商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

オリーブグリーン スープ皿a

型番:1334a/1019

販売価格 1,300円(税込1,430円)
SOLD OUT
入荷日案内を受け取る
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
※周囲の小物は含まれません。

サイズ
外径…21センチ
内径…15.5センチ
高さ…4センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがございます。





オリーブグリーン スープ皿a

ちょっとだけ広めのリムを付けたスープ皿です。
色は、ちょっとくすんだ「オリーブグリーン」。焼き色は一客一客で異なり、ツヤの感じられるものや、白っぽいもの・深緑っぽいものがあります(写真下3枚目)。そばかすのような細かい鉄点や小穴も全体に見られます。 お任せ発送となりますので、予めご了承ください。
内側が緩やかなカーブになっているので、スープもスプーンですくいやすいと思います。とっても万能な形とサイズで、スープだけではなくパスタ皿、カレー皿、サラダ皿、副菜皿…一客持っておくとかなり重宝するので、おすすめです。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこの器も、やっぱりちょっといびつで、一客一客で大きさ・形が微妙に異なります。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁は焦げたように発色しているものもあります。





ちょっとだけおめかしなスープに



「スープ皿」は、私の大好きな器のひとつ。汁気のあるおかずやサラダに使ったり、個別にはカレーライスやワンプレートに使ったり、我が家では本当に休む暇なしの働き者です。そんな風に日常的に使っているおなじみのお皿なのに、スープに使うと、途端にちょっと「おめかし顔」に変わる気がするから不思議なんです。
クリームスープで煮たいつものロールキャベツも「オリーブグリーン スープ皿」によそったら、優しいグリーンの色味に合わせたスープの白がとても上品に見えました。
しゃんと背筋をのばして、ナイフとフォークでいただきました。

2018年9月 オオタケ


休む暇なしの働き者



上の写真で、オオタケさんがこの器のことを「休む暇なしの働き者」と書いていますが、我が家でも同じく!本当に働いてくれている器なんです。スープ皿としてはもちろん、焼きそば、カレー、パスタ、サラダ…本当にどんなものでも似合ってしまうから大助かりっ。その中でも特にカレーの日には必ずと言っていいほど登場。「オリーブグリーン」の色合いとカレーがまた素敵にマッチして、雰囲気良く盛り付けられるんです。
先日は有名なお店のインスタグラムでこの器を発見!シンプルなパンが3つのっていて…なんだかそれだけで可愛くて、心の中で「さすが!オリーブグリーン スープ皿♪」と密かに讃えてしまいました・笑。
どんな使い方でも素敵な雰囲気にしてくれる器、ちょっと魔法のようにも聞こえますが、試してみてください♡

2019年8月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、細かい鉄点や青い点、凹凸、小穴が見られます。施釉の跡が残っているものや、釉薬が結晶化して白い斑点状になっているものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。鉄点や凹凸、小穴は表面同様に見られます。釉飛びや釉の縮れが見られ、素地の色が感じられる部分もあります。



重ねた時と、文庫本との比較写真です。




当よしざわ窯の陶器は手作りのため、キレイに揃ったものをお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作していても、大きさ、形、色はすべて異なります。

買い足しをされる場合、お手元のものと新しくお買い求めになるものとは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category