焼き色や模様の出方は一客一客で異なります(写真下3枚目)。白っぽいものやくすんだものがあります。お任せ発送となりますので予めご了承ください。全体的に細かいそばかすのような鉄点も見られたり、釉薬の流れやムラが分かる部分があります。
ケーキ皿としてはもちろん、おかずなどの銘々皿としてもお使いいただけると思います。




現在製作している「輪花皿」は3種類。この時期限定で、それぞれに秋のニュアンスを表現してくれる花色「ピスタチオ」・「ソーダブルー」・「プルーン」の釉薬を掛けてご紹介しています。3つ並べると…なんだかお花の雰囲気が、落ち着いた感じのもの、静かな感じのもの、可愛らしい感じのものになったのでどこか3姉妹を思わせるような器たちだね!と編集メンバーで盛り上がりました。どれも、秋のテーブルコーディネートの「華」になってくれる器だと思います。

「ピスタチオ 輪花皿 アイリス」
「プルーン 輪花皿 クリスマスローズ」



ネットで見てずっと気になっていた「FUKU+RE」さんという鹿児島のお店からお取り寄せしたケーキを輪花皿にのせて♪ 可憐なお花の器にはかわいいケーキがぴったり。鹿児島の郷土菓子「ふくれ菓子」を昔ながらの手法と地元の素材を活かして新しいスタイルの蒸菓子に発展させたお菓子を販売している「FUKU+RE」さん♪届いた箱を開けてみるとケーキの表面にデザインが施されていて、まるでマスキングテープのような感じのかわいさ*!作業場メンバーみんなで色々な味を楽しみました。アーティスティックなケーキだけど懐かしい味がなんとも言えない美味しさでおすすめしたい一品です。
かわいいお菓子を見つけた時は輪花皿で・・・という楽しみが増えそう♪(2016年11月 ナカハラ)

比較的平らなお皿なので針金を付けて壁掛けにしてもかわいいかもしれません。(※写真の器は「ソーダブルー輪花皿」です)



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。また縁の部分は焼き色が強く、焦げたように発色しているものもあります。





朝食のフルーツ皿としても



我が家はいつも朝食は絶対パン。夫婦揃ってお休みの日曜日にはパンと一緒に楽しむスタメンたちを準備。
スクランブルエッグ、ウィンナー、野菜そして果物。
ホテルの朝食っぽく“ちょっと贅沢風”にして日曜日の朝を楽しみます。
シンプルな器に用意するのもなんだかホテル風?とか思ったりします・笑。
そんな時はひとつ可愛い器をプラス。
ソーダブルーの鮮やかなカラーを掛けたアネモネの小皿にフルーツを盛り付けたら、元気が出るテーブルに!
フルーツ皿だけでなく、取り皿やケーキ皿としても素敵です。

2018年10月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、表面に細かい鉄点が出ていたり、小穴があったり、細かい凹凸があったり、施釉の指跡があったりします。また青く発色した点が見られるものもあります。縁の部分は焦げたように発色しているものもあります。



また、表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。ピンホール(小さな穴)や、釉薬の流れが分かる部分、釉薬が溜まった部分もあります。



重ねるとこんな風。






当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。 同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

オーダーの前には必ず、「ご注文の前に」のページをご覧ください。




トップへ戻る
pagetop

Category