商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

白い正方隅切洋皿

型番:t1260/0925

販売価格 1,000円(税込1,100円)
SOLD OUT
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   

お知らせ

入荷日について
※周辺の小物は含まれません

サイズ
外(縦×横)… 15.5×15.5センチ
内(縦×横)…12×12センチ
高さ…1.5センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





白い正方隅切洋皿

「焼き菓子を食べる時に使いたくなるお皿」が欲しい!と思い製作しました。細いリムの部分に凹凸でドットの模様を施した西洋風の仕上がりです。
色はツヤのある白で仕上げました。小穴や細かい鉄点、釉ムラが感じられます。また、リムの模様の出方は一客一客で異なります(写真下3枚目)。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。
深さはないのですがソース程度の汁気なら受け止めてくれます。シンプルでありながら主張もあるので、何をのせても見栄えがしそうです♪



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。横から見ると反りが感じられるものや、多少のがたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁は釉薬が薄く、素地の色が感じられるものや、細かい凹凸があり、ザラッとした手触りのものもあります。





ブラウニーをいただくときに



「焼き菓子を食べる時に使いたくなるお皿」として製作したこの器にはやっぱり焼き菓子がよくお似合い♪
底面が平らなので、付け合わせを盛り付けるだけでなく、フォークを添えたり、小さなカップを置いたり…と色々楽めるので気に入っています。この日はブラウニーと、作った時に余ったナッツ、それから最近お気に入りのフォークを添えて。

2018年9月 ナカハラ


やっぱりお菓子との組み合わせが最高♡



私的に、このお皿はやっぱりお菓子をのせて使うのが定番であり、おすすめです。
この日は料理家・なかしましほさんの「まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本」のレシピでシフォンケーキを焼きました♪ いつか行ってみたい…国立にあるお店「foodmood」。そのお店の定番メニューになっている「シフォンサンド」を真似して、カットして生クリームとあんこを挟みました。「キャメル 洋まる平皿」に並べて、取り分け皿には「白い正方隅切洋皿」を用意。ワンカット分がちょうど良くのり、サイズ感がぴったり♪お店で食べるシフォンサンドはもっと、もっと美味しいんだろうなぁと想像しながらも、真似て作ったシフォンサンドもまずまずの出来栄えでお腹も心も満ちたりました。
シンプルだけど、個性的な形とドットの縁取りがおしゃれな雰囲気を持つ小皿なので、のせたお菓子を一段と引き立ててくれる気がします。ぜひお気に入りのお菓子や、手作り菓子をのせて楽しんでみてください。

2020年9月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、大小の鉄点や細かい凹凸、小穴が見られます。また、リムの模様の出方は一客一客で異なります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。鉄点や凹凸、小穴は表面同様に見られます。釉薬の流れや溜まり、釉ムラが分かる部分もあります。底面の焼き色が強く、グレーがかった色合いのものもあります。



重ねた時と、CDケースとの比較写真です。





当よしざわ窯の陶器は手作りのため、キレイに揃ったものをお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作していても、大きさ、形、色はすべて異なります。

買い足しをされる場合、お手元のものと新しくお買い求めになるものとは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category