商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
あめ色琥珀 森のお鉢

販売価格 1,000円(税込1,100円)
型番 t3211/1121/0000
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
購入数
   


※周囲の小物は含まれません。

サイズ  
径…15.5センチ
高さ…3.5〜4センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





あめ色琥珀 森のお鉢

深さのある、使いやすい取り鉢をつくりたい!側面に模様を入れたお鉢が欲しい!という想いからできた「森のお鉢」です。入れた模様は、カクカク・ちくちくしていて、上向き、下向きがランダムに並んでいる森の木々。持ちやすさや全体の雰囲気をつくるため、縁は丸く「玉縁」に仕上げたことで、ほっこり感が増しました♪
色は「あめ色琥珀」。当窯の釉薬部長であるウマノ君が、「灰釉」を使って調合してくれた釉薬です。天然の灰釉独特のきれいな光沢が特徴で、キラキラと美しい姿がまるで琥珀の様。深みのあるきれいな色です。
銘々の取り鉢や、副菜のお鉢に。スープやデザートボウルとしてもぴったりだと思います。



焼き色や模様の出方は一客一客で異なり、釉薬と素地の間にできたヒビ模様の「貫入」が全体に見られます。釉薬の気泡や結晶化が見られるものや、釉薬の溜まり・ムラが感じられるものと個体差が見られます。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこの器も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。横から見ると、その様子がよく分かります。多少がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁には細かい凹凸があり、ザラッとした手触りの部分や、作業跡が見られるものもあります。





デザートの器に



寒い日でも、お天気の良い日の窓辺はぽかぽか。そこでお洗濯ものをたたんでいると……冷たいデザートが食べたくなってしまうもの。体を冷やすのはあんまり良いことではないと分かっていても!食べたいものは、食べたいのです。
そんな時に参考になるのが「薬膳」。身近にある体を温める効果のある食材、しょうが・クローブ・シナモンを、はちみつに漬けてシロップをつくります。それを、豆乳としょうがでつくったブラン・マンジェにかけていただきました。ちょこっとみかんのピールものせています。つるんとなめらかな舌触りに、味わいは体に良いおやつ感たっぷり!冷たいデザートなのに、のどや体がぽかぽかするので、風邪の時にも良さそうです♪
ちょっとピリリとシャープな刺激のあるしょうがを使ったスイーツの器には、チクチクとげとげの木がたくさん並んだ「森のお鉢」がぴったり。深さもあるので、シロップも安心してたっぷりかけることができました。プリンやアイス、グラノーラの器としても、使いやすいと思います。

2019年11月 カワハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、大小の鉄点や細かい凹凸、小穴があります。釉薬の濃淡や溜まり・ムラが感じられ、釉薬の気泡や結晶化が見られるもの、釉薬と素地の間にできたヒビ模様の「貫入」が見られるものもあります。また、模様の出方は一客一客で異なります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。表面同様に鉄点や凹凸、小穴が見られます。釉薬の流れや溜まり、貫入、気泡の跡が見られるものや、作業跡が残っているものもあります。



重ねた時と、文庫本とのサイズ比較写真です。





当よしざわ窯の器は全て手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちでも、買い足しをされる場合、お手元の器と新しくお買い求めになる器とは、色・形・大きさが異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category