商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

あめ色琥珀 森と動物の八角皿a

型番:t1611a/0827

販売価格 1,400円(税込1,540円)
SOLD OUT
入荷日案内を受け取る
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
※周囲の小物は含まれません。

サイズ  
外(縦×横)…19.5×19.5センチ
内(縦×横)…13×13センチ
高さ…2〜2.5センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





※今回の「あめ色琥珀 森と動物の八角皿」は釉薬が薄めです。予めご了承ください。

あめ色琥珀 森と動物の八角皿a

八角形のリムのあるお皿です。リムにはカクカクとした線の凹凸で上向き下向きの木が交互に規則正しく……のように見えて、上向きの木が続いているところも。遊び心のある「森」の木々の間には、ちょこんと動物たちが隠れています。
色は「あめ色琥珀」で仕上げました。天然の灰を調合した釉薬は、独特のきれいな光沢が特徴です。キラキラと美しい姿が、まるで琥珀の様で…深みのある、きれいな色です。
ハンバーグと付け合わせ、という感じの「1人分のおかず」にちょうど良い大きさです。縁が少しだけ上がっているので、ソース程度の汁気なら受け止めてくれます。パンやケーキのお皿として使うのも、きっとかわいいと思います♪



焼き色や模様の出方は一客一客で異なります。釉薬の濃淡やムラがみられ、気泡の跡が残っているものもあります。釉薬と素地の間にできたヒビ模様の「貫入」も全体にみられます。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。



森の中にちょこんと隠れている動物は、クマ・フクロウ・オオカミの3種類。
どの器にも、必ず3匹(3種類が1匹ずつ)隠れています♪



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁は焦げたように発色している部分もあります。





食材を引き立てる一皿に



「あめ色琥珀」は艶やかで華やかなカラーなので、盛り付けたものがなんだか豪華に見えてお気に入りです。また、森の絵柄が野菜や果物によくマッチするので、色々な料理と合わせたくなる楽しい一枚です。
この日は旬の秋鮭にきのこのあんかけをかけた一品を。素朴でシンプルな献立でしたが、器のおかげで見栄えが良く、とっても食欲をそそり、ご飯がすすむおかずになりました。
旬の食材をいろいろ合わせてぜひ楽しんでみてください♪

2020年9月 ナカハラ


大好きなカフェの焼き菓子を



※今回の「あめ色琥珀 森と動物の八角皿」は上の写真よりも釉薬が薄めの焼きあがりです。予めご了承ください。

あれは2017年のこと。母との買い物途中、よしざわ窯の作業場から徒歩5分ほどの建物の前に、お祝いのお花が並んでいるのを見つけました。益子に新しいお店ができた!と喜んでドアを開いたのが、開店初日のCafe Novelさんでした。実はその前、茨城県内のマルシェでランチをいただいたことがあり…あの時の!と分かって、更に嬉しかったことを覚えています。
先日のマルシェでお持ち帰りした「無花果と胡桃のブラウニー」は、しっとり濃厚でなめらかな生地と、香ばしい胡桃に無花果が味わい深いお菓子。「あめ色琥珀 森と動物の八角皿」にのせて、カットした無花果等と一緒にいただきました。秋色の森に住む動物たちと一緒に楽しむ木の実のお菓子……といった感じで、絵本のような世界観と、おいしさに大満足のおやつ時間でした。
→Cafe Novelさん FacebookInstagram

2019年9月 カワハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、鉄点や凹凸・小穴が見られます。土の凹凸に沿って釉薬のムラや溜まりがわかり、気泡の跡が残っているものもあります。釉薬と素地の間にできたヒビ模様の「貫入」は全体にみられます。また、釉薬が溜まっている部分が結晶のようになっているものもあります。焦げたような発色の部分や、作業跡が感じられる部分もあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。表面同様に鉄点や凹凸、小穴が見られます。釉薬の流れや溜まりがわかる部分や、貫入、気泡の跡が見られる部分もあります。また、釉薬が結晶のようになっている部分もあります。底面には作業跡の凹凸が感じられるものもあります。中には、器と器が擦れた跡が残っているものもありますが、お使いいただくうちに気にならない状態になっていきます。



重ねた時と、文庫本とのサイズ比較写真です。





当よしざわ窯の陶器は手作りのため、キレイに揃ったものをお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作していても、大きさ、形、色はすべて異なります。

買い足しをされる場合、お手元のものと新しくお買い求めになるものとは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

よしざわ窯のカテゴリ

用途や形から探す

こちらのカテゴリーからは、まだ一部の商品しか見られません。

組み合わせたらもっと楽しい!365コーデ