チャコール ちょっと素敵なパウンドケーキ皿

商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4
チャコール ちょっと素敵なパウンドケーキ皿

販売価格 2,600円(税込2,808円)
型番 t1099/1116
*電子レンジ・オーブン・食洗機のご使用について、お取り扱い方法につきましてはこちらをご覧ください       

ギフトラッピングについて

   
SOLD OUT


サイズ
外(縦×横)…22.5×30〜31.5センチ
内(縦×横)…18〜18.5×26.5〜27センチ
高さ…2センチ



※周囲の小物は含まれません。





「ちょっと素敵なパウンドケーキ皿」。

どうしてこのお皿を作ったのか、どんな風に作られたのかを
まず最初にちょっとだけご説明させていただきたいと思います。
お付き合いいただけましたら幸いです。

ある日、私(オオタケ)が美容室で、とある雑誌の一ページを見たのがきっかけでした。
残念ながら、雑誌名も、 どんな内容の雑誌だったのかさえも覚えていないのですが、
焼菓子のレシピとして載っていたページの、フルーツがたくさんのったパウンドケーキ。
ケーキ自体も、そのケーキがのった器も、写真の雰囲気も、
すべてがとっても素敵で感動し、強く印象に残りました。

私も時々ですがお菓子を作るので、パウンドケーキをのせるのにちょうどよくて、雰囲気のある素敵な器があるといいなぁと思い、後日、その話を編集メンバーの間で話題にしたところ、実際にそれを製作できたら素敵じゃない?! という事になりました♪



まずは、大きさ・形を決めました。
私が昔から愛用しているパウンドケーキ型が大きめサイズ(長さ21cm×幅11.5cm×高さ7.5cm)だったことと、できればパウンドケーキだけじゃなくロールケーキにも使える器になるように… と思い、この大きめのパウンドケーキ型を基準にすることに。

そして、今ある楕円皿を参考にいろいろ集めてみました。一口に楕円と言っても、形はイロイロあって…、



パウンドケーキに合う楕円とは?
リムのサイズはどんな感じがオシャレに見える?
ケーキの周りに余白はどのくらいあけるのがちょうどいい?
と、相談と確認を重ね、なんとか、設計図が完成しました♪



出来上がった設計図を作業場へ持っていき、まずは、器を作るための石膏型をナリヨシさんに作ってもらいました。



石膏型ができたら、いよいよ本製作です。型の上に、粘土を板状にスライスした「たたら」をのせ、成形していきます。
この大きさの器ですと、均一な力加減やキレイに模様を出すことが難しいのですが、タナベさんが、一枚一枚絶妙な力加減で力強く押し当て、丁寧に成形してくれます。



このお皿の一番のこだわりポイントである、縁の点々やリムのラインのクッキリ感! 十分気をつけて作ってくれているので、このとおりキレイに出ています!

この後、乾燥→素焼き→本焼きと進み…

「ちょっと素敵なパウンドケーキ皿」が、完成しました!

…と、サッと書いてしまいましたが、このお皿を作ろう!と思ったのが、2013年の年末。あれこれ、アレコレ試行錯誤の上、半年以上かかってやっとの完成です。(2014年6月)

それではいつも通り、まず、器の色・形から記載していきたいと思います。



チャコール ちょっと素敵なパウンドケーキ皿

色はチャコールグレー…薄い黒…そんな感じの、一言では表せない深い色です。一客一客で焼き色は異なり、深緑っぽいもの、グレーっぽいもの…くすみ感があるものもあります(写真下3枚目)。 大小の鉄点や小穴が表裏共に見られます。中には、横から見るとリムの高さが一部下がっているものもあります。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。
パウンドケーキをまるまるひとつのせられる、平らで大きめなお皿です。おもてなしのオードブル皿として、普段使いのプレートとしてもおすすめです。



