商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

青灰釉 猫の皿a

型番:t1566a/0824

販売価格 1,400円(税込1,540円)
SOLD OUT
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   

お知らせ

入荷日について
※周囲の小物は含まれません。

サイズ
外(縦×横)…24×15〜15.5センチ
内(縦×横)…18×9〜9.5センチ
高さ…1.5〜2センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





※今回の「青灰釉 猫の皿」は釉薬が薄めで、料理の写真よりも素地の色が感じられる焼き上がりです。予めご了承ください。

青灰釉 猫の皿a

八角形の額縁のようなダブルリムのお皿に「猫」のシルエットを描きました。シュッとしたスマートなスタイルに長いしっぽの優美な気品漂う猫と、縦長の器の上品な雰囲気が相まって、「大人な雰囲気のお皿」です♪
色は、当窯の「釉薬部長」ウマノ君が生み出した釉薬『青灰釉』を掛けました。天然の灰釉独特のきれいな光沢が特徴です。今回の仕上がりは釉薬が薄めで、釉薬のムラや濃淡が全体に感じられます。
リムが少しだけ上がっているので、ソース程度の汁気なら受け止めてくれます。副菜皿やデザート皿として活躍してくれると思います。



焼き色や模様の出方は一客一客で異なり、釉薬の気泡の跡や細かい凹凸が見られます。また、器と器が擦れた白い跡が見られますが、何度かお使いいただくうちに気にならなくなると思います。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。 手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁やリムのラインが焦げたような発色のものもあります。





クールビューティーに



どことなく気品に満ちたクールビューティーな猫のデザインに合わせて、かっこよく使いたい器。おやつにレアチーズケーキを用意した時に使ってみました。シンプルなレアチーズケーキとブルーベリーの色が器とよく合って、ちょっと上品な雰囲気に。お客様をお招きした時にも活躍してくれそうで気に入りました♪
猫が大好きな友人へプレゼントしてもいいかも☆きっと喜んでくれるだろうな♪

2019年4月 オオタケ


猫も大好きなお魚の日にも♪



わたしも猫を飼っているひとり。猫を飼いはじめてから、自然と魚の日が多くなりました・笑。もともと夫が魚好きなので、意識してお魚を買うようにはしていましたが、猫を飼ってから魚が大好きな2匹の為に…と思って、普段手に取らない魚や、魚のアラまでもチェックするようになりました(夫より猫に優しい私です)。この「猫の皿」、お魚とジャストサイズだと気づいたのはつい最近のこと。猫たちと共に楽しむ魚の日にとってもベストなコンビネーションなので、お魚の日は必ずこのお皿が登場します♪ 猫好きの方、猫を飼っている方、ぜひ「猫の皿」×「お魚料理」で使ってみてください。焼き魚以外にも、煮魚やお刺身の日にもたくさん使えると思います。

2019年10月 ナカハラ

※今回の「青灰釉 猫の皿」は釉薬が薄めで、上の2枚の写真よりも素地の色が感じられる焼き上がりです。予めご了承ください。





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、細かい鉄点や凹凸、小穴が見られます。釉薬の濃淡やムラが感じられ、釉薬の気泡の跡が残っているものや、釉薬が薄く素地の色が分かる部分もあります。中には、作業跡が残っているものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。小穴や凹凸が見られます。釉薬の流れや溜まりが感じられ、釉薬の薄い部分は素地の色が分かるものもあります。 釉薬と素地の間にできたヒビ模様の「貫入」が見られるものもあります。



重ねた時と、CDとの比較写真です。





当よしざわ窯の陶器は手作りのため、キレイに揃ったものをお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作していても、大きさ、形、色はすべて異なります。

買い足しをされる場合、お手元のものと新しくお買い求めになるものとは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category