よしざわ窯について

器は使ってこそ生きるもの。〜It's best to leave the dishes on the table.〜 お店の名前「on the table」はここに由来しています。手作りの陶器・和食器を、ぜひ毎日の食卓でご愛用ください。

生活陶器「on the table」とよしざわ窯について

生活陶器「on the table」は 益子焼窯元「よしざわ窯」のウェブショップです。

「独身時代から、器を買い集めることが好きだった私は幸運にも益子焼の窯元に嫁ぎました。
そこで知ったことは、手作りの陶器も窯元直売ならこんなに手頃な価格で買える!ということ。 そこで、「器好きな人たちにもっと気軽に陶器を買って欲しい」 そんな思いで生活陶器「onthetable」を開店しました。良い器をできるだけ手頃な価格でそして、毎日のテーブルで使ってほしいと思っています。
It's best to leave the dishes on the table.(器は毎日の食卓で使ってこそ)

〜2003年4月 吉沢理恵/開設当時のホームページのあいさつより」

家族や友人を中心に少しずつメンバーが増え、現在は30名ほどで運営しています。
仕事の内容をおおまかに分けると、 生地製作担当、仕上げ担当、釉薬掛け・窯焼き担当、 検品や発送業務の担当、お客様応対担当、写真撮影など編集担当といった具合です。
アイデアを出して、型をつくり、生地をつくり、釉薬をつくり・・・メンバーみんなでできることをちょっとずつ持ち寄りながら器づくりをしています。

「どんな器をつくろうか」って考える。
女性メンバーを中心にどんな器をつくっていつごろ紹介するか予定を立てます。

よしざわ窯の器の大部分のデザインを担当しているのが「成良恵奈(ナリヨシアヤナ)」です。
造形作家として活動している傍ら、当窯の器の形づくりの中心になってくれています。
「こんな器がほしい」というアイデアを具体的な形に。

「生地(素地)製作」〜たたらづくり〜
板状にした粘土を石こう型に押し当てて成形します。
実はよしざわ窯メンバーの3分の2は女性なんです。
「使う」ことを真ん中に置いて考え、つくっています。

「生地(素地)製作」〜機械ロクロ〜
カップやまるいお皿、どんぶりなどはこういう風につくられます。

作業場の雑景。あんな仕事もこんな仕事も。器づくりで一番大事なことのひとつは働く場所「作業場」が「なかなか居心地がいい」ことです。もちろん夏は暑く、冬は寒いのですが少しでも居心地がよくなるよう男性メンバー中心に作業場に手を加えます。庭木の剪定だって・・・

益子町の民芸店「やまに大塚」で販売しています。益子にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

春と秋の年2回開催される陶器市にも出店しています。
春はゴールデンウイーク、秋は10月末から11月初めにかけて開かれます。

よしざわ窯の器づくり

わたしたちの仕事は「器をつくって販売する」ということなのですが、その大きなくくりの「仕事」はたくさんの小さな仕事の集まりでできていて、実際にわたしたちが毎日取り組んでいるのはそれらの「小さな仕事」です。
たとえば、「どんな器をつくろうか」と話し合ったり、生地をつくりながら世間ばなしをしたり、ラジオを聴きながら仕上げ作業をしたり、釉薬のことについて立ち話をしたり、考え込んだり。料理をつくったり、雑誌を読んだり、こうして文章を考えたり、空や森や田んぼを眺めたり。どれもこれも大事な小さな仕事です。
これらの細かくて小さな仕事のひとつひとつにみんなで機嫌よく取り組んでいけたらいいなぁと思っています。

運営会社概要

  • 社名:株式会社よしざわ窯
  • 所在地:栃木県芳賀郡益子町益子3546
  • 資本金:500万円
  • 設立:2014年12月
  • 代表者:代表取締役 吉沢泰久
pagetop

会員ログイン

  • よしざわ窯について
  • ご利用ガイド
  • 初めてのお客様
  • ラッピング
  • よくあるご質問
商品一覧

営業時間

午前9時〜午後4時
土・日・祝日はお休みです。

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

Blog・Tumblr

  • ヨシザワガマの素
  • 作業場から
  • オオタケさん家の家族ごはん

+オオタケさんが撮影した「日々ご飯」をツイートしています。

+使用している器は、現在ご紹介中のものもありますが、完売のもの、廃盤のものもあります。どうぞご了承ください。