当窯の器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこの「パウンドケーキのお皿」も、やっぱりちょっといびつ。手作り感漂うのは、そのためだと思います。多少がたつきが見られるものもあります。



「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。



食事のときにも、後片付けのときにも、「縁をぶつけないように…」と緊張せずに使っていただけるような縁に仕上げています。縁は焦げた様に発色している部分や、細かい凹凸があり、ザラッとした手触りの感じられるものもあります。また、リムのドット模様の出方は一客一客で異なります。





パウンドケーキをのせてみると…



切り分けた後の写真で恐縮ですが…
今回私が作ったケーキは、『ウィークエンドシトロン』と言われる、レモンケーキです。
「週末を過ごす大切な人と食べるケーキ」という意味が込められたケーキなので、 この日は金曜日でしたし、特別なお皿にのせるのにもぴったりなんじゃないかなと思いました。 上からかけたレモンアイシングはいつもよりたっぷりめにして、上にはピスタチオやドライフルーツを飾り、器に合わせて特別感を意識してみました。 切った断面がキレイな黄色なのも、ポイントです。

2014年6月 オオタケ


クリスマスにはシュトーレンともお似合い*



クリスマス時期になるとおしゃれなシュトーレンがたくさん♪
今年は大好きなパン屋、黒磯の「カネルブレッド」さんのシュトーレンを購入できたのでメンバーみんなでいただきました。
フルーツやナッツがぎっしり詰まっていてとっても美味しく、あとひくお味でした。
粉砂糖を纏った白いシュトーレンと「チャコール ちょっと素敵なパウンドケーキ皿」はとってもお似合い。
またはクリスマスの定番、オードブルの盛り付け皿としても活躍してくれそうです。

2017年12月 ナカハラ

餃子の時に大活躍!



我が家で、餃子をたくさん作るときに必ず使うのはこの器。平らな面積が広いので、包んだ餃子を一つずつ並べておくのにとても便利。焼いた後も、この器にお行儀よく整列させれば、見栄えもgood!! のせるだけで、餃子がおしゃれフードに見えて不思議です。だいたい20個ぐらいはのるので、2〜3人くらいで楽しむ時にぴったりです。ぜひ使ってみてください。

2018年11月 ナカハラ





細かい部分もご確認ください

手作りの陶器には、大小の鉄点や細かい凹凸、小穴が見られます。釉薬の溜まっている部分では、ピンホール(小さな穴)が多く見られるものがあります。模様の出方や縁の仕上がりは一客一客で異なり、焦げたように発色しているものや、模様が薄いものもあります。お任せ発送となりますので、予めご了承ください。



表と裏では表情が異なりますので、裏側の様子もご確認ください。小穴が多く見られる部分や、釉薬の流れや溜まりが感じられる部分もあります。底面には、釉飛びや作業跡が見られるものもあります。



重ねた時と、CDケースとの比較写真です。





当よしざわ窯の品は手作りのため、キレイに揃った器をお好みの方にはお勧めできません。同じものとして製作している器でも、大きさ、形、色はすべて異なります。

同じ器をお持ちで、買い足しされる場合、お手元の品と新しくお買い求めになる品とは、色・形・大きさは異なるとお考えください。

ご注文の前には必ずご利用ガイドのページをご覧ください。




余談ですが・・・ 我が家では違った使い方もしてみました♪



朝ごはんプレートです。 大きい大きいと思っていたけれど、実際使ってみるとそう大きすぎることはなく、しかも大きさの割には軽いので、1人用にも使いやすかったです。 平らなので、スープのマグを一緒にのせるのにも適していました。



ガパオと生春巻きのワンプレートにも使ってみました。
洋皿の雰囲気に、アジアン料理はどうかな・・・と試してみたのですが、 違和感なく、合っているように思いました!
お皿だけ見るとシックなイメージでしたが、こういった元気なカラーとの組み合わせも、 すごくキレイに見える気がしました。



トップへ戻る
pagetop

Category