ガレット・デ・ロアの器

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
ガレット・デ・ロアの器

販売価格 1,100円(税込1,188円)
型番 t1217/0108/0000
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
購入数
   


サイズ
外径…18センチ
内径…15.5センチ
高さ…2.5センチ  



※周囲の小物は含まれません





ガレット・デ・ロアの器 /1月限定製作

1月6日の公現祭(キリスト教のお祭り)に由来する、フランスの伝統菓子「ガレット・デ・ロア」。アーモンドクリームのパイが一般的で、その中には「フェーヴ」と呼ばれる小さな陶器が1つだけ入っています。切り分けたガレットの中にフェーヴが入っていた幸運な人は、王冠をかぶり、その日の間は王様や女王様になる資格が与えられる……という、とても楽しい風習を持ったお菓子です。今ではお正月から1月いっぱい何度でも「ガレット・デ・ロア」を食べるようになり、パン屋さんやお菓子屋さんにもたくさん並んでいるそうです。そんな「ガレット・デ・ロア」をイメージしたお皿です。
1月にはこのお皿でお菓子を食べる!なんてしたら楽しいかなと思います♪



色は「あめ色」。益子の伝統的な釉薬「あめ釉」をかけました。焼き色は一客一客で異なり、釉薬の濃淡が感じられるものや、釉薬と素地の間にできたヒビ模様の「貫入」が見られるものもあります。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。



フェーブは、今年も干支にちなんで製作しました。2019年の干支は、十二支の十二番目、亥です。褐色で固い毛をもつイノシシらしさを表現したくて、赤土で製作してみました。窯から出てきたイノシシたちには銘々に焼き色がついて、個性豊かな仕上がりです♪
よしざわ窯オリジナルフェーヴは、ラッピング用チャームと同じくらいの大きさ(4×4センチ程)です。「ガレット・デ・ロアの器」1客につき、フェーブを1個お送りします。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少、がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁には細かい凹凸があり、ザラっとした手触りの部分や、焦げたように発色している部分もあります。





やっぱり焼き菓子をいただくときに…



「ガレット・デ・ロア」の表面に施される模様は何種類かあり、伝統的には、渦巻き模様、矢羽模様、月桂樹、ひまわりがあるそう。その中から、勝利を意味するという月桂樹模様にしました。
色は「あめ釉」で仕上げ、おいしそうです(笑)。やっぱり焼き菓子をいただくときに使いたいな…と思います。
*王冠は付きません





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、小穴や細かい凹凸が見られます。釉薬の濃淡や溜まり、釉薬と素地の間にできたヒビ模様の「貫入」が見られるものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。表面同様に凹凸や小穴、貫入が見られ、焦げたように発色している部分もあります。釉薬の流れや溜まりが分かるものもあります。



重ねた時と、CDケースとの比較写真です。





当よしざわ窯の器は全て手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちでも、買い足しをされる場合、お手元の器と新しくお買い求めになる器とは、色・形・大きさが異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category