商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
ホワイト ハバタクトリカップ

販売価格 800円(税込880円)
型番 i2032/0109
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT

お知らせ

入荷日について


※周囲の小物は含まれません。

サイズ 
口径…9センチ
高さ…6.5〜7センチ
※8分目まで約200ml入ります。
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがございます。





ホワイト ハバタクトリカップ

よしざわ窯の鳥たちの中でも、大人っぽさを感じる鳥シリーズ「ハバタクトリ」のカップです。側面に異なる4種の羽根の鳥が羽ばたいています。
前回はトルコブルーで製作しましたが、今回の色はツヤのない「ホワイト」で仕上げてみました。大人っぽさにかわいらしさも加わった可憐な雰囲気が気に入っています。ホワイトシリーズは、釉薬が結晶のようになっている部分があったり、細かいそばかすが所々に出ています。模様の出方や焼き色は一客一客で異なります(下写真3枚目)。手作りならではのちょっといびつな形のものもございます(下写真4枚目)。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。
飲み物をいただくのにはもちろん、デザートカップとしても!様々な使い方で幅広く活躍してくれるアイテムです。テーブルをパッと明るくしてくれる存在になると思います♪ 



4種の鳥の羽根をイメージしたデザインが施されています。
器の大きさ・形・模様の出方は一客一客で異なります。



〈鋳込み製法について〉
デザイン部で作った石膏の型に、「でいしょう」と呼ばれる陶土を液状にしたものを流し込んで形をつくります。しばらくすると、泥しょうが固まるので型からはずします。
鋳込みの製法は、ろくろやたたら作りでは作ることが難しい形を作ることが出来ますし、器の外側に凹凸で表現した模様を入れることができます。


*写真は「雲のお鉢」を作っているところです。



鋳込みは職人の技を要する製法です。当窯では、約20年のキャリアを持つ鋳込み職人のタカトクさんにも製作をお願いしています。
2017年からは、自宅近くの廃校になった小学校の職員室だった場所を作業場にしているタカトクさん。写真は、作業をしながら、鋳込みの工程を私たちに教えてくださっている様子。話をする中で「焼き物が好きなんだよね〜」と一言。作業中も、にこやかな笑顔で楽しそうにされている姿が印象的です。日々、独自の実験を繰り返しながら、さまざまな形を器として製作するノウハウを磨いているのだそう。よしざわ窯の器づくりには、そんな焼き物が好きなタカトクさんの匠の技とアドバイスも詰まっています。

*鋳込み製作していますが、器の大きさ・形は一客一客で微妙に異なります。また、ろくろ製作、型ろくろ製作の器に比べて、軽い仕上がりです。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。細かい凹凸があり、ザラッとした手触りのものもあります。





飲み物にもサラダにも幅広く使えます♪



側面に模様違いの4羽の鳥が一周しているデザインのフリーカップ。使い方によって大人っぽくもかわいらしくも印象を変え、本当に幅広い用途でお使いいただける、『使える器』だと思います。
寒い冬の季節には、心と体がホッと温まるココアがオススメ。ホワイトとこげ茶色の組み合わせがオトナかわいくてお気に入りです♪マシュマロを浮かべたら、まるで雪のよう…♡



ある時は、ランチのミニサラダを入れてサラダカップとして使いました。手に持って食べやすいし、意外と量も入るので大満足。ホワイトがどんな色のサラダとも相性がよく、キレイに魅せてくれるのも嬉しいところ♡
他にもデザートカップやおかず小鉢などとしてもよさそうです♪ 他の器とも合わせやすいカップなので、好きなお皿の上にのせてワンプレート的に使っても。いろいろな組み合わせを楽しんでみてください♪
「水色 ラウンドリムプレート 6寸ケーキ皿」「銅錆釉 八角皿 中」「白釉 西洋長方深皿 大」は「ホワイト ハバタクトリカップ」と一緒に使うプレートとしてピッタリです♪ それぞれののページで、組み合わせて使っていますので、そちらもぜひご覧ください♪

2020月1月 オオタケ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、そばかすのような細かい鉄点や凹凸、小穴が見られます。また、外側の模様にそって内側にすじのような凹みが見られます。釉薬の流れや溜まり、ムラが感じられるものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。鉄点や凹凸は表面同様に見られます。釉薬の流れや溜まりが感じられるものもあります。中には、底面に道具跡が見られるものもあります。



重ねた時と、文庫本との比較写真です。





メタルマークにご注意ください


*この写真は「ホワイト 森のスープマグ」ではありません。

ホワイトやグレー等の薄い色の器では、金属製のスプーン等を使用すると「メタルマーク」とよばれる跡がついてしまうことがあります。
これは、陶器よりも金属の方が弱く、摩擦で欠けてしまった金属の細かいかけらが陶器の隙間に入り込んで残ってしまうというものです。
洗っても落ちない傷がついてしまいますので、金属製のスプーンのご使用はお控えください。



当よしざわ窯の器は全て手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちでも、買い足しをされる場合、お手元の器と新しくお買い求めになる器とは、色・形・大きさが異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category