商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

白い線刻リム小皿

型番:t1205/0706

販売価格 700円(税込770円)
SOLD OUT
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   

お知らせ

入荷日について
*周囲の小物は含まれません。

サイズ
外径…13.5センチ
内径…8センチ
高さ…1.5〜2センチ
手づくりの為、個体差があり、縦横・高さ共に5ミリ〜1センチ程度の誤差が生じることがあります。





白い線刻リム小皿

リムの部分に凹凸で線刻模様を施した小皿です。
色は、少しグレーがかった感じの白。ツヤツヤ、つるつるとした質感です。横から見ると、手作りならではのちょっといびつな感じのものもあります。鉄点や釉薬の流れ・ムラが見られ、表情豊かです。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。
シンプルな器なので、おやつ皿や銘々の取り皿として。家族みんなの人数分、あると便利な小皿です♪



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少、がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。

また、釉薬をかける時には釉掛けハサミを使用しています(写真下左)。写真は「ブルーグレー」と「ホワイト」の器にみられる「はさみ跡」の様子ですが、同じように器の表面中央付近の一部がポツンと濃くなっていたり、色が薄くなっていたりします(写真下右)。予めご了承ください。





食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁に小穴や鉄点が見られるものもあります。





おやつ皿としてもピッタリ



先日、タイミング良く念願の「atelier tatin」のチーズケーキを購入することができました!噂に違わぬ、クリーミーなチーズケーキで忘れられないお味でした。こんな極上のおやつをいただくときにも、ピッタリなお皿なんです。

2015年10月 ヨシザワリエ


汁気のあるデザートにも♪



パンプキンプリンをいただくときに使ってみました♪
リムが少し立ち上がっていて、多少深さもあるので汁気のある料理にも安心して使えます。
デザート皿としてだけではなく、おかずの取り皿としても素敵です。

2018年8月 ナカハラ


和菓子にも♪



お菓子皿として優秀な「線刻リム小皿」。私は和菓子にもよく使っています。
特に、和菓子の中でも群を抜いて大好きなおはぎをいただく時。
サイズもちょうどよく、器の線刻模様がいいアクセントになって、シンプルなビジュアルのおはぎとよく合うんです♪これからおはぎをいただく機会も増える時季、たくさん活躍してくれると思います。
おっと…!正確にはその季節に咲く草花が名前の由来となっているので、
春のお彼岸は「ぼたもち(牡丹餠)」、秋のお彼岸は「おはぎ(お萩)」だったってこと、うっかりしてました。春のぼたもち皿、秋のおはぎ皿として、オススメしたい器です♪
そして、もうひとつオススメしたいのが、『あんこ×コーヒー』の組み合わせ。あんこと言えばお茶が定番ですが、私は断然コーヒー派。お口いっぱいに広がるあんこの優しい甘さの後にいただく、深くて苦いブラックコーヒーがもうたまらなく合うんです!お茶派の方も、ぜひお試しください♪
*コーヒーカップに使用しているのは「青錆釉 線刻まるカップ」です。線刻シリーズで組み合わせる使い方がお気に入りです♪

2019年2月 オオタケ


天ぷらをいただく時に



天ぷらにつけるのは専ら天つゆ派だったのですが、最近では塩でも楽しむようになりました。この日は、作業場にある塩3種類(ヒマラヤの岩塩、ゲランドの塩、抹茶を混ぜて作った抹茶塩)で食べ比べ。銘々に「白い線刻リム小皿」に好きな塩をのせて楽しみました。わたしはサツマイモの天ぷらに抹茶比多めの抹茶塩が好きでした♪
お盆の時期は夏野菜がおいしいので、天ぷらはおもてなしにもピッタリ。女性でも片手で楽に持てるサイズの取り皿は、来客時にもとっても重宝します。和にも合う小皿なので、ご高齢の方への贈り物にも良いかもしれません。
天ぷらを盛り付けた器は「チャコール 線刻楕円大皿」です。

2019年8月 カワハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、細かい鉄点や青い点、凹凸、小穴が見られます。釉薬のムラや、施釉の跡が感じられるものもあります。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。表面同様に鉄点や凸凹、小穴が見られます。釉飛びや釉薬の流れ・溜まりが見られるものもあります。



重ねた時と、文庫本とのサイズ比較写真です。





当よしざわ窯の陶器は手作りのため、キレイに揃ったものをお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作していても、大きさ、形、色はすべて異なります。

買い足しをされる場合、お手元のものと新しくお買い求めになるものとは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category