商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

OVEN あめ色 たまねぎ鉢 小

型番:t3123/1115

販売価格 1,000円(税込1,100円)
SOLD OUT
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   

お知らせ

入荷日について
※周囲の小物は含まれません

サイズ  
縦×横…11.5×13.5センチ 
(*最長部…14.5センチ)
高さ…4センチ

   



オーブンの器 あめ色 たまねぎ鉢 小 / 秋冬限定製作

オーブンにも使える耐火土を使って製作した器です。形は「たまねぎ」をモチーフにデザインしました。内側には「たまねぎ」の断面をイメージしたパターン模様が施してあります♪通称(?、っていうかそのまま)「小さいあめ色たまねぎ」です♪
釉薬は益子の伝統的な「あめ釉」を使用しました。色は温かみのある、ツヤのある茶色です。 パターン模様の出方は一客一客で異なります(写真下3枚目)。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。
オーブン料理にはもちろん、小鉢や副菜鉢としてもお使いいただけると思います。

★「オーブンの器」は、耐火土を使用しています。耐火土は保湿性・保水性が高いため、カビが生えやすいという性質があります。ご使用後は、裏側を上にして(釉薬がかかっていない部分から水分が良く抜けるので)2〜3日良く乾燥させてください。



「オーブンの器 あめ色たまねぎ鉢」は大と小の2サイズ展開です。すっぽりとはいきませんが一回り違いで重ねられる大きさです。サイズ違いで親子で使用してもいいかもしれません♪ 
「オーブンの器 あめ色 たまねぎ鉢 大」



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこの器も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少、がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁は焦げたような茶色に発色しているものもあります。
また、この器に使用している耐火土は土が粗く、器の表面や縁に土の粒の凹凸が見られ、ざらざらとした手触りのものがあります。手や口が触れる部分にも同様に見られますので、取り扱いの際はご注意ください。





寒い日はオニオングラタンスープを



オーブンに入れられる器、そしてたまねぎ柄。そうきたら、たまねぎたっぷりの「オニオングラタンスープ」を食べたくなります。チーズの上にハーブやハーブの入りのお塩をプラスしてオーブンへ入れれば香りも良くて、アクセントにもなるのでおすすめです。「オーブンの器 あめ色 たまねぎ鉢・大」とサイズ違いで親子で使ってもかわいいかもしれません。寒い日はお家でぬくぬくグラタンスープを食べたいものですね。

*受け皿として使用したのは「チャコール ゆるしかくプレート大」「チャコールゆるしかくプレート小」です。たまねぎ鉢とプレートの間に一枚布を挟むのがおすすめです。これでおしゃれな冬の定番組み合わせが出来上がり★

2016年10月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、表面に細かい鉄点や小穴、凹凸が見られます。色は均一ではなく、釉薬の溜まりが感じられる部分や、焦げた様に発色している部分、釉薬と素地の間にできたヒビ模様の「貫入」が見られるものもあります。また、模様の出方は一客一客で異なります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。鉄点や小穴、凹凸、貫入が表面同様に見られます。釉薬の流れや濃淡、溜まりが分かる部分や、素地の色が感じられる部分、焦げたように発色している部分もあります。



重ねた時と、CDケースとの比較写真です。





当よしざわ窯の器は全て手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちでも、買い足しをされる場合、お手元の器と新しくお買い求めになる器とは、色・形・大きさが異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category