青錆釉 線刻まる深鉢 大

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
青錆釉 線刻まる深鉢 大

販売価格 1,700円(税込1,836円)
型番 t3204/0730/0000
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
購入数
   


*周囲の小物は含まれません。

サイズ
外径…22.5〜23センチ
内径…19センチ
高さ…4.5〜5.5センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





青錆釉 線刻まる深鉢 大

リムの部分に線刻を施した、大きなお鉢です。
色は「青錆釉」で仕上げてみました。グレーがかった水色…という感じでしょうか…。言葉で表現するのがなんとも難しいのですが、ツヤを抑えて落ち着いた雰囲気のとても良い色合いです。どこか金属質な感じがとっても気に入っています♪焼き色には幅があり、グレーっぽさが強いもの、緑っぽく感じられるものなど、個性豊かな仕上がりです(写真下3枚目)。ツヤの有無や縁の模様の印象も一客一客で異なり、傾きや歪みがあるものもあります。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。
洋食にも和食にも幅広く活躍してくれるたっぷりサイズのお鉢です。サラダボウルや銘々の麺の器としてもピッタリだと思います♪



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお鉢も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少、がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁は釉薬が薄く素地の色が感じられる部分や、細かい凹凸があり、ざらっとした手触りの部分ももあります。





冷麺をいただく時に



夏に食べたい冷たい麺はと考えて真っ先に浮かんだのは、そのまま文字通り「冷麺」でした。
スイカ等の果物がのった盛岡冷麺、魚介スープの別府冷麺と地域によって種類がありますが、わたしは焼き肉を食べに行った時に必ず〆にいただく梅の冷麺が大好きなのです。モチモチで透明感のある麺と、酸味のあるスープに大葉をたっぷり入れたものが特においしい。途中でレモンやお酢を加えて楽しんでいます♪
よしざわ窯の器で冷麺を楽しむなら、形を考えるより先に、釉薬は「青錆釉」が良いなと思いました。金属質な風合いが感じられて個人的にもとても気に入っている青錆釉。色合いの幅が大きいので、器が焼き上がった後になって初めて見られる釉薬の表情を楽しむことができます。どんな器が手元に届くかワクワクしながら待つ、通販ならではの器購入の楽しさもとびきり強く感じられる釉薬だと思っています。
そんな青錆釉を初めてかけた「線刻まる深鉢 大」は、よしざわ窯の器の中でも大きめサイズ。その大きさと縁の重さから、素地が乾燥するまでの間に傾きやゆがみが出やすいので、製作が容易ではない1客なのです。つけ麺や和風パスタ、サラダボウルにも、ピッタリだと思います。豚の角煮等の煮込み料理に使うのも良さそうです。銘々に1客でも、テーブル中央にドン!と置くのもかっこいいと思います♪

2019年7月 カワハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、大小の鉄点や細かい凹凸、小穴が見られます。リムの模様の出方は一客一客で異なり、焦げたように発色している部分や、釉薬が溜まり模様がぼんやりしている部分も見られます。釉薬の流れや、釉薬が結晶化した白い斑点が見られるものもあります。中には、施釉の跡が釉ムラになって、素地の色が感じられる部分もあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。鉄点や凹凸、小穴は表面同様に見られます。釉薬の流れや溜まり、結晶化の白い斑点も見られます。底面に作業跡が感じられるものもあります。



重ねた時と、文庫本とのサイズ比較写真です。





当よしざわ窯の器は全て手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちでも、買い足しをされる場合、お手元の器と新しくお買い求めになる器とは、色・形・大きさが異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category