商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

Forest Story 深皿

型番:t1691/0922

販売価格 1,400円(税込1,540円)
SOLD OUT
入荷日案内を受け取る
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
※周囲の小物は含まれません。

サイズ 
径…19.5〜20センチ
高さ…4センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





Forest Story 深皿

柔らかな作りの深いお皿に、森に住む動物たちと草花の模様を描いた「Forest Story 深皿」ができました♪
美しい森の風景を想像させる草花と5匹の動物たち、良く見ると小さな花びらや葉が舞っていて、絵本の中のワンシーンのようで、森の中の物語がはじまりそう…そんな一枚です。
色は、ツヤのない「ホワイト」で仕上げました。そばかすのような鉄点や小穴が全体に見られます。また焼き色や模様の出方は一客一客で異なります(写真下3枚目)ので予めご了承ください。
動物たちはウサギ・フクロウ・リス・ハリネズミ・バンビの5匹が描かれています。
この中の1匹だけにランダムであめ釉で色を付けました。どの動物に釉薬が付いているかは、一客一客で異なります。また、手作業でひとつひとつ塗っているので色ムラがあったり、釉が薄いものもあります。又、どの動物に色が付いているかは届いてからのお楽しみとなります。お任せ発送になりますのでご指定はできません。予めご了承ください。
パスタやカレーなど一人前のメイン皿としてはもちろん、数名で取り分ける盛り付け皿としても素敵です。テーブルの上で動物たちと賑やかなご飯の時間が楽しめそうです。
お手元に届きましたら模様もじっくりと見てみてください♪



周りに描かれているのは、ウサギ・フクロウ・リス・ハリネズミ・バンビの5匹の森の動物たちです♪
模様の出方は一客一客で異なり、くっきりと出ていないものもありますので予めご了承ください。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少、がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は、「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁の部分は焦げたように発色しているものもありますので予めご了承ください。





動物たちに囲まれて♪



盛り付けると、お料理が動物たちに囲まれているかのようで素敵です♪ とっても賑やかな一皿が楽しめるので、家族団らんの時の器としてはもちろん、ひとりご飯の時にもおすすめです。
ひとりの時のお昼ご飯に、マッシュルームと生ハムのクリームパスタを作った日に使ってみました。森の中でご飯を楽しんでいるような感覚でウキウキするランチタイムになりました♡
また、植物や動物の模様が描かれたお皿なので、野菜や果物ととっても相性が良い気がします。この日のマッシュルームともとってもマッチしていました♪
華やかさもあるので、パーティーやお祝い事の時にも重宝しそうです。動物たちと楽しいご飯のひとときを過ごせますように。

2020年9月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、大小の鉄点や細かい凹凸、小穴が見られます。中には青く発色している点が見られたり、ハサミ跡がくっきりと残っているものもあります。模様の出方は一客一客で異なり、模様がぼんやりとしているものもあります。また、5匹の動物のうちどれか1匹にあめ色の釉薬が付いていますが、釉薬が薄かったり、濃かったり、一客一客で異なりますので予めご了承ください。



表と裏では表情が異なりますので、裏の様子もご確認ください。鉄点や凹凸、小穴が見られます。釉薬の流れや溜まり、釉飛びが見られる部分もあります。中には底面の部分がグレーっぽくくすんでいるものもありますので予めご了承ください。



重ねた時と、文庫本との比較写真です。





メタルマークにご注意ください


*この写真は「Forest Story 深皿」ではありません。

ホワイトやグレー等の薄い色の器では、金属製のスプーン等を使用すると「メタルマーク」とよばれる跡がついてしまうことがあります。
これは、陶器よりも金属の方が弱く、摩擦で欠けてしまった金属の細かいかけらが陶器の隙間に入り込んで残ってしまうというものです。
洗っても落ちない傷がついてしまいますので、金属製のスプーンのご使用はお控えください。



当よしざわ窯の陶器は手作りのため、キレイに揃ったものをお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作していても、大きさ、形、色はすべて異なります。

買い足しをされる場合、お手元のものと新しくお買い求めになるものとは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

よしざわ窯のカテゴリ

用途や形から探す

こちらのカテゴリーからは、まだ一部の商品しか見られません。