ケー56   枯緑 シロツメクサのスープボウル 卸

   
購入数
   


*一般のお客さま用のページを流用している為、ページ内の説明が一部一般のお客さま向けとなっております。ご了承ください。

※周囲の小物は含まれません

サイズ    
外径…16.5センチ
内径…12センチ
高さ…5センチ
*8分目までで約200ml入ります
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





枯緑 シロツメクサのスープボウル 卸

価格 1客 卸価格…924円 / 一般価格…1320円 (税込)

リムの部分にシロツメクサの花冠の模様を施したスープボウルです。シロツメクサがいっぱいの公園で、花を摘みながら見つけた!♡……そんなイメージで、花冠の模様の中に“四つ葉のクローバー”を入れました。器がお手元に届いたら、幸せの四つ葉のクローバーを探してみてください♪
色を「枯緑」の釉薬で仕上げたら、まるでシロツメクサがドライフラワーになったかのよう!緑の中に茶色を混ぜたような、茶色の中に緑を混ぜたような……ツヤのない、古ぼけた感じの雰囲気です。焼き色や模様の出方は一客一客で異なり、焦げ茶色、ココアのような茶色のものと、高温で焼成されて釉薬が良く溶け、全体が緑っぽくなったものがあります(写真下3枚目)。釉薬の流れや溜まり、施釉の跡も見られます。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。
深さがたっぷりあるので、ゴロゴロたっぷり野菜のスープなど、食べるスープにおすすめです。スープボウルとしてだけではなく、副菜やデザート用のお鉢としてもすてきだと思います。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこの器も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁には細かい凹凸があり、ざらざらとした手触りの部分もあります。





ごほうびのスープ時間に



シロツメクサの模様がかわいくて、でも大人っぽい色合いに仕上がった器なので、ちょっと普段とは違うスープにチャレンジしてみたくなりました。選んだのは、HORO Kitchenさんの著書「POTAGE」から、さつまいもとバナナのポタージュ。こっくりとしたさつまいもの甘みと食感に、バナナの香りと酸味。シナモンを効かせて、ビターチョコレートを溶かしていただくデザートスープです。「バニラアイスやナッツを添えるのもオススメ」とのことなので、バナナに合うかもと思い、ココナッツをのせてみました。
アンティークみたいな印象のある「枯緑 シロツメクサのスープボウル」でいただくと……使用したのはみんな食べたことのある食材なのに、なんだかちょっと特別な感じの味。初めましてのお店で、ほんの少し緊張しながら、背筋を伸ばしていただくみたいな気持ちになりました。普段のスープにももちろん使いやすい器ですが、ちょっと良いグラノーラとか、お取り寄せした贅沢なスープとか。自分のごほうび時間に使いたい1客です♪

2019年9月 カワハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、細かい鉄点や凹凸、小穴が見られます。模様の出方は一客一客で異なります。釉薬の流れや溜まりが感じられるものや、施釉の跡が見られるもの、釉薬が良く溶けて全体が緑っぽい発色になっているものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。鉄点や凹凸、小穴は表面同様に見られます。釉薬の流れや溜まり、ムラが見られるものもあります。



重ねた時と、文庫本とのサイズ比較写真です。





当よしざわ窯の器は全て手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちでも、買い足しをされる場合、お手元の器と新しくお買い求めになる器とは、色・形・大きさが異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category