商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
シトロン 耳付きスープボウル 小

販売価格 1,100円(税込1,210円)
型番 t3219/0109
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT

お知らせ

入荷日について


※周囲の小物は含まれません。

サイズ  
径…12センチ 
(*持ち手含めた長さ…13.5〜14センチ)
高さ…5.5〜6センチ
※8分目まで約200ml入ります。
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





シトロン 耳付きスープボウル 小

両サイドに小さな耳がついたスープボウルです。ぽてっとした姿がとてもかわいらしくて気に入っています♪
鮮やかなレモンイエローの「シトロン スープ皿」がかわいくて万能でスープにとっても合うので、この「耳付きスープボウル 小」も今回はじめて「シトロン」で仕上げてみました!焼き色は一客一客で異なり、濃い黄色のもの、白っぽいものがあります(写真下3枚目)。
一見小ぶりですが、たっぷりとした深さがあります。スープボウルとしてだけではなく、サラダやデザートのボウルとして、お子さま用の丼ぶりとしてもかわいいと思います♪



上から見ると正円ではなく、ちょっといびつな形をしているものもあります。また、「耳付きスープボウル」には耳に穴があるもの・ないものがあります。今回は穴のあるタイプ。耳にもひとつひとつに個性が見られます。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこの器も、やっぱりちょっといびつ。一客一客で大きさ・形が微妙に異なります。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁には細かい凹凸があり、ざらざらとした手触りの部分もあります。





シトロンで春を先取り♪



作業場でのランチの時、ポタージュにハーブオイルをたらして、余っていたセロリの葉を添えていただきました。
でも実は、セロリは生だとどうも香りが苦手で。。。スープ等で熱を加えたものはおいしく食べられるんです。それがちょっと悔しいこの頃なので、この日は生セロリ(の葉)チャレンジ!でもやっぱり香りが強い〜。パセリとミントで作ったハーブオイルよりも香りがしたので調べてみたら、茎より葉っぱの方が香りが強いのだそう。茎から出直そうと思います。
スープに似合うシトロンの器は、今までにも「バラのお鉢」「スープ皿」をご紹介しているのですが、改めて。シトロンの器はスープにとっても合うんです。この「シトロン 耳付きスープボウル 小」も、シチューやミルクスープといった白いものからトマトのスープ等の色鮮やかなもの、シンプルに具材の旨みと塩のみの透明なものまで、何でも似合います。特にこれからくる春の季節には、シトロンの器がおすすめです。一足早く春を先取りして、色々なスープとの色合わせを試して楽しんでみてください♪

2020年1月 カワハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、そばかすのような細かい鉄点や青い点、凹凸、小穴が見られるものがあります。釉薬の流れや溜まりが感じられる部分や、釉薬と素地の間にできたヒビ模様の「貫入」が見られるものもあります。釉薬の薄い部分では、素地の色が感じられるものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。鉄点や凹凸、小穴は表面同様に見られます。釉薬の流れや溜まりが見られ、釉薬が結晶化した白い斑点が見られるものもあります。また、耳の仕上がりには個体差が見られます。中には、底面に作業跡が感じられるものもあります。



重ねた時と、文庫本とのサイズ比較写真です。




メタルマークにご注意ください



上の写真は「シトロン 耳付きスープボウル 小」ではありませんが、ホワイトやグレー等の薄い色の器では、金属製のスプーン等を使用すると「メタルマーク」とよばれる跡がついてしまうことがあります。
これは、陶器よりも金属の方が弱く、摩擦で欠けてしまった金属の細かいかけらが陶器の隙間に入り込んで残ってしまうというものです。
洗っても落ちない傷がついてしまいますので、金属製のスプーンのご使用はお控えください。



当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category