グレー 耳付きスープボウル 大

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
グレー 耳付きスープボウル 大

販売価格 1,300円(税込1,404円)
型番 t3091/1225
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT


サイズ  
径…14センチ
(*持ち手までの長さ…17センチ)
高さ…7センチ  
※8分目まで約400ml入ります。



※周囲の小物は含まれません。





グレー 耳付きスープボウル 大 / 冬季限定製作

両サイドに耳が付いた大きめのスープボウルです。
色はツヤのないグレーですが、中には部分的にツヤを感じるものもあります。全体的にそばかすのような細かい鉄点が出ていたり、釉薬の流れが分かる部分もあります。釉薬が薄い部分は素地の色が感じられるものもあります。また上から見るといびつな作りのものもあります(写真下3枚目)。お任せ発送となりますので予めご了承ください。
スープボウルとしては大きめで、小丼といった感じの大きさです。
「グレー」のスープボウルは冬限定製作です。年間通して使えますが、特に…この時期食べたくなる…シチューやクラムチャウダーなどの白系スープやお餅など白い料理との相性が抜群です。ぜひお試しください。



「グレー 耳付きスープボウル」は大と小のサイズ展開です。すっぽりとはいきませんが大に小がちょうど入る大きさです。→「耳付きスープボウル 小」
親子でサイズ違いで使ってもかわいいですし、用途によって使い分けても良いかもしれません♪



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこの器も、やっぱりちょっといびつで、一客一客で大きさ・形が微妙に異なります。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少、がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁は焦げたように発色しているものもあります。また、中には釉薬が薄く素地の色が分かるものもあります。





2日目のけんちん汁にはうどんを



けんちん汁は子供たちも大好きで、野菜がたくさん食べられるので我が家の定番メニューです。けんちん汁を作った次の日は、けんちんうどんがお約束。このスープボウルは、半人前のうどんを入れるのにちょうど良いくらいの大きさなので、晩御飯に「汁もの」として用意する、ミニけんちんうどんの器として重宝しそうです。隣に置いたのは、ウチで常備しているビッグサイズの唐辛子。けんちん汁をいただくときには欠かせないアイテムなんです♪

2014年 ヨシザワリエ


お雑煮に飽きたら…♪



冬といえば、お雑煮!でもちょっと変わり種のお雑煮が食べたいな…と思ったときに韓国のお雑煮「トックスープ」のことを知りました。「トック」=「お餅」のことで、スライスした小さなお餅がたくさん入ったスープのこと。味付けは鶏ガラで、具材はお餅、卵、ネギ、お肉、ごま油など。あれ?いつも我が家で焼き肉の日に作るスープに似ていて簡単そう!!と思って作ってみてからハマっています。
「グレー スープボウル 大」は白いお餅との相性がいい上に、たっぷりサイズ。
お餅(普通の切り餅を使いました)を2個入れても、スープも十分入って頼もしいボウルなんです。
お正月に食べるお雑煮やお汁粉にも…それから小丼ぶりや、小さめのうどんを用意する時にも活躍します。
*一緒に使った器は「チャコール マーガレット深小皿」です。

2018年12月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、表面全体にそばかすのような白い点が出ていたり、細かい鉄点が見られたり、小穴や凹凸が見られます。また、釉薬のムラや流れが見られるものもあります。耳の部分は釉薬が薄く、素地の色が感じられるものや、焦げたように発色しているものもあります。



さかさまにするとこんな感じです。釉薬の流れが分かる部分、細かい凹凸、小穴も見られます。



重ねた時とCDとの比較写真。





当よしざわ窯の器は全て手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちでも、買い足しをされる場合、お手元の器と新しくお買い求めになる器とは、色・形・大きさが異なるとお考えください。

ご注文の前には必ず「ご利用ガイド」のページをご覧ください。


トップへ戻る
pagetop

Category