佐藤敬さんの器たち

よしざわ窯メンバーが大好きな♪ 

佐藤敬さんの器たち

佐藤さんに出会って10年くらいになりますが、とにかくモノづくりが好きなひとだなぁって思ってます。 仕事道具はもちろん、ストーブも窯も小屋も、時間さえあればきっと「家」だってつくってしまうんだろうなと。器づくりがもちろん本業ですが、佐藤さんにとっては大好きなものづくりのひとつなんじゃないかなぁって、それくらい器をつくることが自然です。

そんな佐藤さんに「ご飯茶わん」と「どんぶり」と「マグカップ」をつくってもらいました。




ろくろをつかって作品をつくりつづけている佐藤さん。もはや「職人的」なろくろづかいです。ひとつひとつの動きにムダがなく、ろくろと粘土と佐藤さんが一体化した機械のようにさえ見えてきます。こんな機械があったら便利だ。





使用しているろくろは電動式ではなく「蹴ろくろ」と呼ばれる「足で蹴ってろくろ台を回転させる」ものです。もちろんですが、むずかしい・・・何年もその前にすわって回しつづけたひとだけがつかえるようになる道具です。





ろくろでつくられたものは、作者の考えとかアイデアとか個性とかが手跡となって残り、そのひとにしかつくれない形になります。



製作中の作品がところ狭しと並んでいました。


*今回入荷の佐藤さんの器は 「黄粉引めしわん 小」、「黄粉引めしわん 大」、「黄粉引スープマグ」、「黄粉引丼」です。


  • « Prev
  • Next »

5商品中 1-5商品

トップへ戻る
pagetop

Category