カー37   バナナの器 卸

   
SOLD OUT

お知らせ

入荷日について


*一般のお客さま用のページを流用している為、ページ内の説明が一部一般のお客さま向けとなっております。ご了承ください。

*周囲の小物は含まれません。

サイズ  
外(縦×横)…22×23.5センチ(最長部)
内(縦×横)…19×14センチ(最長部)
高さ…3.5〜4センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがございます。





バナナの器 卸

価格 1客 卸価格…756円 / 一般価格…1080円 (税込)

まさにバナナ!!な器ができました!♪ もう、バナナ以外の何でもありません・笑。 初めて完成した姿を見た時は、その「バナナさ」によしざわ窯メンバーみんなのテンションが上がりました!

この夏は、フルーツをモチーフにした器を作りたいな♪と思い、デザイン部と相談したのは4月の初め。「バナナの器」は当初、「形にするのはそんなに難しくないだろう」とみんな思っていました。…が、やってみると難しい…。単純に「バナナの形」を作っても、器としておもしろくない…。どうしたら、「バナナの器」を作れるか…、色々・色々考えて…。担当してくれたヤマグチさんが「バナナは多角形!」という視点を見つけてくれました!なので、よしざわ窯の「バナナの器」には滑らかな曲線部分とカクカクとした部分があります。苦しかったけど、みんなに愛してもらえそうな(少なくともよしざわ窯メンバーには)「バナナの器」ができました!ありがとう!ヤマグチさん!
色は、もちろんおいしそうなバナナ色。ツヤのない黄色です。焼き色は、一客一客で異なります。お任せ発送となりますので予めご了承ください。

一見盛りつけるものを選びそうな気もしますが、使ってみたら意外とどんなものにも合います。おやつやデザートの器としてはもちろん、サラダに使っても楽しいかも。この器があるだけで、食卓がいっきに楽しい雰囲気になりそうです♪



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこの器も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少、がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁は細かい凹凸があり、ざらざらとした手触りのものもあります。





バナナとチョコの最強タッグ!!



「バナナの器」をどんな時に使いたいかな〜って考えた時、色鮮やかなサラダもかわいいし、器でそのままアイスを固めて…なんていうのもやってみたいし…とイロイロ考えたけれど…。やっぱりまずは、自分が一番好きな形でバナナを美味しく食べたい時!って思ったんです。
私の個人的な好みですが、バナナを単体でいただくよりもチョコと合わせた食べ方が1番好き!(同じく!っていう方少なくないんじゃないかな?)…なので、バナナのチョコブラウニーを作ってバナナの器に並べてみたところ、見た目も味もやっぱり間違いなし・笑。 冷たく冷えた牛乳を添えたら、最高のバナナタイムの出来上がりです!箱的にも使える器なので、コレはいい!と思いました。家にお友達をお招きした時に出してもウケがいいかもしれません♪

2019年6月 オオタケ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、表面には細かい鉄点や小穴、凹凸があります。中には青点や釉薬や素地の間にできたヒビ模様の「貫入」が見られるものがあります。また、釉薬の流れ跡や溜まりがわかる部分もあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。表面同様に、鉄点や小穴・凹凸・貫入が見られます。釉薬の流れ跡や溜まりも見られます。中には、底面に作業跡が残っているものもあります。予めご了承ください。



重ねた時と、CDとの比較写真です。





当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ずご利用ガイドのページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category