オトナミドリ 洋まる小皿

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
オトナミドリ 洋まる小皿

販売価格 800円(税込864円)
型番 t1097/1117
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT


サイズ  外径…13センチ
      内径…10センチ
     高さ…1.5センチ



※周辺の小物は含まれません。





オトナミドリ 洋まる小皿

ヨーロッパアンティークのお皿をモチーフにした形です。「オトナミドリ」で仕上げました。「シック」な雰囲気を持った「緑色」の器を作りたい…。「オトナミドリ」は、そんな思いを持って長い間試行錯誤の末、やっと出来上がった色合いです(実は「オリーブグリーン」も、その過程で出来上がった色でした)。テーブルの上で、しずかな存在感を放ってくれる…そんなお色です。

そして、このシックな緑色の釉薬を、「洋まる小皿」にかけたのにも理由があります。
形が派手な器を、白や黒ではない、 落ち着いた「色」で仕上げてみたい…と思いました。

この色が出来上がったときから、製作メンバーは「大人みどり」と呼んでいたので、編集メンバーも、自然とそう呼ぶように…。初めて皆さんにご紹介する際には、改めて名前について考えたのですが、やっぱり「大人みどり」が一番しっくりくる…ということになり、 表記は、カタカナで「オトナミドリ」になりました。

色合いは、チャコールグレーにとても近く緑色っぽい濃いグレーと言っても良いかもしれません。下の方に掲載している、「チャコール」のお皿と一緒に撮影している写真をご覧いただくと、グレーよりも緑がかっているというのがお分かりいただけるかな…と思います。焼き色は一客一客で異なります(写真下3枚目)。予めご了承ください。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少がたつきが見られるものもあります。




「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁の部分は、釉薬が薄くなっていて黒っぽく見える部分もあります。「洋まる小皿」は比較的平らなお皿ですが、一客一客で、縁の作り具合が異なります。





「洋皿シリーズ」の器の使い道が広がりそう!



女性メンバーの間で、「洋皿シリーズ」は好きだけど、普段の食事の時、他の器と合わせるとちょっと浮いてる気がするなぁ…、という事が話題になったことがありました。好きだけど上手く使いこなせていない感じが、もどかしく思っていました。
でも、派手な形の器を落ち着いた色で仕上げた「オトナミドリ 洋まる小皿」を使うと、他の器との組み合わせに幅が広がっていくような気がします。 「チャコール」と合わせると一気にオトナ度が増してシックに。 「ホワイト」との組み合わせは一言で表すと、さわやかオトナ。この2色との相性がとても良いと思います。

*「オトナミドリ」は、緑がかったグレーといった感じの色なのですが、写真左上の「チャコール 楕円洋皿・大」と、写真右下の、チャコール色の「ちょっと素敵なパウンドケーキ皿」と比較していただくと、緑っぽい感じ…というのが分かっていただけるかな…と思います。



写真左は、縁の部分に凹凸のドットのデザインがある洋皿シリーズ。(下・「チャコールパウンドケーキのお皿」、上・「ホワイト八角洋皿・中」)この組み合わせは、程よく洋風。頑張らずに使えそうです。^^

写真右は、「チャコール楕円洋皿・大」(右上)と「オトナミドリ洋まる皿・大(左上)」 「ブルーグレー楕円洋皿・中(左下)」で並べてみました。同じデザインで合わせて、しっかり洋風にするのも、いつもと違った雰囲気でステキかなぁ〜って思いました。
こうして並べてみると「オトナミドリ」、「ブルーグレー」との組み合わせもステキ。^^






お菓子のお皿としても



比較的平らなお皿なので、菓子皿としてもピッタリだと思います。このお皿にのせると、お菓子もシックでリッチな雰囲気に! もちろん、食事の時間の取皿として、銘々皿としてお使いいただいてもステキだと思います♪
この日は、一度買ってみたいと思っていた「NUMBER SUGAR」のキャラメルをお皿にのせていただきました。 「NUMBER SUGAR」のキャラメルは、バニラやソルト、シナモン&ティーなど、色々なお味があるのですが、味ごとに「No.1」「No.2」と書かれたペーパーに包んであるんです。数字モチーフ好きの私としては、ぜひ欲しい!と思い、はるばる表参道のお店まで行ってみました〜! お店で手作りされているキャラメルは、濃厚で口に入れるとすぐに溶けてしまう感じ…。見た目だけでなく、お味も抜群でした♪

2014年 7月 ヨシザワリエ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、表面に細かい鉄点が出ていたり、小穴があったり、 細かい凹凸があったり、白っぽくなってる部分もあります。また、縁の部分など釉薬が薄く素地が見えているところや釉薬が溜まり濃くなっている部分もあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。凹凸がある部分や釉薬の流れが分かる部分、釉薬が薄くなっている部分もあります。



重ねるとこんな風。比較的、きちんと重なります。





当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

オーダーの前には必ず、「ご注文の前に」のページをご覧ください。




トップへ戻る
pagetop

Category