商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

キャメル 森の動物たちのマグ

型番:i2056/0326

販売価格 1,400円(税込1,540円)
SOLD OUT
入荷日案内を受け取る
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
※周囲の小物は含まれません。

サイズ
口径…8センチ
持ち手を含めた横…12センチ
高さ…6.5センチ
※8分目まで約200ml入ります。
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





キャメル 森の動物たちのマグ

鋳込いこみ」で製作したマグカップです。外側には、4種の森の動物たちと草花を描いています。動物たちも草花も、どれもちょっぴり変わった雰囲気。ちょっと不思議なデザインの植物模様を間に入れたことで、動物たちがただかわいいだけではなく、物語性を感じさせる仕上がりの器になりました♪
形は、ぽってりと丸く、上の方が少し狭くなっている特徴的な形に仕上げています。よしざわ窯のマグカップでは初めてのフォルムです。
色は「キャメル」。ツヤがあり、キャラメル色のような透明感のある落ち着いた雰囲気の色合いです。素地に白土を使用して製作しているので、他のキャメルの器と比較すると、やや明るめの発色です。
「飲みやすいし、持ちやすいよね!」と、よしざわ窯のメンバーでもひと盛り上がりしました♪比較的こぼれにくい形なので、子ども用のマグとしてもおすすめです。



焼き色や模様の出方は一客一客で異なります。真上から見ると、口径がちょっといびつなものもあります。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。



森の動物たちは、カップの周りに。ウサギ、フクロウ、バンビ、ハリネズミの4種類が1匹ずつ。1つのカップに、計4匹がデザインされています。



〈鋳込み製法について〉
デザイン部で作った石膏の型に、「でいしょう」と呼ばれる陶土を液状にしたものを流し込んで形をつくります。しばらくすると、泥しょうが固まるので型からはずします。
鋳込みの製法は、ろくろやたたら作りでは作ることが難しい形を作ることが出来ますし、器の外側に凹凸で表現した模様を入れることができます。*器の大きさ・形は一客一客で微妙に異なります。


*写真は「雲のお鉢」を作っているところです。



鋳込みは職人の技を要する製法です。当窯では、約20年のキャリアを持つ鋳込み職人のタカトクさんにも製作をお願いしています。
2017年から、自宅近くの廃校になった小学校の職員室だった場所を作業場にしているタカトクさん。写真は、作業をしながら、鋳込みの工程を私たちに教えてくださっている様子。話をする中で「焼き物が好きなんだよね〜」と一言。作業中も、にこやかな笑顔で楽しそうにされている姿が印象的です。日々、独自の実験を繰り返しながら、さまざまな形を器として製作するノウハウを磨いているのだそう。よしざわ窯の器づくりには、そんな焼き物が好きなタカトクさんの匠の技とアドバイスも詰まっています。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。





ハーブティーでのんびりと



よしざわ窯の作業場は、コーヒー、紅茶、緑茶にハーブティー…ごぼう茶やしいたけ茶なんて変わり種もあって、品揃えが良くて嬉しいと、みんなからも好評です。ありがたく、休憩時間のたびに違ったものを選んで楽しんでいます。
この日は、おやつのクッキーサンドに合わせてカモミールティーを淹れました♪「長くお湯につけておいても、苦味が出ない」と聞いて、ちょっと長めにつけておいてみたのですが…本当にその通り。「森の動物たちのマグ」は上部がきゅっと狭くなる形をしているので、カップに広がる香りをいつもよりもずっと楽しめた気がしました。

動物たちと読書の時間



読書の時間はいつもの席で、シルエットと動物たちが可愛いマグをおともにするのがお気に入りです。
最近読んだ本は、短編を読み進めるたびに人と人がつながり、広がってゆく世界にわくわくした一冊。はじめに出てくる喫茶店の店主さんが、心を込めて淹れてくれるココアがちょっと羨ましくて、この本を読み始めてからしばらくはココアが多めになりました。
この日は、ココアとコーヒーを混ぜてカフェモカに。クリームを浮かべたら、マグのキャメルの色との対比が良く、よりおいしそうな感じになって嬉しくなりました♪

2021年3月 カワハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、細かい鉄点や凹凸、小穴があります。釉薬のムラや溜まりが感じられ、気泡も見られます。鋳込み作りの特徴で、土のシワが見られるものもあります。



外側の様子もご確認ください。鉄点や小穴が見られ、釉薬のムラや流れが分かる部分もあります。持ち手の部分に釉溜まりが感じられるものや、継ぎ目の土のシワが分かるものもあります。底面には作業跡が感じられるものもあります。



重ねた時と、文庫本との比較写真です。重なるというより、のる という感じです。




当よしざわ窯の陶器は手作りのため、キレイに揃ったものをお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作していても、大きさ、形、色はすべて異なります。

買い足しをされる場合、お手元のものと新しくお買い求めになるものとは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

よしざわ窯のカテゴリ

用途や形から探す

こちらのカテゴリーからは、まだ一部の商品しか見られません。