四つ葉のランチプレート

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
四つ葉のランチプレート

販売価格 1,800円(税込1,980円)
型番 a1001/1017
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT

お知らせ

入荷日について


※周囲の小物は含まれません

サイズ   
縦×横…24×24センチ
高さ…2センチ  
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





※今回の「四つ葉のランチプレート」は、今までご紹介していた「たたらづくり」ではなく、「圧力鋳込みづくり」で製作しています。以前ご購入いただいたものとは異なりますので、予めご了承ください。

四つ葉のランチプレート

四つ葉をイメージした、4つの仕切りのあるランチプレートです♪
このお皿は今までたたら作りで製作してきましたが、今回は、当窯が新しく挑戦している『圧力鋳込み』という製法で作りました。『圧力鋳込み』とは、専用の石こう型の中にでいしょう(液状にした陶土)を流し込んで成型する製法です。「鋳込み」との違いは、泥しょうを流し込むときに機械を使って強い圧力をかけるというところ。そのため、たたら作りや通常の鋳込み製法では作ることが難しい形状の器を作ることもできるんです。そんな圧力鋳込み製法なら、これまで作りたかったけれど断念してきたデザインの器たちの製作も実現できるかも!と、何か月もの間、失敗を繰り返し模索しながら取り組んできました。たたら作りで製作するには難易度が高く失敗してしまうことが多かった「四つ葉のランチプレート」。メンバーもお気に入りの器だったので、また改めて「圧力鋳込み」の製法で登場させることができて嬉しい限りです。

全体的にツヤツヤ、つるつるとした質感で 色は少しグレーがかった感じの白。全体的に細かいそばかすのような鉄点も見られます。かわいらしい形がお子様用のプレートにピッタリですが、十分な大きさもあるのでおとなのランチプレートとしてもオススメです。「ランチプレート」という名前ですが、デザートプレートや副菜プレート…色々なシーンで楽しめると思います。
仕切りと少しの深さがあるので、ちょっとした汁気のあるものでも広がらなくて安心です。4つの仕切りを思い思いの方法で、そしていろいろな想像を膨らませながら使ってみてください♪




〈圧力鋳込み製法について〉

専用の石こう型に、機械を使って強い圧力をかけた泥しょうを流し込んで成形する製法で、たたら作りや通常の鋳込み製法では作ることが難しい形状の器も作ることができます。
ひとつの器を作るために、対になった2つの石こう型を使うので、器の表・裏の両面に模様を入れることができます。
ちょうどよく乾燥させた石こう型を積み上げ、小さな穴から、強い圧力をかけた泥しょうを流し込んでいきます。
1時間ほどで泥しょうが固まるので、型を開けると器の形が出来上がっています。



*圧力鋳込みで製作していますが、器の形・大きさは一客一客で微妙に異なります。また、ろくろ製作、型ろくろ製作の器に比べて、軽い仕上がりです。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。





大人のデザートプレートとして♡



四つ葉の形は“幸せ”を運んできてくれそうで毎日の食卓にたくさん使いたい一枚です。
子ども用としてはもちろん、大人も楽しめる大きさなので、親子で兼用しても、または家族分揃えるというのもおすすめです。子どもたちにお子様プレートを用意する時にもぴったりですし、大人が楽しむデザートプレートを盛り付ける時にも素敵かなと思います。この日は友人から採れたてのいちじくをたくさんもらったので、朝からせっせと鍋いっぱいのジャムを作りました。1つめのコーナーには、スコーンの横にいちじくのジャムを添えて、2つめのコーナーには砂糖をのせてトースターで焼いた焼きいちじくとハーブを、3つめのコーナーには雑貨店で購入した外国のクッキーを、最後の4つめのコーナーにはアイスコーヒーをのせました。名付けて「いちじくを楽しむ大人のデザートプレート」の出来上がり♪ 仕切りがあるので、カフェっぽい雰囲気にも見えるのも嬉しいところです♡ 4つのスペースに、どんな風に盛り付けようか、どの位置に置こうかな…と、いろいろ考えながら楽しめて、自然とバラエティーに富んだ使い方ができる器でとっても気に入っています。
たくさん人数が集まった時の取り分け皿として、子どもたちの誕生日パーティーの時の銘々皿として、副菜やデザートプレートを楽しむ大皿として色々な用途で活躍してくれると思います♪

2019年10月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、細かい鉄点や小穴が見られるものがあります。全体的に釉薬の流れやムラが分かる部分や、凹凸が感じられるものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。表面同様に細かい小穴や鉄点が見られます。釉薬の流れや溜まり、ムラが見られるものがあります。また底面には凹凸が感じられたり、ざらざらとしている部分もありますので予めご了承ください。



重ねた時と、文庫本との比較写真です。





当よしざわ窯の器は全て手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちでも、買い足しをされる場合、お手元の器と新しくお買い求めになる器とは、色・形・大きさが異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category